転職活動において、「面接」がもっとも重要視されますが…

Pocket

転職活動において、「面接」がもっとも…

転職活動において、「面接」がもっとも重要視されます。よくある面接では、応募者に転職するに至った理由や仕事に対する意気込み、将来の展望など、さまざまな点を尋ねると思います。そして、面接終了の直前に面接希望者側からの疑問に感じていることを質問できるチャンスがあります。面接担当の方から「なにか弊社で働くことについて、疑問に感じる点はありませんかね?」といった感じで、面接担当からあなたに逆質問してくるはずです。そういった質問をされたとき、緊張のあまり、質問を遠慮してしまうかもしれませんね。ですが、冷静になればいくつも疑問点は浮かぶはずです。というわけで、面接官からの問いについて、前もって(あなたからの質問を)準備しておくのも良いでしょう。

転職のための採用面接では、場合によっては、別の人が担当することになります。…

転職のための採用面接では、中小企業クラスの場合、その社内の「人事」担当者が面接官になりますが、どこでもそうとは限りません。採用後、ともに仕事をしていく現場の責任者、つまり、部長や課長などが面接場にいあわせることも決して少なくありません。とりわけ、事務・営業といったジャンルでは、資格を通じた人の良し悪しを判断しづらいのでしっかりと自身をアピールしていくことが重要になります。面接担当者たちから「この人はハッキリ主張できるし、なかなかの戦力になりそう」と認められたら、採用の可能性も高まるはずです。

転職活動では、希望する企業相手というよりも…

転職活動では、希望する企業相手というよりも具体的には「担当面接官」との勝負が大半といえます。面接で結果を出すためにも、ゼッタイに焦らず、平常心でいるように心がけましょう。「素敵な女性とお見合いする」と捉えておくと良いと思います。面接を介してもっとも最初にあなたの雰囲気や人間性をくまなく見られるのでマイナス評価につながりそうな見た目や言動は避けましょう。良識ある社会人らしさが伝わるように、転職活動にピッタリな服装(T・P・O)を意識してみてください。魅力的な人物として、面接官に認めてもらえたなら、自然と良い結果も出やすくなるでしょう。

新卒採用で入った会社にお別れをして、…

新卒採用で入った会社にさよならをして転職した経験があります。実際に退職する前後は、人生でもっとも悩んだように思います。でも、社会人となって数年あとに仕事を辞め、中途採用で働いている人ばかりであることを自身の転職活動で知り、悩みは消えていきました。1度、転職を経験したことによって自然と肩の荷が下りたかのような気分になり、「本当に自分のしたいこと」を探す手間が楽しいものになりました。「自身の仕事をコロコロと変えるのは良いことじゃない」といった転職を好ましく思わない意見もありますが、私自身、転職をやって良かったと思っています。

今までの私は、「転職サイト」で職を探すより、…

かつての私は、「転職サイト」に頼るより「ハローワーク」を活用していました。どうしてかというと、大手「転職サイト」は、なぜか都心部の求人募集ばかり掲載しているからです。であったので、転職は「ハローワーク」に頼ってばかりでした。掲載される企業数や給料などでは、若干の見劣りがあるものの、地域密着タイプなので、都心部以外での転職をするときには重宝します。「ハローワークって地味な雰囲気がある」とイメージしている人がかなり多いと思います。しかし、良い求人情報もしっかり掲載されていたりするので、転職を本気で検討しているのなら、1度行ってみると意外な発見があるかもしれません。「転職サイト」みたく電話・メールが頻繁に送られてくる心配もありません。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加