転職活動で話題にあがるのが「年収」です。転職先の年収アップを狙うのは…

Pocket

転職活動で話題にあがるのが「年収」です。…

転職活動をしていれば、必ず「年収」の話題が上がってきます。今現在に得ている年収と、今後の希望年収額について質問されるはずです。実際もらっている年収よりも多めに申告し、転職先の年収アップを狙うのはハッキリ言ってムダな努力です。一時的に信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、そこで虚偽の申告をしたことがバレていまいます。最悪、転職先とのトラブルにもなりかねないので、現職での年収を正確に相手に伝え、それに見合う希望年収を設定するのが一番良いです。ちなみに、今の年収が400万円の人が、転職後に500万円となる可能性はほとんどありえません。仮に、今の年収が430万円だとすると、希望額は400~450万円と伝えておくのが間違いがありません。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけ済まないこともあり、一時的に転職先に合格をもらったとしても、その後、退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので、気をつけましょう。

転職活動をする上で、最後の問題といえば「現職の退職」ではないでしょうか。…

転職活動をする際、最後の厄介な問題といえば、「現職の退職」ではないでしょうか。運良く転職先を見つけたとしても、現在、所属している会社があなたを手放したくないとして引き留めに掛かるかもしれません。仮にそうなったとしても、「絶対に退職する」という強い気持ちでいるようにしましょう。引き留められて、一時は思いとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社は、近い内に辞めることになるでしょう。退職をスムーズに進めるためには、最初に会社の規定に目を通し、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届をつくります。そのあとで、決定権を持つ上司を面と向かって話し合い、「退職に関する交渉は、一切拒否します」とハッキリと伝えましょう。「円満退社」でこれまでのキャリアに別れを告げるのも転職活動には必要です。

女性が転職する場合、前までは、…

女性の転職は、一昔前と現在とは若干の変化があるといいます。かつては、「結婚観」や「出産後の予定」などについて、普通に会社側が女性たちへ質問していました。ですが、今現在はそういった内容は「セクハラ」に該当しかねないために、質問をしない会社が一般化しつつあります。特に大企業ほど、この手の質問には神経を尖らせているようです。が、面接する側は、〇か×といった形ではなく、その女性の価値観(結婚後、出産後の細かい予定)を把握しておきたいとは思うはずです。自身の考えを理解してもらうためにも、志望動機・自己PRと並行して話すことで相手側のモヤモヤも解消できると思います。ということで、質問されていない箇所についても、あなた自身から率先して話を進めていきましょう。

これから転職活動をするのなら、良いと思う求人(もしくは業種)を見つけたときに…

これから、転職活動をするという時は、良いと思える求人(業種)を見た際にきちんと「〇〇業、ブラック」でネット検索でチェックしておきましょう。求人票・転職エージェントといった媒体では、業界に関するマイナス点は教えてはもらえません。もしも、ブラック案件が蔓延している業種なら、ネット検索を通じて多くの事例に触れられるはずです。そのような現実を知らずに入社してしまうと、直後に入ったことを後悔してしまうかもしれません。その求人募集が出ている理由が「業務内容がキツく、人がなかなか定着してくれない」というケースがかなり多いため、興味をもった案件や業種については、疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

転職先にて、年収に関して高望みはしないほうが無難です。…

転職先にて、「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。特に、転職1年目の段階では、「研修期間」を含んでいるケースが多かったりもします。私のときは、苦労してどうにか転職したというのに、それまでの職場での稼ぎとほぼ同じ額でした。また、仕事はとてもキツく、重大な責任が伴うものでもあったので、1年目を越すのもやっとの状態でした。そういった経験をしたからこそ、転職1年目は、仕事を覚える時期として捉え、もっというと転職するよりも前から貯金しておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加