転職活動では、前もって、転職候補先の会社をチェックするでしょう。

Pocket

転職活動では、前もって、転職候補先の会社をチェックするでしょう。…

転職活動では、はじめに、公式サイト、求人票、パンフレットといったもので転職希望先の会社をチェックすると思います。しかしながら、その会社が公表している情報は、専属「コンサルタント」が手を入れている可能性が高いです。彼ら(コンサル)の多くは、会社にとって不利益となる情報を隠す特徴があります。さらに、不都合な内容は、言い回しを変えて表現をマイルドにしようと試みます。そういった企業の「社長インタビュー」や「社員情報」についてはそのままを信じるよりも、半信半疑で聞いていた方が間違いがありません。言葉を額面通りに受け止めてしまうと、「聞いていた話とまったく違う・・・」と後々、後悔したり、場合によってはトラブルに遭遇するおそれもあります。悪意ある会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は、色々と理由をつけて辞めさせないように謀っています。その手の、いわゆる「ブラック企業」の求人にはよくよく注意しておきましょう。

転職するときは、色々情報収集されるとは思いますが、…

転職するときには、さまざまな方向から情報収集されるとは思いますが、転職についての「口コミサイト」は、とても利用価値があります。一時期、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたという理由からサイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こした事例がありました。辞めた(辞めさせられた)社員の腹いせとしてそういった内容が投稿された、と見るのが一般的ではあるものの、別の見方をすれば、ウソばかりの投稿だったなら、会社側が対処しなくても良いはず、ともいえます。でも、本当は『クロ』で「真実が知られてしまっては困るから、なんとか火消ししたい」という話かもしれません。「口コミサイト」も炎上ネタが投下されることでアクセス数が増えたり、サイトを注目してもらえるチャンスがあるので黙認していますが、悪い内容の口コミが多く目立つのは、それだけトラブルに遭遇するリスクが高い地雷企業であると判断して良いはずです。そもそも、善良な会社には煙も立ちません。

近頃は、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり、…

「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、労働条件に対する取り締まり強化が実施されたり、悪質な企業の場合は公表されるなど、厳罰化の動きが活溌になっていますが、まだまだ不完全です。なので、面接時に「ブラック企業」がどうかを自身で確認してみましょう。最初に求人票などに記載された労働条件に目を通して、それらの項目を順番にあれこれ質問していきましょう。相手が「ブラック企業」な場合、記載内容にウソがあったときには、返事が不自然なものとなります。「その場では答えられない」みたいなはぐらかしをしてくるはずです。「休日」「給与」「残業」では、質問していくうちに、困った表情を見せる可能性大です。それでもめげずに尋ねていくと、ふてくされたかのような態度を見せるので、そこで「この会社は信用に値しない」と確信できます。この手の会社は、約束を履行してもらえないばかりか、入社後もふてぶてしい態度を繰り返される可能性が高いので、「何か引っかかる」と思ったなら、その会社は選択肢から除外しておきましょう。

「転職サイト」は、大手が運営していたほうが…

「転職サイト」は、大手が運営しているものほど掲載料も多くなるため、2~3社あまりメンバー登録しておき、勤務地・年収などにチェックマークを入れて、自動で案件が通知されるようにしておくと転職活動がかなり楽になります。ですが、最初は登録が少々面倒くさいのでサイト登録するよりも前に、「履歴書」「職務経歴書」を予め作成しておき、それらをテキストファイル化し、コピー&ペーストしながら登録を進めていくと便利です。登録をする初回時は時間が多少掛かるため、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、その後は新着の求人情報のみチェックすれば大丈夫なので、最初の準備に手を抜かないように頑張ってください。

人生初の転職を試みる際は、現職を辞めたい理由を…

人生ではじめて転職をするなら、「現在の仕事を辞める理由」をハッキリしておかなくてはいけません。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておきましょう。そして、現在の問題を解消できそうな企業を選択していきましょう。転職活動は、新卒時の就職活動とは違って、今の仕事を勤めながら就職活動をやっていくので、時間的な余裕と、気力体力が必要になります。問題の明確化ができていない状態で転職活動を始めると、目標の途中で息切れしてしまいます。「必ず転職したい!」「現状をなんとか変えたい!」という強い情熱がないのであれば、転職活動の開始は辞めておくのが賢明です。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加