専業主婦をやっていて家族に知られないままお金を借りる…

Pocket

専業主婦をやっていて家族に知られないまま…

専業主婦をしている女性が家族に隠したままお金を借りる予定でいるのなら、銀行を選択しておくべきです。銀行なら、配偶者の名義をつかって融資を受ける流れとなります。ですので、消費者金融での契約のような配偶者からの同意を求める必要がないのです。といったワケで、配偶者の許可なしで借入れをしたいのであれば、銀行が良いです。銀行は消費者金融よりも金利が控えめに設定されているので、発生する利息は少なく、返済もしやすいです。とはいえ、配偶者のこれまでの信用情報に何か問題があると審査を通らないかもしれないのでそこだけ注意しておきましょう。

お金を借りたいのに、審査をパス出来ない時は、…

お金を必要としているのに、審査に落とされてしまうときは、初歩となる申込み方法を見直していきましょう。店頭で申し込みをするのなら、郵便番号・住所・勤務先などの項目をキレイな文字で記入していきます。各種項目のうち、「電話番号」の記載漏れや、書き損じのまま提出すると、業者があなたに連絡しようとしても無理なので他のすべての審査条件を満たせていても却下となってしまいます。これは、インターネットでの利用申込みでも同じ話です。必須項目をしっかり入力した上で、確定ボタンをすぐに押さず、記載漏れ、入力間違いがないように注意しましょう。

街角や電柱などで「ブラックリストに載っていても融資しますよ」…

街角で宣伝されている「ブラックリストに載っている人でも、融資します」という旨の広告って頻繁に目にしますよね。ブラックリストに載っている状態で、お金に困っている人ならそのような業者から融資してもらいたいと思うかもしれません。でも、記載される甘言につられてはいけません。そのような業者の大半は「闇金」なので、スルーされることを強くお勧めします。「闇金」は法律に関係なく、莫大な金利を請求してくる上に返済できなくなったときの取り立ての方法も常軌を逸していたりします。もしも、あなたが闇金の被害を被ってしまったのなら、なるべく早く、闇金につよい弁護士に相談し、解決を図りましょう。(無論、警察に相談するのもアリです。)

キャッシングは現在の金融関連の私たちの生活にとっては、…

さまざまなキャッシングとは、私たちの生活にとっては、存在しないことがあり得ない、というほどに利便性の高いサービスです。「キャッシング」は、一言で表すと、クレジットカードを使用して、貯蓄した現金を引き出す行為のことです。この「キャッシング」には借り手側も、貸し手側にもルールがあり、国の法律によって定められています。そのなかでも有名なのが、「総量規制」という名の取り決めです。この単語は、クレジットカードで引き出せる金額の上限が借り手の年収の3分の1まで、という制約を指します。「総量規制」は、クレジットカードの過剰な依存を防ぎ、多重債務のトラブルを未然に防ぐ目的で法律化されました。

キャッシングが身近なものとして認知されるのは、…

キャッシングが日本で知られるようになったのは、半世紀くらい前の金融制度の礎となるとある言葉が世間で認知された頃までさかのぼります。その言葉とは、1960年代頃に登場する「団地金融」といいます。この単語の語源は、団地を住居とするためには、高所得な仕事をしていないと不可能となるので、それを揶揄して「団地金融」と表現するようになりました。基準値以上に生活力がないと団地に住む権利がないものですから、返済能力が充分でないと審査の時点で利用拒否される最近のキャッシング制度に似ていますよね。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加