口内の水分が不足すると、口臭がキツくなるので、…

Pocket

口内の水分が不足すると、口臭がキツくなるので、…

口の中が乾いていくほど、口臭リスクが高まるため、まめに水分補給をしっかりしておくことが必須です。水分をきちんと摂ることは、口臭予防とは別の健康管理の面でも有意義です。そのほか、普段からガムを噛んでおくと、唾液がきちんと分泌されていくので、口内の雑菌繁殖を防ぎ、虫歯予防にも寄与します。唾液がしっかり出てくることは、口臭対策を進める上ではとても好ましい状況といえます。特に最近、口臭に困っている人は、意識して水をしっかり摂ってガムを噛む頻度を増やす生活を試してみましょう。

デリケートゾーンを清潔に保つために…

デリケートゾーンを清潔な状態に保たせたいなら、ジャムウソープ、インクリアをケアの一部に取り入れてみましょう。ジャムウソープとは、古来インドネシアから伝承されている100パーセント、植物原料で構成されるハーブを含む石けんで、デリケートゾーン特有の不快なにおい、おりもの、黒ずみに対し、良い効果が得られる話題になっているアイテムです。インクリアは、デリケートゾーンのかゆみを防ぐことで、摩擦による黒ずみリスクを抑え、おりものの分泌のペースを改善するためのアイテムです。利用の際は、こすったりする手間いらずで、液剤を注入するのみでケアが完了するのも嬉しいポイントです。

近頃は、多くのデオドラント(消臭)グッズがあり、…

現在は、膨大な数のデオドラント(消臭)グッズが販売されているため、どれを買うべきか困ることが多いと思います。特に、わきのにおいをかき消すデオドラントスプレーの場合、「汗」と「臭い」それぞれに特化する2タイプがあることに気付かれた方もいるでしょう。必要充分なケアが出来ていると自負していても、「ワキがじっとりと汗をかいている」「もしかしてニオイがしてるのでは?」という状況に遭遇するかもしれません。個別にアイテムの得意分野をよく見ておき、状況に応じた使い分けをしつつ、最善のケアを考えていきましょう。

会社員だった頃、出社してから1日の業務が終わるまで、…

会社員として仕事していた頃、自分の足のにおいに悩んでいました。出社してから業務を終えるまで、毎日、同一のパンプスを使っていたので、仕事を終えた直後の足の臭さは言葉にできないレベルでした。とりあえずニオイを防止する対策をしなくては!と思いたち、殺菌スプレーを吹きかけてみたり、アルコールシートを大量に用意して、パンプスが触れる足まわりを丁寧に拭き取る努力をしてみました。また、足の爪にも注意を向けて、ペディキュアに関しても、塗りっぱなしにしないようにケアしていった結果、それまでの状況よりも段々と気にならなくなっていきました。

身の回りの消臭対策でよく見逃しやすいのが…

身の回りの消臭ケアについて、よく見過ごしてしまいやすいのが衣類のケアなんです。「脇はいつもキレイにしているのに、わきが臭が消えない」という場合、服に残った汗が根本原因になっています。特に、ポリエステル・ナイロンといった化学繊維類については、吸湿性が劣るため、結果として臭いも出やすくなります。綿、麻、シルクといった自然素材の割合を増やせば、悪臭のトラブルを回避しやすくなります。あるいは、まいにちの洗濯の際は、消臭成分が配合された柔軟剤や漂白剤を毎回使うようにし、臭いが出づらい衣類に改善していくこともオススメです。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加