ダイエットを成功させるためのさまざまなヒント

Pocket

ダイエットには腸内環境を改善する事が効果的です。食事量を抑えたり、一時的な運動で体重が落ちても腸内の環境が良くないと、代謝が悪くため込みやすい状態のままであるため、少しの食事でも太りやすく食事制限や運動を止めたとたん、また元の体重に戻ってしまいます。


ダイエットを成功させるためには、血液循環を良くする必要があります。血液の循環が悪いと老廃物の排出がうまくいかず、体が熱をつくりにくくなる為、脂肪の燃焼もしにくい状態になります。食事量や運動と並行してリンパマッサージや、血流を促す食品を取り入れて行うと効果が期待できます。

運動によるダイエットを行う場合には、まず自分の体についている筋肉を鍛えて大きくしておくと、脂肪の燃焼範囲が広がり効率的に痩せる事が出来ます。筋肉は全身にありますが、体の中でも比較的ちいさな筋肉よりも、背中や太ももの裏表など、大きな筋肉を意識して鍛えるとより効率的で効果的です。

ダイエットを考えた時には、まず最初に痩せやすい体の状態にする事が必要です。体の代謝には腸内環境が大きく影響しているため、まず腸を健康にする食品をとる事が重要です。腸の健康には発酵食品が欠かせません。ヨーグルトやチーズだけでなく麹や味噌、醤油、かつお節や塩辛なども発酵食品です。納豆やキムチなど多くの選択肢があるので、意識してとるようにしましょう。

痩せやすい体をつくるためには、肩甲骨まわりをストレッチなどで意識して動かす事が有効です。肩甲骨の間は熱を生み出しエネルギーを多く生産する、褐色脂肪細胞が密集しているポイントです。この褐色脂肪細胞を刺激して活性化する事で、熱をつくりやすく脂肪を燃焼しやすい体になります。

ダイエットするにあたって、まず大事なことの一つとして健康的にやせる努力が必要です。
無理な食事制限や激しい運動は体を壊してしまいますし、第一長続きしないため、効果が現れてもすぐにリバウンドしてしまうことが多いです。ダイエットに取り組む際は、まず自分の生活を省みて、どんな方法があるのか考えるところからはじめることをオススメします。

女性の悩みとしてあがりやすいもののひとつに便秘があります。もう何日も出ていない…と思ったら急に下痢になって痛い思いをしたりすることは経験のある方も多いのではないでしょうか。便秘の期間が長かった場合、便の重さだけで1kg以上体重が増えていることも!そんな便秘解消にプチ断食はいかがでしょうか。前日18時までに夕食を済まし、次の日18時まで食事をしません。ただし水分はしっかりと摂ってください。お昼ごろからお腹が動いてきて、するりと排便を促すことができますよ。短い期間の断食なので、仕事のある日でもすることは可能ですが、なるべくゆっくり過ごせるお休みの日の方がオススメです。

暑い時期になってくると冷たい飲み物がおいしいですね。スポーツ飲料などでもゴクゴク飲んでしまいます。しかしこのスポーツ飲料、ダイエットには大敵です。500mlペットボトル1本に、なんと角砂糖8個分もの糖分が含まれています。ダイエット中は、運動後でもスポーツ飲料は避け、糖分の含まれていない飲み物を選びましょう。またくれぐれも脱水症や熱中症には気をつけましょう。

糖質制限ダイエット、流行っていますね。ご飯など糖質の多い食品を食べず、他の食品を中心に摂取していくダイエットです。そんな糖質制限の強い味方なのが鶏むね肉。今やコンビニだけじゃなくスーパーでもサラダチキンが売られています。しかし、わざわざサラダチキンを購入しなくても、鶏むね肉を買ってきて簡単調理でアレンジ無限大な方法があります。それは「茹で鶏」。蓋付きのお鍋に1Lほどお湯を沸かし、そこに鶏むね肉1枚と大さじ1の料理酒を入れ、火を止めて蓋をし、30分以上放置するだけ!冷めてから茹で汁と一緒にタッパーに入れれば冷蔵庫で5日は保存できます!お好きな調味料で味をつけたり、茹で汁を使ってスープを作ったりとアレンジは無限大!楽しく料理をしながら楽しくダイエットできると思います。

ダイエット中でも甘いものが食べたい…!という抗いがたい気持ちが湧き上がる時ってありますよね。我慢のしすぎもよくないし、頑張っている自分にご褒美をあげたい時だってあると思います。そんな時は食べる時間に注意をしましょう。夜、寝る前などに甘いものを食べてしまうと、体は後は寝るだけなので、代謝量がへり、エネルギーとして蓄積してしまい、結果的に脂肪になりやすいです。体がしっかり活動している午後の時間、15時ごろや夕食前だと、エネルギーを消費しやすいので、甘いものを食べても脂肪になりにくいですよ。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です