キレイに別れることができれば、良い思い出として人生の…

Pocket

キレイに別れることができれば、良い思い出…

キレイな形で恋人との関係が終われば、美しい思い出として人生の糧になってくれます。楽しい思い出ほど数年してから思い出すにつれすごく心が満たされるキッカケになります。それとは反対に、キツい別れをした場合では、記憶が残るあいだ、ずっと腹が立ってしまうのではないでしょうか?どのみち別れるならば、やっぱりポジティブな気持ちで別れたいものです。

悲しいと思ったときには、なぜかというと、…

何も手に付かないくらいの悲しみに直面したら気持ちをガマンするのは精神衛生上、よろしくありません。なぜなら、感情を押さえつけると、ムダに多くの「ストレスホルモン」が心身を蝕むからです。そうしている内に悪影響は私生活だけに留まらず、仕事面でも悪影響が出てしまいます。実際に悲しさに直面したら精一杯、泣いてみるのが無難です。しっかり泣いてストレスを身体の外へと追い出し、心身の状態を健康に保ちましょう。

子供の頃は誰かに対して恋する事に…

子供の時は誰かに対して恋する事に羨ましさがありましたが、現実に誰かに恋をしたら、どうして自分の感情をコントロールしていいのかなんとも理解できず、気持ちが晴れることなくモヤモヤします。これが両想いだと確信があったなら下手な言葉でも好きだと打ち明けられるのですが、自分だけが相手に恋していたなら感情を抑制して見切りをつけなければなりません。そこが非常に心が痛むところです。

どんなに頑張ったところで良い結果が見込めない人には…

どんなに頑張ったところで良い結果が見込めない人にはどうしようもなくなる程好きになる前に一線を引くべきと私は感じます。けれど、明るい見通しのある相手には気持ちを抑えながらも、定期的にメールやラインなどでやり取りをしてお互いの気持ちを探り合っていきます。自分に対して相手が好意を感じていたならば二人で会いたいと言ってくると思うので、自分の気持ちをそこで改めて確かめたりしっかり相手について知ることができるまたとない機会です。

中学時代の恋愛は、年齢が一つ上の人でしたので…

中学校の頃の恋愛は、一つ上の人でしたので二人で通学りたり同じ塾へ通う途中のバスで話をしたり、地元で開催されたお祭りでデートするだけで満足でした。こうしてどうすれば手を繋げるのか色々考えすぎたり、初めて経験したキスでドキドキしたり…でも最後には彼の私に対する気持ちの重さに耐えられなくて破局しました。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加