転職を考えているなら、日頃から多くの会社をチェックしておくと…

Pocket

転職を考えているなら、日頃から多くの会社をチェックしておくと…

近いうちに、転職するつもりなら、日頃から多くの会社をチェックしておくと就職先を選択しやすくなるでしょう。現在の仕事に何かしらの不満がある場合、いざ転職活動をはじめたとき、どこの会社も魅力的に思えてしまいます。そんな状態に陥ると、どの会社に応募するべきか迷ってしまい、判断を大きく間違えるおそれがあります。雑な行動を取ると、最終的に就職先を見つけても、すぐに退職しなくてはならなくなるので、事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておくべきなのです。会社の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、その会社の「取引先」も気にしておきましょう。良い企業は、取引先の情報を公開していますし、そうでない企業は、広告宣伝ばかりしている傾向が強いので、その点もチェックしてみましょう。また、会社によっては、個人グループに入ってることもあるので、グループ名をチェックし、詳細に目を通してみてください。

転職前、今の職場の同僚たちに、あなたが会社を去ろうとしているのがバレると、…

転職前、今の職場の同僚たちに、あなたが会社を去ろうとしているのがバレると、状況が大きく変わるおそれがあります。普段から良好な場合であれば、やさしくされるかもしれませんが、場合によっては、意地悪、やっかみに悩まされるかもしれません。加えて、残業時間を増やされることもあるので、「転職します」と周囲に言うのは充分に注意しましょう。なので、上記のトラブルを回避するためにも、今所属している職場では、真面目に仕事をしておきましょう。誠実な態度を見せることで、良い関係を維持したまま、最高の形で会社を辞められるはずです。しかも、円満退職で終えられたなら、転職後に、相談できるチャンスも手に入るはずです。規模や業種に関係なく、どこの会社も、人とのつながりは大切であるため、辞める前のトラブルには警戒しておきたいものです。

転職するための期間中は、しかし、…

転職するための期間中は、どうしても、時間に余裕がある分、だらけてしまいがちです。・・であったとしても、そういった生活を習慣にするのはキケンです。というのは、ダラけた生活が普通になると、「心」にも悪影響が出やすいためです。徐々に、働く気力もなくなり、お金に困る状況にも・・・。こうして、負のサイクルができてしまい、転職先を見付けることが困難になってしまいます。将来の決断ができないのは、お金を第一に考えるようになるからです。というワケで、お金に縛られない生活を目指すためにも、ダラダラした生活は、意識して避けるようにしてください。

仕事のせいで精神的に苦痛を感じてしまい、…

仕事のなかで精神的に相当につらくなってしまい、転職せざるを得ない状況にまで悪化したなら、会社(の関係者)と相談していくより自分の家族と相談しながら会社を辞めるかどうかの判断をしてみましょう。働くのは当事者であるあなたのためでもありますが、同時に、家族の問題ともいえるのです。どんなに高い給料を得たとしても、精神的ダメージを負うほど延々と働くのは健全ではないはずです。今の時代は金銭的な豊かさよりも、「働きやすさ」を優先したって良いはずです。あなたの家族とともに、自身の心も大切にしましょう。

転職先で見学などがあると良い勉強になります。…

転職候補先で見学などがあれば、非常に参考になります。そういった会社のなかでも、「職人」のいる会社なら、スキルを近い距離で見られるので楽しくなります。そのような「職人」がいる会社見学は、高確率で見学者には、本来の現場を見せることがまずありません。その傾向が強いのは「ブルーワーカー」(肉体労働)です。個人のプライドが高めな業種なので、実際に入社するまで、本来の姿がわかりません。そのため、見学内容イコール仕事現場、と思わないことが大切です。また、見学時に仕事体験できる会社は、倫理的にアウトですし、ハッキリ言うと「論外」です。入社してもいない人にトラブルが発生しても、保証はありません。仮に、勧められてもやんわりと断りましょう。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加