婚活中に最低限基礎として、お箸の正しい持ち方と、…

Pocket

婚活中に最低限基礎として、お箸の正しい持ち方と、…

婚活をこれからしていくつもりなら、その第一歩として、キレイにお箸を持つことと、ただしい言葉遣いやしぐさをマスターしておきましょう。そのわけは頻繁に見るしぐさによって、どうきちんとマナーを心得ているかを相手はマメにチェックしていますし、キレイな動きは、婚活の成功率を高めるのは間違いありません。なので、真剣に婚活をがんばっていくつもりなら、礼節や基本的なマナーを疎かにしないように注意しましょう。当たり前ですがダイエット、メイク、ファッションなど、外見の努力は婚活では強みとなりますが、それと同様に男性が求めているものがあることを自覚してください。

男性っていうのはけっこう女性の手を見ていたりします。…

無頓着に見える男性でも、女性の手を見ていたりします。それ故メイクに余念がないような女性だとしても、手が乾燥して荒れていたり、爪の手入れをしていないと、ガッカリされるおそれがあるので定期的にチェックしましょう。ケアは大切といっても、大したことをしなくてOKです。数日に1回程度、少しだけハンドクリームを塗っておくだけです。あまりケアしないのと、ネイルアートをガッツリしすぎているのは婚活時、男性が引いてしまう可能性が高いので、ケバケバしさを出さないように注意しましょう。

わからないけど、私に結婚相手が見つかるだろうか・・・…

わからないけど、私も普通に結婚できるのだろうか、といった感じの悩みを持っていました。でも、近ごろは婚活をがんばっているので、悩みは小さくなった気がします。思ってみると婚活のやる気を出した当初は、どういった事から始めたら良いか、理解していなかったので、苦労しました。驚くことが多いのが今の婚活だと思います。婚活の意味は分かっているのに、具体的な話になるとあまり認知されてはいませんよね。一例を言えばインターネットによって結婚相手を探すのも婚活のひとつです。けれども私の場合、恋愛を普通にしたのちに結婚に至るのが当たり前、としか認識していませんでした。なので、婚活対象者をターゲットにしたマッチングサイトがあるなど、全く想像もしておらず、それを知ったときはかなりショックを受けました。

以前は相手を探すために親しい知人・友人に声をかけていきました。…

私の婚活では、男性を見つけるために、仲良くしている人たちに相談してみました。そうしたのは婚活を行動にうつしていく際は、仲間の多い・少ないが結果に響きます。私の場合は、人付き合いのうまい人、既婚の友人たちにアドバイスをもらい、学びを得ながら、行動していきました。それでひとりでどうにもならない時には、詳しく知ってる人から質問して解決していきました。婚活にはどういう服が好ましいかとか、やってはいけない事とか、男性が結婚相手に求めること、などです。色々な学びをしていくうちに婚活での可能性を感じられるようになりました。しかし、ちょっと駄目だったのは情報に頼りすぎたことです。周囲の意見ばかりすぐに求めるせいもあって、結婚はもう少し先になりそうです。

結婚するとなると、収入の多い少ないは、大きな問題といえます。…

やはり結婚を真面目に考えたとき、収入についての話題は避けて通れません。現実には私の年収は、魅力的なレベル、とはいえないので、それも改善していかないといけないのでしょう。だから婚活で出会った相手との会話もよくよく考えるとも相手が興味ある風には見えません。疑うまでもなく、婚活では年収が高いほど有利になるのでしょう。実際に、平均以上に稼いでいる私の友人は、婚活を始めてすぐに、パートナーとめぐり逢い、結婚しています。その状況を見てしまうと、婚活をする上で、自分には足りないものが多い、と思い知らされました。ポイントは私が婚活で良い結果を出すには、金銭的な問題を解消していく必要があります。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加