プロミスで50万円以上お金を借りると信用情報に傷がつく!?

Pocket

プロミスで50万円以上のお金を借りる場合は、必要書類を提出する必要があります。
この書類を提出し、審査が通れば融資してもらうことができるのです。

プロミスで借入をすると信用情報に傷がつくのでしょうか。

それは、嘘です。信用情報に傷がつくのは、返済をきちんと行うことができていないときです。

よって、審査が通り借入するだけでしたら大丈夫なのです。

プロミスで50万円以上お金を借りる時

プロミスからお金を借りるときは、50万以上か以下で大きな違いが出てきます。

プロミスから50万円以上のお金を借りる場合は、必要書類を提出する必要があるのです。

よって、この必要書類をすべて提出し、審査が通ればそこで初めて融資してもらうことができるのです。

また、50万円以下の金額を借りるのであれば、書類を提出する必要がないため、お金を借りるときは50万円以下の方がスムーズに借りることができるのです。

 
 
プロミスで50万円以上のお金を借りる時に必要な提出書類についてご紹介したいと思います。

それは、3種類あり、その中から1つ提出するとよいのです。

その内容としては、源泉徴収票、確定申告書、給料明細書です。

源泉徴収票や確定申告書は、最新のものが必要となります。

給料明細書に関しては、直近2ヶ月と1年分の賞与明細書が必要となります。

 
 
あとは、プロミスの申込で必要なものは、本人確認書類です。

ここで、フリーキャッシングを申し込むのであれば、印鑑や保証人、担保は必要ありません。

これらをすべて提出し、審査が通れば、融資してもらうことができるのです。

申込できる対象者というのは、年齢が20歳から69歳の本人で安定した収入があるということです。

そして、主婦や学生、パートやアルバイトであっても安定した収入があれば利用することができるのです。

 
 
このように、プロミスでは、50万円以上のお金を借りるときは提出する書類が増えるということがわかりました。

そのため、お金を借りるのでしたら50万円以下の方がよいでしょう。

また、インターネットを利用することで、簡単に申込をすることができ、Web契約をすると当日振り込みが可能です。

よって、お店に足を運ぶよりもインターネットを利用した方がよいというわけなのです。

プロミスで借入をすると信用情報に傷がつく!?

消費者金融のプロミスから借入をすると信用情報に傷がついてしまうと思っている人はいませんか。

プロミスで借入をしても信用情報に傷はつきません。

信用情報に傷がつくときは、返済をきちんと行わなかったときだけなのです。

そのため、プロミスに申し込んで審査が通り、借入するだけでしたら大丈夫だといえるのです。

 
 
そもそも信用情報というのは、個人信用情報といい、個人に関する支払情報と属性情報から構成されているのです。

これを具体的にいうと、個人のローンやクレジットカード利用に関する情報のことなのです。

よって、現在どのくらいのクレジットカードを契約し使用しているか、またローンはあるのかが示されているものです。

そして、過去に返済を延滞していないかという記録も含まれています。

 
 
そして、個人の住所や氏名、勤務先や年収などの情報も一緒に記録されているのです。

これらがすべて信用情報機関に登録されており、消費者金融のプロミスなどを利用するときはこれらの情報に基づいて融資を判断されているのです。

そのため、ここに傷がついていない限りは、プロミスから借入をすることができ、借りただけでは傷はつかないのです。

 
 
ここで、消費者金融のプロミスが審査を確認する内容としては、他社から借入をしていないか、過去に延滞したことはないかを確認します。

もし、すでに他社から3件以上のローンを申し込んでいたり、延滞しているのであれば審査は通らず借入をすることができません。

よって、審査する上で、信用情報というのはとても重要な役割を果たしているということがわかります。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です