現代のクルマの寿命は一昔前以上のものとなっています。

Pocket

現代のクルマの寿命は一昔前以上のものとなっています。…

現代のクルマの平均的な寿命は過去のそれよりも大きく伸びています。ボディの塗装技術に関しても同様で、10年落ちのクルマに見えないほどに、キレイな状態を維持していたりもするのです。心臓部とも形容される「エンジン」も、今までは走行距離10万KMが寿命と考えられていましたが、近年では20万KM走行してもまだまだ使えるものもあります。こういった状況を鑑みると、旧モデルの使い込まれたクルマでも、まだまだ価値があると理解頂けるでしょう。これから、クルマの売却をしようと思うのなら、積極的に高額査定を目指していきましょう。

クルマの査定額は、メーカーごとに違いがあるのか、気になるものです。…

クルマの査定額は、メーカーごとに違いがあるのか、気になるものです。最近、スバルやマツダ製のクルマが人気になっていて、高額で取引されているケースが目立ちます。それに加え、「LEXUS」(レクサス)をはじめとした高級ブランド関連も高額取引の定番といえます。中古車市場をトータルでみると、「トヨタ」が強いです。シェアがナンバーワンということもあり、どの価格帯でもクオリティが高く、旧型でも安心して使用できる、と考えているお客が多いことも安定価格の一因となっています。

国内の独自規格によって生まれた「軽自動車」は、…

国内独自規格の「軽自動車」は、家族持ちのセカンドカーとしても、独身者や高齢者が使用する用途でも、非常に強い人気があります。この人気の影響がハッキリ出るのが軽自動車の「買取価格」です。軽自動車は、製造から10年以上経過していたとしても高額査定を狙いやすく、定価に2~3倍も開きがあるような普通乗用車に負けないレベルの価格で販売されてもいます。このような状況になる理由はシンプルです。軽自動車は年式の新旧以前に高い「需要」を維持しているために、高値を維持できるのです。需要が続くクルマは長いあいだ高値を維持できてしまいます。

クルマの査定時、どのくらいの走行距離があったときに…

クルマの査定をした場合、どのくらいの走行距離からが多走行になるのか気になりますよね。おおまかな値で表現すると、年間の走行距離が1万キロ、ですね。このペースよりも大きなクルマは「多走行」と見なされやすく、逆に、少なめだと「低走行」なクルマだ、と解釈されるはずです。といったワケで、高年式なクルマであっても、使用頻度の高い「多走行」なものなら、マイナス査定を受けやすくなるので気をつけてみましょう。

世間では、クルマはといわれます。が、…

世間では、クルマはディーラーで下取りする以上に、買取専門業者のほうがメリットがあるいわれています。しかし、なぜそうなのでしょう?新車購入のために、ディーラーはいらないクルマを下取りしてくれますが、彼らの核となる事業は、あくまでも新車を売ることです。であるがゆえに「下取り」は、ひとつのサービス的な役割でしかなく、その性質上、売り手が満足できる結果は期待しづらいのです。大幅な値引きが難しい新車購入する時にはほんの少しは下取り額を上げてもらえる可能性もあります。しかし、買取を専門にしている業者と比較するとイマイチな条件しか提示してもらえないでしょう。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加