汗臭いというレベルと超える不快な臭いです。

Pocket

汗臭いというレベルと超える不快な臭いです。…

ワキガの度合いは、人によって異なりますが、独特な臭いがあるのが特徴といえます。単純に汗臭い、というレベルを超える不快でずっと気になる臭いです。私の夫もワキガがひどく、とても強い臭いがあったのですが、ワキ毛をすべて剃るように提案して、実際に脱毛をやってみると、その途端に、強烈かつ不快な臭いはしなくなったのです。その後、脱毛してからのケアについて、あれこれと調べてみた結果、皮膚にダメージを加えないよう、ゴシゴシときつく洗わないことが臭い対策には重要といいます。男性でワキ毛脱毛をどうしてもしたくない場合、濡らしたタオルや、ワキ用シート(市販品)を利用してワキ周辺をきれいに保つことをオススメします。

脇の下は、汗を出す汗腺が多く、…

脇の下は、汗を出す汗腺が多く、常に緊張していたり、慢性的にストレスを感じている、といった精神的な刺激や、運動・気候がキッカケとなる温熱的な刺激によって発汗の確率も高まってしまいます。脇汗の量が多いことで洋服の脇部分が黄色いシミになるだけでなく、人前に出て緊張することで汗が止めどなくあふれるなら、汗止め帯とも呼ばれる、指圧バンドを利用してみてはいかがでしょう?脇下にあるツボを効率的に刺激し、ワキガ・シミの原因にもなる脇汗や、上半身の発汗ペースを抑制してくれるのが魅力です。指圧バンドは着用しても、見た目の違和感がほとんどないので、身近な人にバレる可能性も低いです。

気温の寒暖に関係なく、大量に汗をかいてしまうのを多汗症と言います。…

気候に関係なく大量に汗をかいてしまうのを多汗症といいます。交感神経が興奮状態になりやすい体質の人ほど多汗症に至りやすいのですが、遺伝が影響していることもあり得ます。私は更年期を迎えたあたりで、少しだけ動いたら、頭頂部からはげしい発汗がはじまり、時間を掛けてメイクをしていても、汗でボロボロになってしまいます。私の日常は多汗症によってイライラしたりはしませんが、汗が大量に出る現状がストレスにつながるのなら、皮膚科など、医療機関での受診をしておきましょう。

ワキの臭いを抑制する潤い系のクリームやサプリメントがあるんです。…

ワキの消臭対策にぴったりな潤い系のクリーム・サプリメントには、とても重宝します。「ラポマイン」という名のアイテムは、チューブに入っており、クリームを少し手に取り、ワキに塗れば終わりなので手軽なケアで済みます。しかも、赤ちゃんの肌に塗っても大丈夫なほど天然成分のみで構成される無添加なクリームでもあるので、肌への負担が気になる女性でもお子様の場合でも、安心しながら使えます。ワキガの対策以外にも、その他の臭いが気になる部分に対しても、使えることも助かります。

女性として非常に気になるのは、アソコ周辺のニオイなんです。…

女性として、かなり気にかけているのは、アソコ周辺のニオイ、なのは私だけではないはずです。このニオイは、女性ホルモンの影響がかなり強く出ると言われています。実際、私は更年期を迎えたあたりで、おりもの・デリケートゾーンのニオイが今まで以上に強くなったのを感じ、ピーク時は、はっきりいうと、身体の奥で何か腐ったような言いようのない悪臭がしてきました。そのようなトラブルから、毎月2回ほど膣洗浄をすることにしたのです。一度洗浄をすることで、気掛かりだったニオイもさっぱり解消されてとても爽快感がありました。しかし、デリケートな部位なため、負荷を与えないようにキレイな状態を維持するよう、注意しています。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加