『人狼ジャッジメント』のプレイに必要となる時間は、…

Pocket

『人狼ジャッジメント』のプレイに必要となる時間は、…

『人狼ジャッジメント』の1ゲームあたりに必要な時間は、一律ではなく、参加人数によって変わります。ふつうのプレイヤー数9人の対戦の場合、「市民」は3名、「占い師」は1人、「狩人」は1名、「霊能者」は1名、「人狼」は2名、「狂人」は1名という形でゲーム開始となり、平均すると1プレイあたり30分~45分前後となります。オンライン人口が少なくなる午前中~昼過ぎであっても、9人参加型なら割と早くプレイヤーが集まり、ゲームが開始されます。いろんな役職が多数参加する20人対戦の場合は、休日、祝日、夜などのプレイヤー人口が高くならないとマッチングが終わるまでに時間が掛かるでしょう。

課金することで、機能拡張もできます。…

『人狼ジャッジメント』は、ゲームアプリのダウンロードと基本プレイは無料で誰でもできますが、機能拡張をしたい場合には、課金が必要となります。次に、オンライン対戦は、1日あたり5回までは無料でプレイはできるのですが、さらに遊び続けたい場合は、課金が必要になります。さらには、各ゲームキャラクターのイメージピクチャを変更したり、対面対戦用の役職の追加も、課金によって可能となります。対面対戦用の役職は基本8職は無料でプレイできますが、のこり46職のセットが4,800円で提供されている他、150円にてひとつずつ購入もできます。対面対戦では46職もまんべんなく使用する機会がほとんど無いので、どうしても欲しくなった時に1職ずつ購入していくほうがムダがなくて良いと思います。よくあるカードゲームとは異なり、課金によってゲームが非常に楽になる、というワケではありません。

『人狼ジャッジメント』での対面対戦では、回数に制限はなく、…

『人狼ジャッジメント』での対面対戦は、回数に制限などなく、基本的なスキルを持った役職を使用できるので無課金の状態であってもゲームをしっかり楽しめます。修学旅行、合宿、クリスマスのようなクラスメイトと集まったときや、お盆・正月といった家族で集った時のように、人が多数いるシーンでのプレイはもっと楽しいのですが、家族5人だけで勝敗を決める時もさまざまなドラマが展開されるでしょう。お父さんが狩人で、お母さんを保護していたはずなのに、でも、お母さんは人狼だと判明し油断していたために夜に襲撃された、とか。白熱しすぎて本物の揉め事に発展してしまうおそれもあるとか!?

スマホゲームならではの強みといえば、…

スマホゲームならではの強みといえば、真っ先に思い浮かぶのが課金によって快適にプレイできる、という点です。若かった頃はテレビゲームを毎日、しかも長い間ずっと飽きることなく遊んでいました。しかし、社会人として毎日慌ただしく生活していると、緩やかにゲームのやる気がガクンと落ちてくるのです。日々の仕事によって心身が疲弊していくと、過去に楽しかったはずのRPGのレベル上げすら面倒くさく感じるのです。しかし、やる気自体が減った分、財力はあります。課金して、体力の消耗具合を抑えて高性能のキャラクターやレアアイテムを難なくゲットできる。時間に制限がある社会人にとって、課金システムは素晴らしいと思います。

私はしばらくのあいだ、毎朝4時に起きる生活を続けています。…

私はしばらくのあいだ、毎朝4時に起きる生活を続けています。会社に向かうのが9時くらいなので、かなりの時間が空いてます。休業日であってもこの習慣を継続してきました。なぜかといえば、私が最近ハマっているスマホゲームで配られるログインボーナスの更新時間帯が4時であるからです。家族から起きるように声をかけられても効果がなく、毎回、寝坊や遅刻ばかりだった私を助けてくれたのが、スマホゲームだったのです。巷では、スマホゲームはは中毒性が高く、依存するようなものはそばに置いておくべきではない、といった意見もありますが、私はそのような意見は真に受ける必要はないと思っています。スマホゲームをうまく活用すれば生活の改善にも役立ちますよ。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加