やっぱり転職をするのなら居心地の良い場所を見つけたいものです。

Pocket

やっぱり転職をするのなら居心地の良い場所を見つけたいものです。…

転職で職場や生活環境をガラリと変えることは、憧れるものの同時に緊張しますよね。どうせ転職するのであれば、自分の理想に近い、今よりもずっと心地良い場所を選択したいものです。が、実際に行動するともなると、相応の努力やスキルを持っていないと、転職自体がままなりません。他の言い方をすると、あなたのスキル次第で「天職」に巡り会える、というだけの話です。最近では「職業選択の自由」が社会的に普通に認知されているので、転職を決断しても偏見を持たれるなどのリスクも殆どありません。終身雇用制度がなくなりつつある今現在、「価値ある人材が欲しい」と希望する企業も増えているため、このチャンスに乗じて転職されるのも良いかもしれません。

ここ数年の労働環境のめまぐるしい変化について、全世代の中で…

最近の労働環境の大きな変化について、社会人の中で若い世代ほど関心度が高いといわれています。おそらく、自身の将来を見据えた動きなのでしょう。労働者・サラリーマンといった層の「流動化」が顕著となっているので、それに応じてますます転職への関心が高まっていくはずです。「流動化」が進んでいく結果、労働者の転職は他人事でなくなりつつあります。「終身雇用制度」が存在していた頃には「転職」をする人は、経歴にマイナス評価がつく、と言われていました。ですが、時代の変化もあり、現在やっている仕事のみに執着する必要も段々と薄れてきています。

新しく就いた職場で自身のこれまでの…

新しい環境下であなたの過去のキャリア・スキルを生かせたとしたら、即戦力として活躍でき、職場での信頼を勝ち得ることができるはずです。会社としても、そのような即戦力は常に必要なので、タイミングさえ問題なければ、そんなに転職の難易度は高くないはずです。かつての職場と近いジャンルであれば、転職は非常にカンタンになるでしょう。ですが、即戦力な人材であったとしても、大手企業の事務系の業務や、公務員系の募集は、時代・景気に関係なく相当な競争率を勝ち抜く必要があるので楽観視は禁物です。

転職時には、面接をすることになりますよね。…

転職時の面接は、正直に答えれば良いというものではありません。面接担当から「転職理由を聞かせて頂けますか?」とほぼ確実に訊かれるはずです。この時に、どういった理由があろうとも、「人づきあい」「労働環境」についての不満やトラブルを絡めた内容は、できるだけ控えましょう。もしも、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、採用してもらえるスキルがあっても、不採用になりかねないので要注意です。面接では「前向き」な人物であると印象づける必要があるため、とにかく「新しい職場で、より一層キャリアを生かせられるように、真面目に取り組んでいきます。」といった未来に目を向ける形が理想です。

転職活動をしたとしても、どうせするなら、…

実際に、転職活動をはじめたとしてもすべての人が満足いく成果をあげあれるワケではありません。遅かれ早かれ転職をしなくてはならないなら、あなたの年齢が若いうちに行動しておくべきです。平均として見た場合、20代のうちはかなり有利ですが、30代後半~40代に至ってからの転職結果は、年齢が高くなるほど厳しさを増します。管理職などの重要なポジションにいる場合、転職の意識が強くなっていても現在の会社に留まることも選択肢に残しておくべきです。退職届を出したあとに転職活動するよりも、今の会社での業務をこなしつつ、転職活動されるのが賢明といえます。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加