海外女性の脱毛事情に関して色々調べていると、日本以上に…

Pocket

海外女性の脱毛事情に関して色々調べていると、…

海外の脱毛関連について色々と調べてみて気づいたのは日本以上に「VIOライン」への関心が高いという事実です。「VIOライン」のケアをしていないのは不潔という価値観の国が多く、カミソリをあてて短くしたり、毛そのものを取り除いてツルツルにするのがマナーな国もちらほら。これは雑菌の繁殖が抑えられ、結果として病気を防げるという狙いもあるといいます。その一方で、日本では「VIOライン」のケアはあまり興味がない人が多いようにも見えますが、実際のところどうなのでしょう?数年まえよりもケアの意識が高まっているようにも思えますが・・・?

日本では、「VIOライン」の脱毛を経験した人は、…

日本での「VIOライン」への脱毛を経験した数は30パーセントくらいとのデータがあります。意外と多くの実践者がいるなぁと驚かされました。処理する際、ケアはどうすべきか気になりますよね。「VIOライン」の王道なのは、長くなった箇所だけカットする形、もしくは、逆三角形。そして、最近話題になっている「ハイジニーナ脱毛」と呼ばれる、全身のムダ毛を排除し、ツルツルな身体を目指す方法です。ハイジニーナは、世界的な有名人が実践していることもあり、若い世代を中心に増えつつあります。「ハイジニーナ脱毛」は、今後も実践者が増加していくだろうと美容界では予測されています。

費用を気にせずに実践できるムダ毛を処理したいなら…

費用をあまり必要とせずにムダ毛を処理したいならカミソリや毛抜きを使用するのがお勧めです。カミソリは安価なものなら100円ショップでも手に入ります。毛を抜く場合には、ピンセットさえあれば誰でもムダ毛処理をカンタンに行えます。サロン・クリニックのような場を活用するとなると割と高額な施術メニューを選択する必要がありますが、カミソリ・毛抜きに頼る場合なら、数百円ほどのコストでムダ毛のケアが容易に行えます。

カミソリによるムダ毛処理は、場合によっては肌の黒ずみを誘発する…

カミソリを駆使しながらのムダ毛処理は、肌の黒ずみが生じてしまうかもしれません。黒ずみができる理由は、カミソリでムダ毛を剃っていく際、肌の角質層も一緒に削られ、そうして、肌へのダメージがたまりつづけ、修復を試みるなかで「メラニン色素」の生成が促され、肌の黒ずみが現れはじめます。そういった問題を回避するためにも、「メラニン色素」の生成を避け、カミソリのムダ毛処理には十分に注意する必要があります。

毛抜きを用いて脱毛してくと、肌が黒ずんでしまうことがあります。…

毛抜きを使用していくうちに、肌が黒ずむおそれがあります。毛を引き抜く際、どうしても肌に刺激が加わります。そのときの影響によって、「メラニン色素」が多く作られてしまい、結果として、くすみや黒ずみを生むのです。何年も毛抜きで脱毛ケアをしていると、年を経るにつれ、くすみや黒ずみが顕著になります。なので、黒ずみを避けておきたい人は、「メラニン色素」のリスクとなり得る毛抜きの使用を控えておくのが良いです。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加