日本国内にある金融機関は、「利息制限法」で決められた…

Pocket

日本国内にある金融機関は、「利息制限法」で決められた…

日本国内にある金融機関は、「利息制限法」で決められた利息以内となるように利用者へ貸し出さなくてはいけません。「利息制限法」によって決められている上限の利息は、10万円を下回る場合は、20パーセントまで10万円から100万円までの融資であれば18パーセント、それ以上の高額融資は15パーセントまで、となっています。もしも、上記の利息よりも高く毎月支払っているという証拠がしっかりあれば、再集計しておき、過払いしてしまった分は返還請求に掛けることで返金してもらえる仕組みとなっています。

知人や友人との金銭の貸し借りは、場合によっては…

知人・友人とのお金の貸し借りは、下手をすると友好な関係が終わってしまう可能性もゼロではありません。普通、自分のお金を他人に貸したいと思っている人は全くいないといっても良いでしょう。確実に返済される可能性は不明瞭ですし、身近な相手に対して、利息付きで貸し出すワケでもないのでリスクはあっても、メリットといえるものがありません。あなたが、お金のやりとりでトラブルを避けたいのなら、キャッシングに頼ったほうが良かもしれません。ここ最近は、低金利でサービスを提供していたりもしますし、一昔前よりも格段に使いやすくなっています。

キャッシングを使うときに、気がかりなのは…

キャッシングを使うとき、心配なのは元本に加算される「利息」ではないでしょうか。利息の支払いを避けたいのでしたら、「無利息ローン」を考えておくと良いかもしれません。数ある消費者金融ですが、その中には、短期間で返済、という条件付きで、無利息でのキャッシングを許可しているところも存在します。無利息の猶予期間は、業者次第ですが、1週間から1ヶ月となります。給料日、またはボーナス支給日を考慮した上で、きちんと返済可能な予定があるのなら資金繰りのひとつとして選択してみるのもアリだと思います。ただ、1ヶ月の1回返済での借入れなら、通常のキャッシングサービスでの利息もほとんど掛からないので、あなたの利便性を優先したほうが良いかもしれないですね。

「カードローン」を使うメリットは、…

「カードローン」を所有しておくことで、必要となったとき、即座にお金を用意することが可能になります。当然ながら、利用申し込み後に審査をクリアする必要がありますが、保証人や担保が不要なので、利便性が高いサービスといえます。少額借入れを希望する場合は、主婦や学生さんであっても審査をクリアできる可能性があります。なお、利息については、数年前よりも意外と下がっているので返済の負担も緩和されてきました。急ぎの用件には重宝するので利用を考えておいても良いと思います。

キャッシングサービスに頼るのであれば、…

キャッシングサービスに頼るのであれば、無理のない返済プランを立ててから利用申し込みをしておいてください。例えば、あなたの月収が15万円と過程して、月々の返済額を5,000円としておくとかボーナスを併用しながら、まとめて支払ってしまうなど、日頃の生活に無理がない程度に借入れするのが無難です。端的に言うと、予定どおりにきっちり完済することを想定してキャッシングをしましょう、といいたいワケです。無謀な返済計画だったり、計画そのものがないと返済がうまくいかなくなり、多重債務に陥るリスクが高まるので、未来の自分にツケがいかないように、キャッシングは計画的な利用を心がけましょう。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加