これから、新車に買い替えしようと思い、…

Pocket

これから、新車に買い替えしようと思い、…

今後、新車に買い換える予定で、現在使用しているクルマを売却しようと思っているのなら、出来る限り、新車の納車日にずれ込まないように、ベストなタイミングで買取りしてもらうように注意しましょう。ディーラーに、下取り処分された場合なら新車を使用可能となるまで乗り続けることが可能ですが、買取専門業者に売却した場合であれば、新車が納車される日まで待ってはくれません。といった問題があるので、予定を考えず、買取りの契約をしてしまうと、新車の納車日まで、クルマを使えなくなる事態となりかねないので納車日と売却日をきちんと理解した上で予定を組みましょう。

車買取の醍醐味は、いくつもの買取業者同士を…

クルマを売りに出す際の醍醐味といえば、複数の買取業者を互いに競合するように仕向けながら査定金額を売り手(あなた)によって引き上げられる、という点です。最高額を提示してくれる業者と契約を交わすことになるので、言い換えるなら、「オークション」で出品し、取引するのと似ています。並行して複数の業者から見積もりを取っていくうちに、買取業者から「早急にクルマを売ってほしい」と、申し出が来るとは思いますが、「別の買取業者の査定を待っているので」とすぐに回答することはやめてじっくりと買取り査定額を引き上げていけば問題ありません。

新車への買い替えを選択した際、ディーラーで下取りしてもらう人が…

新車に買い替える際、ディーラーでの下取りにより、要らなくなったクルマを処分する人がかなり多いといいますが、買取額を比較すると、例外なく、買取専門業者に買取りしてもらった場合のほうが経済的にお得になります。売却によって入ってきたお金は、新車購入費用に組み込めるので、多少の手間を必要するのが難点ですが、それ以上に経済的なメリットがあるので、一考の価値はあります。とはいえ、買取業者1社のみ、売却交渉を行ってもディーラー下取り時と変わらない査定額になるおそれがあるので注意しましょう。同じタイミングで、5~10社ほどの買取業者と強豪させていくことで、はじめて査定額アップが期待できるのです。

「リセールバリュー」に定評のあるクルマは、…

「リセールバリュー」が高水準なクルマは、売却処分する際、査定額が落ちにくい特徴があります。車種や用途によって「リセールバリュー」が期待できたり、その反対に低くなったりするおそれもあるのできちんと確認しておきましょう。そして、ボディの「カラー」によっても買い取り時の査定に大きな違いが出てきます。人気が集中するのは「白」なため、査定でも好結果が期待できます。その反対として、黄・緑・赤のように、万人受けしづらいカラーや、茶色みたいなぼやけたカラーは、買取価格が上がる可能性が低く、査定額の増額は期待しないほうが良いでしょう。

複数の買取業者へクルマを査定してもらいたくなった場合、…

複数の買取業者へクルマを査定してもらいたくなった場合、業者に1社ずつ連絡していき、査定してほしい旨を伝えるのも良いですが、非常に時間が掛かります。ですが、「一括査定サイト」を活用することで1度の手続きのみで一気に複数の地元で運営しているクルマの買取業者へ査定依頼を出せるため、ムダなく、クルマの売却が行えます。それにプラスして、「一括査定サイト」を利用した場合に得られるメリットがあります。依頼を受けた買取業者のほうも、競合他社がいるのをしっかり把握しているので、普段以上の査定結果を提示されるチャンスがある、というわけです。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加