バストは、その下に存在する「大胸筋」とよばれる筋肉によって…

Pocket

バストは、その下に存在する「大胸筋」とよばれる筋肉によって…

バストは、下部にある「大胸筋」という筋肉が支える役割を担っています。ということもあり、バストが上を向いた状態を維持しながら、若々しいハリも必要であれば、この筋肉をしっかり鍛えるのがベストです。手早く筋肉を獲得するために「タンパク質」の摂取をマメに摂るのがお勧めです。タンパク質の摂取量が低いままだと、筋肉の分解が活発になり、体内から筋肉が徐々に減ってしまうのです。バストのボリュームを落とさないためにも、なお、「タンパク質」を効率的に摂れるのは、肉・魚・大豆・卵・そして乳製品といった食べ物です。

吸収した栄養素をバストへと届けているのは…

身体に取り込まれた栄養をバストへ送り出しているのは血液となります。血流がスムーズになることでバストの成長をサポートする「女性ホルモン」もバストへ移動でき、結果的に、バストアップが期待できます。健全な血の巡りをキープしてくれる栄養素は「ビタミンE」なので、ビタミンEをうまく摂取していきましょう。オリーブオイル、アーモンド、アボカド、くるみ、オリーブオイルなど、を口にすることで、「ビタミンE」を効率的に摂ることができます。なお、「ビタミンE」は、油と併せて摂取していくことで吸収率を高められます。

バストアップのためには何よりも「女性ホルモン」の生成量に注目する…

バストアップの可能性を高めるためには、基本的に「女性ホルモン」の分泌量に注視しておくのがお勧めです。女性ホルモン不足は、「ビタミンE」によってカバーしていくことができます。ビタミンEを含む食材の有名なものは、アーモンド(ナッツ系)、アボカド、かぼちゃですね。ビタミンEという成分は、「脂溶性ビタミン」なので、油とまとめて取り込むと体内での消化が促され、吸収率が高められるので、ビタミンEが多いオリーブオイルで加熱するなど料理の仕方にも気を配ってみてください。

ブラジャーは、着用をすこし工夫するだけで…

ブラジャーは、着用方法に変化を加えることでバストの印象がガラリと変わります。着け方に関して、問題はなにもないと思っていると損するかもしれません。体型にはまったサイズとあなた自身が思っているだけで、実際のところ着ける方法を誤っていたり、身体へのストレスを与えるレベルのサイズ間違いがある可能性もゼロではないので、そういったトラブルを避けるためにも、実際のショップでスタッフに基礎を教えてもらうと気づきが得られるはずです。

日常生活で猫背の習慣化してしまうと、…

日々の生活のなかで、猫背が常態化してしまうと、バストが下向きに固定されてしまい、バスト的によろしくありません。バストアップを叶えるためには、猫背な姿勢を改めることも意識しておかなくてはいけません。姿勢があまり良くないと、引きずられるように猫背が固定されてしまうので、気づいたときに自身の姿勢を確認し、問題があれば修正してみてください。効率的に猫背を矯正するには、肩こりをマメにほぐしたり、肩甲骨あたりの筋トレで解消していくのがベストです。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加