派遣で会社で働いています。派遣法や労働契約法のからみで…

Pocket

派遣で会社で働いています。派遣法や労働契約法のからみで…

派遣として就業しています。派遣法とか労働契約法の関連でずっと働いていた会社での就業を終わらせなければなりません。派遣の仲間の中には、派遣で就業している会社で直接雇用のポストをゲットした方もいるのですがはっきり言うと仕事ぶりというよりは派遣先の上司の扱い方が得意な方でお引き立てがあった気配。業務上の能力よりおじさん転がし能力の方が肝心なんだねーと別の派遣のメンバーと毎日文句を言ってます。

長きにわたって接客業で勤務を続けてきましたが、…

長年にわたって接客業で勤め続けてきましたが、歳をとるにつれて立ったままのお仕事は体力的にハードなため、事務系のお仕事へ転職することを視野に入れて行動を起こしました。事務未経験だと少々難しくて、接客業の経験も活かすことができる受付兼医療事務をしようと思い資格も合格して個人病院に転職をしました。周囲は超ベテランである先輩パートさんばかりで人間関係に関してもややこしい。夜間のシフトばっかり押し付けられて、接客業で働いていた時より帰宅する時間も遅いわけですが、まずキャリアの形成時だと観念し頑張ります。

何個かの人材紹介会社に登録していました。…

何社かの人材紹介会社に登録していました。転職のアドバイザーのレベルにおいても色々あって大方は不満足を感じるアドバイザーばっかり。こちら側は人生かかっているのにもっと真剣に向かい合ってほしいという感情が積もり、その事がきっかけとなり自分がキャリアカウンセラーを目標にするようになりました。キャリアカウンセラーの資格取得のためには費用もいりましたし勉強面においてもハードではありますが、求職中の人から頼みとされる人間になるために頑張っています。

「石の上にも三年」といわれる諺もありますが、…

「石の上にも三年」といわれる諺もありますが、「終身雇用制度」が死語となりつつある現代では「転職」はとても身近なものになってきました。が、「転職」する人が増えているとはいっても、安易に仕事を選択し軽い気持ちで転職、、を繰り返して良いワケはありません。実際に転職したいなら、タイミングを的確に捉える必要があります。とりあえず、現在やっている仕事、職場に関して、不満に思っている点をおよそ10個、紙とペンを使い、リストにしてみましょう。この作業が、転職活動に良いヒントを与えてくれます。そして、将来の進路が自身で見いだせたら、行動を早めに取り、今よりキャリアアップできるように、自分なりに努力してみてください。

最近の転職については、政治によって状況が変わりつつあるようです。…

最近の転職については、政治によって状況が変わりつつあるようです。安倍総理が舵取りを行う現政権下では、「アベノミクス」「三本の矢」といった形で多くの経済政策が盛り込まれています。日銀主導の金融政策とも相まって、財界・企業といった民間側からも次の世代の変化が生じ始めています。そういった変化が加わったせいか、民間企業のあいだでも若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「人材不足」が大きな社会問題になっています。将来、「外国人労働者」を増やして人材確保に務める方針であると現政権は宣言しています。こういった変化のなかで国内の雇用や転職といった状況にも、大きな影響が出てくるはずです。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加