街中でたまに遭遇する、高確率でスマホゲームに熱中しているのかなと思える人の動きは笑えます。

Pocket

街中でたまに遭遇する、高確率でスマホゲームに熱中しているのかなと思える人の動きは笑えます。つい先日も、そういった男性を目撃しました。スマホを両手でつかみ、終始画面を凝視しており、お酒を飲みすぎたかのように、頭部がのらりくらりと右方向に傾いたかと思えば、左に振れたり、クラクラしてました。おそらく、レースゲームや、フライトシミュレーターなど、乗り物を操作するジャンルのゲームだったはずです。コースを曲がる直前で、熱中のあまり、頭が傾いてしまうのでしょうけれど、後方から、スマホゲームに夢中になっている人を見てると非常にバカっぽくて笑えます。


ゲームの世界の進化は目ざましいものがあり、グラフィックに予算を掛けたリアル路線がもてはやされる一方、そのトレンドに逆光するかたちで、単純明快さに特化したゲームも多くのファン層を獲得しています。ご存知のとおり、現代人はストレス過多なまいにちに生きる気力を削がれているので、ゲーム中までも複雑すぎる操作方法や、ゲームシステムを理解するのが煩わしいと感じる人も多く、パズル、選択問題などのクイズ系、間違い探しといったような、すぐに仕組みを理解できるゲームが人気となっているのです。すぐ理解可能なゲームシステムであるのですが、その代わりにイラストが充実していたり、癒やしを感じられる世界観を盛り込んでおくとユーザーも増えやすく、ヒット作になりやすいです。

私はゲーム好きですが、ロールプレイング系がメインです。The Sims(シムズ)に、ここ最近ハマっていて、自分の人生では決して味わえないような状況を擬似的に体験していけるので、価格以上に楽しめます。現実にやってはいけない、犯罪を実行したり、無作為に火災を起こしてみたり、たくさん出産してみたり、現実世界で間違いなく逮捕されたり、社会的責任が伴うレベルの事柄を色々と実行していくのは、ストレス解消の意味でも効果的で、日常生活も楽しくなります。ディットも充実していて、あえて自分のルックスを美人にしてみたり、不美人なパーツにも替えられます。ストレス解消方法を探しているのであれば、自由に動けるロールプレイングゲームが個人的にはオススメです。

育成系のゲームをしていると、思ったことを色々と実験してみたいという衝動に駆られます。通常の育成ゲームは、対象者(家族やペットなど)をケアしつづけないとダメなのですが、食料を与えなかったり、構ってあげないと、その直後にコンディションが悪化していき、然るべきケアをするように注意されます。さらに、そこから無視しているとゲームオーバーとなることも少なくありません。しかし、「何もケアしなくなったら、どんな展開になるのか?」と気になったので、わざと放置して、1週間程度、経過してからゲームを再起動してみると、驚いたことに全データが初期値に戻っており、健康な状態から再スタートになりました。さすがゲームの世界、といった感じです。現実の育成に比べると、単純な世界ですが、これはこれで面白いなと思いました。

私の趣味はゲームをすることです。しかし、「飽きが早い」のが悩みの種でもあります。ひとむかし前とは違い、最近は情報が巷に溢れていて、娯楽も選択肢が多くあり、ひとつの事柄に没頭するのが難しく、ひと度、熱中できたゲームでも1ヶ月もしないうちに飽きて次のゲームを探してしまいます。これは、現代人特有の問題であり、困っているのは私だけではないでしょう。いくらゲームを購入したり、課金したりしても、すぐに熱が冷めてしまい、エンタメとしてお金を払い、時間を使っているのに、次に自分が夢中になれるゲーム選びにストレスを感じているのではすべてがムダだとモヤモヤしています。

暇な時を利用して、スマホでゲームするのが習慣になっています。先週、バス待ちしていたあいだも、当たり前のようにゲームしていたワケですが、ルール上、どうしても一時停止できないタイミングで夢中になってしまったため、バスが到着したにも関わらず手を離せなくなり、バスを仕方なくスルーし、次の便までムダに過ごさなくてはいけなくなりました。よくよく冷静になって考えると、暇つぶしとして遊んでいただけなのに、それを何よりも優先させるだなんて一切、生産性がないことになぜにそんなに夢中になってしまったのだろう?と自分の愚行に呆れるばかりです。

これは友人宅へ遊びに行ったときの話です。その友人宅には、4歳の子がひとりいるのですが、その子はスマホを手に取ると、表情ひとつかえず、手早くスピーディーに画面をコントロールしたり、スワイプするなどして、ゲームアプリを手早く立ち上げて遊んでいたのです。私の頃なんて社会人になってから、自分用の携帯を手に入れただけで満足していたというのに、今では幼稚園児の年から普通にスマホゲームで遊ぶことができるのかと、とてもビックリさせられました。

ゲームは好きなものの、オンライン形式のゲームを遊ぶのは抵抗があり、ずっと避けてきました。ですが、ゲーム内にのみ存在する架空の世界でかつリアルタイムな環境下で情報交換やアイテムの物々交換、会話(チャット)ができたりと実際に遊んでみると、かなり楽しいんです。それだけでなく、ゲーム内に登場するキャラのようなマッチョ男性をイメージしながら延々と会話しつつ、共に活動していたフレンドさんが実際は、若い女の子だったと知った時は本当に衝撃的でした。数ヶ月間も私は相手が男だと勘違いしていたのでオンラインゲームは面白いけどちょっと怖いかも、と思ってしまいました。

ここのところ、「おさわり探偵なめこ栽培」というゲームにハマってます。システムは非常にシンプルで、状況に応じて画面をなぞっていきつつ、収穫とコレクションを実行するだけですが、しかしながら、やけに中毒性があるのです。ゲーム自体、とても薄味といえるほどシンプルですが、なめこのモーション関連がきちんと作り込まれていて、収穫をしているときのニョロンと動く様子は、とても癒やされます。このゲームは、友人から強く勧められて始めた経緯がありますが、ルールもわかりやすく、コアゲーマーでもない女性でもとっつきやすいですし、プレイしているうちに癒やされますし、全体的に楽しく明るい味付けがされているので私と似た感覚を持った人にはオススメできます。

基本的に無料、ということでゲームをやり始めた、というのに、それからしばらくしてガチャ課金に夢中になってしまう人達の心理が私は全く共感できません。スマホゲームは、暇つぶししたい人のためのツールであって、ゲームにハマりたいのならゲーミングPCとか、家庭用ゲーム機などを入手して、さらにゲームソフトも併せて購入し、やり込むべきだ、と個人的に思っています。…が、スマホでダウンロードできるゲームを無料で遊びはじめ、そのまま、かなりの額を課金していく心理がサッパリ分かりません。見たくない広告を見て、さらに時間をムダにして課金しつづけるとかそれで人生が楽しいのかそういう人たちの価値観は私のそれとはまったく別物なのでしょうね。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です