中古車市場は、年式によって価格がかなり変動します。

Pocket

中古車市場は、年式によって価格がかなり変動します。…

中古車市場は、年式が価格に大きな影響を与えます。1年が過ぎるだけで残存価値は大幅にダウンし、理屈としては、6年を過ぎたあたりで残存価値はゼロとして扱われます。しかしながら、現実には、製造から10年以上を超えた場合でも買取業者から値付けしてもらえます。かなり古い年式のクルマであっても、廃車しようとしないで、中古車専門の買取業者での査定を考えてみてください。一括して複数の業者にクルマの査定を依頼しておくと査定額のアップを図りやすいので、実践してみてください。

廃車以外に用途が見つからない年季の入ったクルマや、事故車などは、…

廃車する以外での用途がない、そんなレベルの相当に古いクルマ、事故車などは売却処分することはできるのでしょうか?現実に買い取り業者に査定を出してもらい「ゼロ円」と言われてしまったら諦める人が殆どだと思います。そういった状況であれば、廃車や事故車を中心に買い取りしている業者を探してみると査定額がつく可能性があります。廃車・事故車を買取対象とする業者は、国内エリアでは市場価値がゼロであっても、需要が高止まりしている海外に輸出をして利益を出せるので、プラス査定を期待できるのです。

いらなくなったクルマを(買取りで)引き取ってもらう…

役目を終えたクルマを(買取りで)引き取ってもらうベストなタイミングはいつだろう、と悩まれてませんか?普通、買い取りしてもらうタイミングにより、査定での結果が上がったり、下がったりするのでしっかり良いタイミングで手放す必要があります。ですが、良いタイミングかどうかは、判断が難しいものですよね。将来、新車の買い替えをするつもりでいるのなら、新車購入されるタイミングを基準にしておくと、答えは見つけやすいはずです。処分する側のクルマを高値で売ろうと欲を張りすぎると、いつまでもチャンスが来ないばかりか、新車購入のチャンスも逃してしまうおそれがあるので要注意です。

クルマを実際に買い取りとなる前にゼッタイに…

クルマの買取りをしてもらう際、ゼッタイに「査定」のプロセスを経ないといけません。それを踏まえて、事前に洗車してボディをクリーンな状態にし、車内も気になる汚れは除去しておきましょう。クルマにキレイな印象があると、その点で査定額が間違いなくアップするワケではありません。ただ、査定士的に、クルマへの印象が間違いなく良くなっていきます。「この人は、クルマを丁寧に扱ってきたに違いない」と、感じてもらうことでトータルで見たときの査定額の引き上げを期待できるのです。

クルマは1台を長く乗り続けるのと、…

1台のクルマを10年くらい乗り続けるのと、数年程度で乗り替えしていくのとでは、どっちが正解と思いますか?少しでもお金を節約したい人にとっては、前者を選択しておいたほうが経済的にお得になります。でも、人生を楽しみたい人から見ると、それではもったいない気がするはずです。時間的な問題も考慮すると、付き合えるクルマの数にも限りがあります。「出来るだけ、カーライフを充実させたい」と強く願っているのなら、最適なタイミングで乗り替えていったほうが楽しめます。2度目の車検となる前に、速やかに買い取ってもらえば、残存価値が残っているため、高額査定となりやすいため、早々に次のクルマを購入するための資金が欲しい人は、早めに売却を検討してみるものアリかもしれません。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加