婚活ってすごく疲れます。恋愛をキッカケにして、…

Pocket

婚活ってすごく疲れます。恋愛をキッカケにして、…

実際に婚活をしてみると、心身が緊張し、疲れがどっとやってきます。恋愛を足がかりに、勢いで結婚した人たちを見るたびに、相当に難しい試験をたやすくパスしたかのように見えるのです。しかし、婚活中の私の身体は疲れているのか、と再考してみた結果、「真面目に婚活しているのに、結果が何も出ていない」ことが原因であるのは間違いないです。40代に差し掛かる時期まで婚活していると、どうしても最低限の礼節や、常識を持ち合わせてない人と出会ってしまう可能性が高く、そういった人と接すると、かなりのストレスに・・・。あいさつをしない人、自己紹介をしない人、職業不詳な人など、地雷のような人と関わるほどに、滅入ってしまいそうです。周囲の人たちのような、普通な形で結婚したいのになぁ。

私の結婚活動は、私の知人に協力してもらい、…

婚活をしはじめた頃、私の仲良しの友人たちに、良さそうな人を紹介してもらったり、お見合いの場をつくってもらっていました。そういった状況になると、お酒がある場でもあるし、お互い、大人でもあるのでニコニコと会話するのが常識ある大人だと思います。でも、ちょっと前に出会った男性にはそんな常識などありませんでした。ずっと帽子を脱がず、視線を併せず、話そのものを嫌がっていました。困ってしまい、理由を聞いてみたところ、「自分、コミュ障なんで」と。それを知り、本当に呆れてしまいました。気遣ってくれた友人に対し、深く詫ました。ただ、私が謝る意味があったのかは不明です。

婚活を成功させるためには、「お金」についても…

婚活の成功率を高めるためには、「お金」についてもしっかり管理しておいた方が絶対に良いです。そもそもお金に若干の余裕があるときは、あんまり心配しなくても良いのですが、この先、何があっても良いように準備しておきましょう。何故かというと万が一、婚活で理想の相手に巡り会えたとしても、交際費を作れないとなると、せっかくのチャンスを活かせないまま終わるでしょう。そのようなリスクを無くすためにも、婚活専用のお金を予め用意しておき、絶えず、3万円くらいは財布から出せるように改善をしていきましょう。

婚活は、今や珍しいのではなく、結婚方法として一般的になりつつあります。…

近頃、婚活は珍しいものとは思われなくなり社会に浸透してきてます。以前は、敷居が高い感じもあり、婚期を迎えた人たちの近寄りにくい集まりという連想をしがちでしたが、かなり若い世代でも、PC・スマホなどを用いて、シンプルにパートナーを探すことが可能です。今では婚活を恥じる、といった考え方も数年先には時代錯誤な考え方といわれる可能性が高いです。結婚にはかなり興味があるのに恋愛の機会に恵まれない、と悩まれているのなら、これまでの固定観念を捨てて、気合を入れて婚活でパートナーを探してみてはいかがでしょう?

結婚活動では、ひとりで活動していっても良いのですが、…

今から婚活をしていこうとお考えなら、あなた単独で行動しても良いですが、行動範囲がどうしても一人では狭くなりやすいので、気の合う人との出会いも頭打ちになりやすいのが難点でもあります。知り合いに婚活しているのをバレたくないと恥ずかしく感じてしまうことがひとりで婚活していく大きな理由になるのもある意味、仕方がないかもしれません。でも、自分にふさわしいパートナーと出会う可能性を1パーセントでも多くしたいと本気で思っているのなら、「結婚仲介業者」で探すのが無理がなくて良いです。入会費・更新費用などが掛かりますが、結婚という一大イベントでもあるので、その点を踏まえて考えると、高額ではないはずです。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加