一昔前、消費者金融が「サラ金」と言われていた時期の…

Pocket

一昔前、消費者金融が「サラ金」と言われていた時期の…

一昔前、消費者金融が「サラ金」と世間から呼ばれていた頃のイメージを鮮明に持っている昭和世代を基準とした場合、ここ数年の消費者金融の存在感には違和感を感じる人も少なくないでしょう。「銀行」と連携した動きを見せるようになり、信用度も高められてきました。規模が大きくなった影響により、金利も、銀行みたいな低金利を採用しているかなり増えています。利用における審査基準もやさしく、即時融資にも応じてくれるので、急にお金が必要になった場合には、銀行以上にすばやく対応してくれる「消費者金融」に愛着を感じる人は今後さらに増えるのではないでしょうか。

消費者金融から借入れする場合には、はじめに、…

消費者金融での借入れの時には、最初に審査を受けることが前提となります。無論、その審査をクリアしておかないと、お金の借入れが叶えられません。しかし、ハードルが高いというワケではなく、仕事と住む場所が証明できる人なら、審査に落ちたりはしないでしょう。ところが、定職を持たない場合や、過去のキャッシング履歴に傷があるような人は、審査の基準が緩いことで知られる「消費者金融」でも審査で却下される可能性があったりします。

銀行や消費者金融を通じてお金を借り入れるのであれば、…

銀行や消費者金融にてお金を借り入れるのであれば、1年間の収入のうち、3分の1を超える借入れはできません。この規則は「総量規制」と呼ばれますが、借り手を保護するために出来た経緯があります。年収の3割をオーバーするレベルの大金を返済に充当しながらの生活は不健全であるとして国が判断した結果、3分の1と決まったのです。同時に他の金融業者からも借入れている場合は、その会社から借入れているお金も計算に入れて年収の3分の1となるように設定されます。

金融機関からお金を借りたいのなら、「利息」を、完済までにいくら支払うかを…

金融機関からお金を借入れるつもりなら、「利息」を最終的にいくら支払わなくてはならないか忘れずに算出しておきましょう。「利息」が低い場合なら、その分だけ、返済の負担が圧縮できますが、当然ながら、高く設定された場所で借入れしてしまうと、返済もかなり苦しくなります。金融機関の借り出し利息の上限は法律で定められていますが、その範囲内であれば、業者サイドで好きに値を決められるので発生し得る利息は一律はいかず、各社によって違いが出てきます。その点を理解しておき、契約をする前に注意深くチェックし、比較を終えてから申し込みをしましょう。

借金返済のために、他の場所から借りてしまうと、…

借金の返済を行うために他の場所から借りてしまうと、「多重債務」にハマってしまい、完済をするまでの時間もお金も増えていき、とても非効率です。「多重債務」が当たり前になると、現状の借金総額を把握すること自体が難しく、休む間もなく業者からのハガキや電話も掛かってくるので、精神的な負担も増大していきます。そのようなサイクルを断ち切りたいのなら、複数業者から個々に借りているお金をひとつにまとめてしまうのが良いかもしれません。借金の一元化は、「おまとめローン」とも言われており、返済日を同じタイミングに合わせたり、金利負担を少なくできる可能性もあるので、チェックしてみる価値が大いにあります。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加