「失業保険」を「何もしなくても自動的にもらえる」と考えている人が…

Pocket

はじめて「失業保険」を受ける際、「何もしなくても自動的にもらえる」と考えている人が…

はじめて「失業保険」を受けるとき、「期間内は自動的に受け取れる」と考える人がかなり多いですが、それは誤解です。実際に受け取り続けるには「就職活動」をしていないとダメで、さらには、毎月1回、ハローワークに通う必要もあります。1ヶ月周期でハローワーク職員との面談を行い、「この人は、真摯に就職活動をしているな」と認められれば、翌月も保険を受けられる仕組みとなっています。その真逆に、「この人は就職活動を本気で取り組んでいない」と見なされたり、毎月の職員との面談を避けている場合は、アッサリと給付の一時停止に至ったり、以降の給餌資格をなくしかねないので、充分に気をつけてください。

失業保険の給付について、でも、暫くは遊びたいのが本音だと思います。…

失業保険を毎月、給付してもらうには、「就職活動」していることが必要なのです。が、「会社に行かなくてもいいし、しばらくは自由に過ごしたい」と思う人も少なくはないはずです。ですので、真剣に就職活動しているように見せる方法があるので紹介します。月イチの「ハローワーク」での面談は必須ですが、その場にて、「求人票」をチェックすることを少なくともしておきましょう。本気になって探したくないときは、「求人票」を軽く見て、ハローワーク職員との面談のときに、「資格を生かせる仕事や、希望する求人が今月はゼロ件でした」と相手に報告し、次に期待しましょう。

転職時、もし、そういった場所に登録して、就職先を見つけられたとしても…

就職活動には、インターネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)を利用する、という方法もあるのですが、もしも、そういった業者に登録し、就職先をうまく見つけたとしても、「失業保険」は給付対象外となるので、注意しましょう。失業封建は、「ハローワーク」できちんと手続きしないと給付してもらえないので後々、後悔しないようにしたいものです。なお、「ハローワーク」主導で斡旋してもらって就職したのなら、就職のための必要なものを揃えるための「一時金」を受け取ることができます。インターネット上で展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的の機関でありません。彼らあ、企業側から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険の給付手続きは扱っていません。このような点を理解していないと、失業中にお金が手に入らなくなるので、就職エージェントを利用する際は、気をつけておきましょう。

最近、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、…

最近、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、「ヘッドハンティング」を専門に取り仕切る会社も増えています。「特許」を出すと、彼ら(ヘッドハンティング会社)から電話が掛かってきやすいという話をご存知ですか?彼らは特許以外でも、「研究開発論文」を発表した人や、マスコミによって注目を浴びている人など、「業績」を残した人に狙いをつけ、電話やメールで近寄ってきて、ヘッドハンティングのためのネタとしています。仮にあなたが、ヘッドハンティングに関する連絡をもらったのであれば、そうなったキッカケを思い出してみましょう。かなりレアなケースでは、ヘッドハンティングと称して、「そのために登録料を払ってほしい」と依頼してくる業者もいるようですが、そういったものは確実に詐欺なので相手しないのが賢明です。通常、ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払うだけで、転職希望者が負担するものではありません。

派遣会社に登録した上で働く人が…

派遣会社を通して働く人がここ最近増えています。この先、派遣社員として働く予定があるなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がどのくらいで、トータルのお金(または比率)、自分に入るのかを面接時に質問しておいた方が良いです。派遣業は、人材を必要としている会社に人を派遣してその見返りに、手数料を天引きする形を取っています。派遣会社の大半は、派遣労働者の取り分をあいまいにしていて、公開していることは少ないです。半分以上を派遣労働者に還元していんるなら、良いのですが、あまり情報開示をしない業者が多く、悪質な業者の場合、3割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにする、ともいいます。面接時、誠実に返答してくれない派遣業者は、色々と不都合なことは隠そうとする可能性が高いので別の派遣業者のもとで登録されることをオススメします。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加