新車販売数の多い人気車は、高額査定になりやすく、…

Pocket

新車販売数の多い人気車は、高額査定になりやすく、…

もともと新車販売数多い人気のクルマは、査定での好結果を期待できます。その真逆に新車販売数もかなり少なく、人気もまったくないクルマの買取価格はどうしても低くなります。ただし、それ以外のケースも存在します。ひとつの例として「スポーツカー」を考えてみましょう。スポーツカーの販売数は、そんなに多くはありません。しかし同時に、人気がかなり高いカテゴリでもあります。そして、希少性が高くもあるので良い査定結果を期待できます。ブランドによってはプレミア価格も査定に上乗せできるので、売却のタイミング次第で、新品定価よりも高値が付くことも。

分割ローンで車を購入したならば、返済をすべて終えるまでは…

複数回の分割払い(ローン)によってクルマを購入した人の場合、返済をすべて終えるまでは契約上、勝手に売却の手続きを取れません。ただ、何らかの理由のためにクルマの売却をしないと立ち行かなくなる事態もあるでしょう。もしも、あなたがそういった状況に追い込まれたらどうしたら良いのか知っていますか?一番効果的なのは残ったローンを完済してしまうこと、です。ただし、完済するためのお金を捻出できずクルマを買い取ってもらい、そのお金をローン残債分に充てようとお考えなら、ローン会社に電話し、クルマの所有権を譲渡してもらう手間が掛かります。

最初、クルマ買取専門業者を選んだのは、それはディーラーの下取り額が…

当初、クルマの買取り専門業者のもとで愛車を売ったのは自然な成り行きではなく、相応の理由がありました。もともとは、ディーラーでの下取りを選択するつもりでしたが、そこの買取額に大きな不満を覚えたからです。下取り額が低かっただけでなく、「下取り手数料」が発生するからと請求されそうにもなりました。なので、もしもディーラー下取りを選択したら、ゼロ円どころかマイナスにしかならなかったワケです。でも、廃車にするレベルでもなかったため、評価も不満だったのでそこではじめて、買取専門業者による査定を選択しました。ディーラー下取りではゼロ円(さらに手数料)だったのに、買取業者の査定では「13万円」もの価格が付きました。こんなに評価が違ってくるのか、とても驚いています。

中古車を売るとき「あまり高値はつきそうにないなぁ」…

使わなくなったクルマを売る時、「あまり高値はつきそうにないなぁ」と、弱腰の姿勢でいてはダメです。弱腰の状態で、低い査定額を付けられてしまうと、「この価格でもしょうがない」と、早々に諦めてしまうおそれがあるためです。結果、査定後の交渉にも支障をきたしかねません。普通、クルマの買取業者は、交渉してすぐに高額査定を提示してくれたりしません。彼らは、ちょっとずつ査定額を上げたり、条件を良くしてくれるものです。買取業者としては、ちょっとでも安く仕入れたいと考えるので、はじめの交渉では、安い査定額しか提示してくれないのです。こういったことを念頭に置き、はじめに提示された査定条件よりも、もう少しアップしてもらえるようにうまく交渉を図っていきましょう。

「一括査定サイト」を活用すれば、ひとつの買取りショップで査定してもらった場合よりも、…

「一括査定サイト」を活用すれば、ショップ1店舗だけでの査定よりも、高額で売却できる可能性が高くなります。そもそも、なぜ「一括査定サイト」を使ったら査定額が増えるのかというと、そのカラクリは単純です。競争原理が作用してコンタクトを取った各業者が競合する別の業者よりも競争に勝つ意味でより高額となる買取価格を提示してくれる、というわけです。「一括査定サイト」を実際に使用すると、カンタンに査定結果を比較可能なので、一番、高値を付けてくれる買取り業者を判断していくのも一瞬です。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加