「転職エージェント」では、登録後、電話やメール連絡がしつこく…

Pocket

「転職エージェント」では、登録後、…

「転職エージェント」で登録したあとに、電話やメール連絡がしつこく入ります。何も知らずに利用しはじめた人は結構ビックリすると思います。「転職エージェント」は、利用者の転職をサポートすることが仕事なので、積極的にアプローチしてきます。大手エージェントは、転職を成功させることで企業から報酬がもらえるシステムなので、転職活動される人の都合よりも企業側を優先させることが多いものです。さらに彼らは、契約数を増やしたいために、内定がでた直後に、「入社されてはどうでしょうか?」と説得の連絡をしてきます。自身の希望や意思を明確にしておき、転職にしくじらないように注意を払っておきましょう。

大手転職エージェントは豊富に案件を抱えているのが魅力ですが、…

大手の「就職エージェント」ほど、多種多様な案件を取り扱っていますが、それに比例するように、あなたのように転職を希望しているライバルも多くいる可能性が高いです。あなたが、気になる案件を見つけたとしても、担当スタッフのほうで「転職の望みが薄い」と判断すると応募してくれないことも多々ありますし、あなた以上に転職の可能性が高いライバルがいたら、その人を優先して売り込もうとするのです。大手エージェント運営元は、サイト未掲載の案件データの宝庫として扱い、中小クラスのエージェントに対し、希望している企業・案件を伝え、応募できないものでしょうか?と相談すると自分のために仕事してくれることもあるので、そういった感じで利用してみるのも良いと思います。

転職活動時には、「履歴書」「職務経歴書」を用意しなくてはいけません。…

転職活動をするのなら、「履歴書」「職務経歴書」を用意しなくてはいけません。会社の大多数はそれらの内容を見た上で面接するかを決めるため、この2枚はしっかりと作成しておきましょう。必要事項を埋めるだけでなく、内容が充実していることも大切です。「職務経歴書」は、今までの職務の詳細と、自己アピールをしっかり書いておきましょう。過去以外に、現職で挙げた実績でアピールをするのも忘れずに。前年比の売上を○パーセントアップを達成した、などかなり具体的に書いていきます。もしも、作成に行き詰まったのなら、「転職エージェント」に職務経歴書をチェックしてもらって、良い文章を引き出してもらうなどしてみましょう。自己ブランディングのために転職エージェントを頼ることで良い結果を導きやすくなります。

現在の仕事と転職活動を並行される人は少なくありません。…

今の仕事をしながら、同時に転職活動を行う人は多いです。ですが、忙しく働きながら求人をチェックし、さらに応募手続きをし、面接を受ける、というのは精神的・体力的に苦しいものがあります。加えて、転職活動中は、現在の仕事の同僚・上司たちにもバレないように生活しなくてはなりません。「とりあえず応募しておこう」という方法を選ぶ人がいるのですが、もしも、書類選考をクリアし、面接に呼ばれたあと「辞退」した場合に、面倒な事になるかもしれません。エージェントにサポートしてもらっていた場合は、そのエージェントに対する印象に響きますし、自分でダイレクトに応募したとしても、相手企業からの電話やメールでの勧誘がしつこくやってくることもあります。自身の貴重な時間をムダにしてしまうおそれもあるので、行く気がない案件は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は、新卒の就活とは大きく性質が異なる、と意識しておくと、賢い判断ができるはずです。

転職活動をしている際に、志望動機と転職理由の2つです。…

転職活動中には、ほぼ例外なく「志望動機」「転職理由」の2点を訊かれます。「志望動機」は、あなたの思ったことを正直に伝えて問題はありませんが、「転職理由」を率直に話すのはオススメできません。給料・待遇に対する不満、同僚や上司とのイザコザ、職場内での問題点など、そのような話をしたとしても、あなたの印象は良いものにはならないでしょう。もっとも、過去のマイナス点をそのまま話す人は稀だとは思いますが、転職先の企業では、そういったマイナス点を重視しやすいので、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。現職の不満を相手へ伝えないようにするには、現職の仕事内容から脱線する箇所は一切触れないことです。さらに、「入社したら、〇〇をやっていきます」「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、「こういった目標をクリアできるのは、御社がベストです」といった形で、未来志向となるように、うまくかわしていきましょう。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加