カードローンをこれから利用するのなら、…

Pocket

カードローンをこれから利用するのなら、…

カードローンの利用を考えているのなら、銀行と消費者金融の2つのあいだの違いに関して事前に知っておきましょう。「銀行」の場合は、審査基準が消費者金融以上にキツく設定されていますが、それさえクリアすれば、「低金利」というメリットが得られます。「消費者金融」は銀行以上に審査のハードルが低いのが魅力といえますが、「高金利」がマイナスポイントになります。借入れを希望した場合、最高金利は約20パーセントとなります。とはいえ、最近は消費者金融の場合でも17パーセントほどで貸し出すケースが目立ちます。さらに消費者金融には、「総量規制」が掛かるため、借りる手の年収に対して、3分の1を超える額の貸し出しは原則禁止されています。

カードローンには即日融資という…

カードローンのサービスには、「即日融資」といわれる急ぎで使いたい人にとって助かる機能があります。そのフレーズどおり、借入れを申請したその当日のうちに即座に融資してもらえるというサービスなのです。喫緊にお金を用意しなくてはならないときに、大きな助けとなるでしょう。午前中に借入れしたい旨を伝えて、審査にパスすれば昼にはお金を工面できますし、多少、遅くなっても午後2時に申し込みしておくと、夕方には現金を用意できます。といったように、便利な「即日融資」ですが、遅くに申し込めば、即日とはいかず、翌営業日にずれ込むおそれもあるので、速やかに行動されることを強くお勧めします。

銀行から融資してもらっていたものの、…

以前、銀行から融資してもらっていたけれど、予算が足りなくなり、別の消費者金融からお金を借りた、、、といった人もいらっしゃるかもしれませんね。複数の業者から借入れを同時にしていると、金利、返済のタイミングも統一せず混乱してしまいがちです。そういった諸々の面倒を解消するためにも、「おまとめローン」が良い解決法になります。「おまとめローン」は、現在の融資とは別のカードローンを申し込み、借入分をつかって過去の融資を一括返済し、整理してしまう、という方法です。金利を低い値にまとめられますし、返済日も同じタイミングにできるので資金繰りの良い選択肢といえます。

融資してもらって返済しているのに、順調にいかない場合、…

融資を申請し、返済に尽力しているのにきっちり返済できない場合、貸し手側に頼んで返済の条件を若干変更してもらうといった解決も(場合によっては)可能です。この交渉を持ちかけることで返済効率が一気に良くなるチャンスとなるでしょう。さらに、毎月の決まった額だけを返済していく他、一定額以上に多く返済していくという選択肢もあります。完済を早めることで、金利も圧縮できるので長期的な視野でみると、コストをより抑えられます。完済を早くしたいのなら、臨時収入や、ボーナスが入ったときに、多めに返済されると良いです。

急に、お金が必要な状況になり、「借りたい!」と思っているけど…

急に、お金が必要となってしまい、「借りたい!」と思っているけどだいたい1週間くらいで完済できる目処が立つなら、無利息で借りられる短期型のカードローンがお勧めです。それらのサービスのほとんどが、返済期限が1ヶ月になっているので、その期間を利用して融資してもらえば、費用の心配が要らないのです。さらには、借り入れ額が少額である場合は、業者のなかには、「半年間無利息」のサービスを用意していることも。また、「1週間無利息」のプランなど、問題なく完済すると、報酬として「1週間無利息」が得られたりするので、うまく付き合っていけば、利息の発生を抑えられます。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加