人と会話をしているとき、自分自身の口臭や、相手のにおいが気になって…

Pocket

人と会話をしているとき、自分自身の口臭や、相手のにおいが気になってしまうことが…

他人と近い距離で会話していると、相手の口臭や、自身の口臭が気になってしまうことが起こり得るはずです。そういった悩みを解消するべく、私はマウスウォッシュで消臭ケアをしています。昔は選択肢はほぼ無く、コマーシャルをしていた1社のマウスウォッシュしか手に入りませんでしたが、ここ最近は、海外から参入したメーカーのものや、国内メーカーのみに絞っても、さまざまなマウスウォッシュが販売されているので、私も新製品が登場するたびに、マメにチェックするようにしています。マウスウォッシュは刺激自体が強く、使用し始めた頃は、口の痛みに驚きましたが、不思議なことに使用回数を重ねていくと、それが爽快感となっていきます。さらに、使用すると、薬剤の味が口のなかに残るため、眠る直前の、空腹を感じるときには意図的にマウスウォッシュを使っておくと、無理なく夜食をスキップできますよ。

苦手な香水の香りは不快な思いをしてしまいます。…

他人の体臭だけでなく、香水のにおいも自分が好きなものでないとかなり不快に感じてしまいます。とくに電車にのっている時に、出会う隣に座っていた中年女性がヘンな香水を使っていて、あっという間に気分が悪くなってしまいました。が、座った直後にその場から離れようとするのは相手を傷つけるかもしれない、と不安になったので1駅分だけガマンしてみましたが、限界に感じたので、次の駅で下車するフリをし、隣接する車両へと移動することで、事なきを得ました。周囲にいた(私を除いた)人たちのなかで、同様に不快感を示す人が誰もいなかったのがかなり不思議でした。

体臭や口臭が強く出てしまうと、周囲の人たちに対して、…

体臭や口臭が強く出ているのに放置していると、日頃顔を合わせる人たちに対し、とてつももなく不快な気持ちにさせてしまうので、気をつけなくてはなりません。が、注意しただけでは不十分で、体臭・口臭は、その自覚がしづらく、客観的に判断するのが難しいのが現実です。どういう理屈で自身のにおいの良し悪しを判別できないのか、見当がつかないのですが、いくら悩んでもしょうがないので、家族や近くにいる人が相手を気遣いつつ指摘して、改善を促すのが建設的な策といえるでしょう。指摘した上で、お節介といえるほどしつこく、共に対策を実践してあげることがエチケットであると思います。

40歳を過ぎたあたりで、体臭で悩む人が増えていきます。…

40歳を過ぎたあたりで、体臭で悩む人が増えていきます。このにおいは、加齢臭とも呼ばれますが、名称どおり、加齢によって酸化に対する抵抗力がゆるやかに低下していき、皮脂腺に存在する脂肪酸と過酸化脂質といわれる物質が急増するのですが、その結果としてノネナールという名称の物質の分泌比率が高まることが引き金となって、表面化していく独特で不快感が伴う臭いです。加齢臭は、中年男性だけに集中すると誤解されやすいですが、中年を迎えた女性も他人事ではないので注意を払っておくべきです。

口臭はその場にいる人に対して、非常に不快な気分にさせてしまう恐ろしい問題です。…

口臭はその場にいる人に対して、強烈な不快感を与えてしまいかねない面倒な問題です。ニンニク料理を多く摂取したあとなどは、特に警戒が必要ですが、時間経過とともに、においは薄れていくので、しばらく他人と距離を置いておけば、口臭は解消していきます。それとは対象的に、虫歯・歯垢・歯周病(歯槽膿漏)が口臭のキッカケとなるケースは、一時的とはいかず、数日経っても口臭のもとは消えてくれません。直接的に人と会話する度に、相手の気分を悪くさせてしまう可能性が高いので、医療機関での歯科治療といった形で効果的な口臭対策を続けていくことが必須です。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加