手持ちのクルマを売却してしまえば、自賠責保険の支払いを…

Pocket

手持ちのクルマを売却してしまえば、…

手持ちのクルマを売却してしまえば、自賠責保険の支払いをやめることができます。ふつう、自賠責保険はまとめて2~3年分の保険料を一度に支払うので、契約前の段階で解約したのなら、差額が返金処理されます。なお、自賠責保険は、民間の保険会社が提供しています。クルマを買ったその日から間違いなくこの保険に加入しているので保険証を確認しながら、解約の旨を伝えておきましょう。永久抹消登録、一時抹消登録を行っただけでは解約手続きは完了しないので、しっかりと解約することを忘れないでください。ということで、クルマを手放す際は、保険会社への自賠責保険の解約手続きを忘れないようにしておきましょう。

クルマを廃車した際は、納めた「自動車税」は返金対象になります。…

クルマを廃車した際は、納めた「自動車税」は返ってきます。クルマは廃車になると、今後、使用されることもないので税金が納めた側に戻るのです。が、売却処分した場合は、別のユーザーがそのクルマを使うことになるので、自動車税は返還、とはいきません。とはいうものの、中古ショップで売却した場合は、業者が返金する(査定に反映してくれる)ことも珍しくないようです。自動車税に関しては、「永久抹消登録」または「一時抹消登録」をするだけで自動的に解除される仕組みです。

近い内に、自動車を購入しようと思うのなら、…

自動車を購入する際は、価値(リセールバリュー)が落ちにくいものを選ぶことが無難です。その点をきっちり理解しておくと売却するとき、査定でガッカリしなくて済みます。通常、クルマの買取時の相場は、一律とはいきませんし、人気に応じて査定額も変化します。その事実を踏まえ、人気の集中する車種についてある程度、予備知識を持っておいた方が有利になります。この頃は、軽自動車、ミニバン、SUVが巷では人気なため、売却時に良い評価をしてもらいやすいので選択肢に入れてみてください。

車買取は下取りに比べて高く車を売ることができると…

中古車買取業者を活用することで、ディーラー下取りよりも査定額が高くなりやすい、と知っている人も多いでしょう。それは間違った情報ではないのですが、例外もあります。便宜上、中古車買取業者という名称がありますが、それぞれ、強みにしているポイントに差があることが少なくありません。車両の買い取りだけを専門にしている業者もいますし、買い取りと中古車販売をひとつの店舗で行う業者もいます。その他にも、輸入車だけを取り扱う業者もいますし、ファミリーカー(ミニバン・SUVなど)をメインにしている業者もいます。個々の業者の特徴を事前に調べてから買い取りの依頼を出しておくと間違いがありません。

クルマを手放そうと思う場合、お勧めなのは、…

クルマを売却・処分したい場合、もっとも良いのはフルモデルチェンジが発売される前、です。最近のトレンドではフルモデルチェンジの周期が長くなりがちで、それに加え、変更されるタイミングも一定の間隔、とはいかないものとなっています。であるため、正確な情報を取り入れるのが多少面倒に感じますが、マメにチェックしておき、売却のタイミングを図る必要があります。フルモデルチェンジが市場に投入されると、現行モデルは旧型になるため、買取査定もガクンと落ちてしまいます。この点に注意して、クルマを売却するタイミングは、納得できる最低額を提示してもらえるよう、フルモデルチェンジ版がリリースされる前に済ませておくのが無難です。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加