ベランダガーデニングに適した木とは?ソヨゴにあう下草は?

Pocket

ベランダガーデニングに適した木は色々とあります。

このような木はガーデニング初心者にもおすすめといえます。

ソヨゴをベランダのバルコニーに植えたけれど下草をどうしようか悩んでいる人も多いです。
全体のバランスも考えると慎重に選んでしまいますよね。

そこで、今回はベランダガーデニングに適した木とソヨゴに合う下草などをご紹介します。

ベランダガーデニングに適した木とは?

木を育てるということはどんどん大きくなっていくイメージを持つ人が多いです。

でも、ベランダガーデニングに適した木を選べば、自宅のベランダでも木を育てることができるのです。

また、庭木であっても鉢植えで育てることでそこまで大きく育ちません。

よって、ベランダガーデニングを存分に楽しむことができます。

 
 
ベランダガーデニングに適した木は色々とありますが、中でも一番おすすめするのはオリーブです。

オリーブは樹形がきれいでガーデニングをしている人たちに大変人気があります。

また、オリーブは常緑樹のため、冬であっても落葉することはなく、一年中葉を楽しむことができるのです。

東京23区内であれば冬のベランダでも十分に育てることができます。

 
 
オリーブは毎年5月頃に可愛らしい白い花をつけます。

そして、夏になると緑の実がつきます。

秋になれば緑の実もぶどう色に変色するため1年を通して季節の変化を楽しむことができるのです。

オリーブのお世話はほとんどが水やりをするだけでとても楽に育てることができます。

よって、ベランダガーデニングも無理なく始めることができるので、ベランダガーデニングに適した木だと言えるのです。

 
 
このように、ベランダガーデニングに適した木を選べば、自宅のベランダでガーデニングを存分に楽しむことができます。

初心者であれば育てやすい木を中心に選ぶとよいですね。

ただし、ベランダガーデニングをするときはベランダの環境をきちんと確認してから植物を育ててください。

そうしないといくら育てやすいものでも枯れてしまう原因になります。

ベランダのバルコニーにあるソヨゴにあう下草は?

自宅に緑があると癒しになりますよね。

また、庭に様々な草花を植えてガーデニングを楽しむ人もいますが、ベランダのバルコニーを上手に活用している人もいます。

ベランダのバルコニーに緑があることで自然を感じることが出来て気分もよくなりますよね。

でも、ベランダのバルコニーにシンボルツリーとしてソヨゴを植えるのはいいけれど、下草がどうも決まらないという人も多いです。

 
 
なので、ベランダのバルコニーにあるソヨゴに合う下草は何があるのかここからご紹介してきます。

シンボルツリーとしてソヨゴは決まっているのでソヨゴに似合う下草を選んでいくことが必要となります。

全体のバランスを考えないとまとまり感がなくなりますので注意が必要です。

 
 
ソヨゴにあう下草はピンカマジョールという宿根草があります。

お花が咲くので緑の中を鮮やかに演出してくれます。

また、斑入りギボウシもおすすめです。

あとは、クリス○・ローズなどもいいですね。

これらはすべて宿根草で多年草とも言われます。

よって、多年にわたって成長を繰り返すので長く楽しむことができます。

 
 
このように、ベランダのバルコニーに植えたソヨゴの下草は宿根草がおすすめと言えます。

ただし、宿根草にも育つ環境・適した環境というものがありますので、自分のベランダのバルコニーがどのような環境であるのか確認をすることが大切になります。

これを確認してから宿根草の特徴をリサーチして下草として植えてみてくださいね。

これで全体のバランスがよくなりいつまでも素敵なバルコニーを楽しむことができます。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です