出来てしまったシミを薄くする働きが期待できる成分は?

Pocket

たるみの改善には、肌のコラーゲンを増やすことが重要です。コラーゲンの生成には、ビタミンC、鉄分、タンパク質が必要です。ビタミンCが多い食品は、レモン、イチゴ、キウイ、赤ピーマンなど、鉄分が多い食品は、レバー、カツオ、あさりなどです。さまざまな食品を食べることが大切です。


コラーゲンを摂取しても体内のコラーゲンにはならないといわれていますが、コラーゲンペプチドを摂取することで肌の水分量が上昇することが報告されています。コラーゲンペプチドとはコラーゲンの分子を小さくしたものです。サプリメントやドリンクを摂取するなら、コラーゲンペプチドを選ぶことがおすすめです。

コラーゲンは分子が大きな成分です。肌にはバリア機能があり、お大きな分子を通すことができません。そのため、化粧品でコラーゲンを肌に与えても、肌のコラーゲンにはならないのです。化粧品に配合されているコラーゲンには、肌を保湿する働きがあります。肌から潤いが逃げないように守ってくれます。

目の下の青いクマの原因は血行不良です。目の下の皮膚は薄く、皮膚を通して血管が青く見えた状態が青クマです。青クマは血流をよくすることで改善が期待できます。ホットタオルを目元に当てたり、マッサージをするとよいでしょう。また、疲れをためないようにすることも大切です。

目の下の茶色いクマは色素沈着が原因です。メイクやスキンケアの際に肌をこする、その刺激でメラニンが生成されて茶クマができることがあります。目の下の皮膚は薄くデリケートなので、メイクをするときなどはこすらないようにしましょう。美白化粧品で改善が期待できます。

出来てしまったシミを薄くすることが期待できる成分が、ビタミンC誘導体です。ビタミンCを肌に塗ると刺激を感じるし、肌への浸透が悪いのですが、ビタミンC誘導体はこの点が改良されています。水溶性、油溶性、水溶性と油溶性の両方の性質を持つものの3タイプがあり、さまざまな化粧品に配合されています。

出来てしまったシミを薄くする働きが期待できる成分が、ハイドロキノンです。ハイドロキノンはお肌の漂白剤とも呼ばれています。それだけ肌働きが強く、配合濃度が高いものを使用すると白斑ができることがあります。使用中は紫外線対策をしっかりすることも重要です。使用方法には注意が必要な成分です。

美白成分には2種類あります。ひとつは、すでにできてしまったシミやそばかすを薄くしたり、メラニンの生成を抑制してシミやそばかすを防ぐものです。もう一つは、メラニンの生成を抑制してシミやそばかすを防ぐ働きはあるけれど、すでに出来てしまったシミやそばかすを薄くする働きは期待できないものです。

美白化粧品を使用してもシミが薄くならないと感じたことがありませんか。それは、シミを薄くする成分が配合されていないからかもしれません。配合されている美白成分には、メラニンの生成を抑制してシミやそばかすを防ぐ働きをしてくれますが、できてしまったシミやそばかすを薄くする働きはないからです。

体の中からもケアをすることで美白肌に近づくことが期待できます。ビタミンCには抗酸化作用があり、シミの予防が期待できる成分です。レモン、キウイ、イチゴ、赤ピーマン、パセリなどにビタミンCが多く含まれています。一度に大量に摂取しても排泄されてしまうので、こまめに摂取をするとよいでしょう。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です