シャドウバースの「侮蔑の絶傑ガルミーユ」については、…

Pocket

シャドウバースの「侮蔑の絶傑ガルミーユ」については、…

シャドウバースの「侮蔑の絶傑ガルミーユ」って、ナーフ(弱体化)が入ってからも未だ強いままです。調整される前も非常に強かったので、現行のバージョンでもエンハンスで使用しさえすれば全体に一点ダメージ+自身が進化+そして自身がダメージを受けた場合に相手フォロワー1体と相手リーダーに3点ダメージが発生するのでとても価値があります。といった感じで、最新バージョンであってもメリット大なカードと言えるのですが、やはりナーフが入る以前よりも威力が減ってしまったので気をつけておいたほうが良いでしょう。

シャドウバースの12月付けのアップデートは、…

シャドウバースの12月のアップデートは、混乱した人が多くいらっしゃることでしょう。このアップデートの中でも「スカルリング」の3コス→4コスへの変更は謎でした。でも、この調整によってメリットが得られるようになりました。残念ながら運用コストは増えましたが、反対にネクロマンスが要らないために、中盤の「オルトロス」や後半の「デスタイラント」のタイミングでその後に必要なネクロマンスを持っておけるようになりました。ここで、どのデッキに入れるべきかが問題になりますが、やはり「骸の王」デッキが無難な選択ではないでしょうか。4コスで盤面には3体出せるようになるので、入れておきさえすれば、「骸の王」を出現させやすくなります。

今の環境ではほぼ目にしなくなりました。…

シャドウバースの「ダークアリス」は、消滅を使えるカードが増えた今の環境下ではさほど目にしなくなりました。ネメシスの「プライムアーティファクト」では、7コス5/5でラストワードで復活可となる「ダークアリス」とほとんど似た効果を持っているのですが、「プライムアーティファクト」は欠点ナシ、その一方、「ダークアリス」は、フィールド、手札、デッキ内にあるネクロマンサーの全てのカードを消滅が発動条件という深刻な犠牲といえます。それでも使用する場合は、「サタン」、「ルシフェル」、「バハムート」といった類の強力なニュートラルカードが入っているデッキをあらかじめ用意しておいた方が良さそうです。

シャドウバースに存在するレジェンド版「モルディカイ」は、…

シャドウバースに存在するレジェンド版「モルディカイ」は、最新アップデート後には、あまり見ないカードになりました。というか、リアニメイト軸のネクロそのものを見ないはずです。その原因となっているのは2つです。第一は、ゴールド版「ケリドウェン」のナーフ(弱体化)が原因となっています。最新版の「ケリドウェン」は、8コス以内のモンスターしか復活対象にならないため、前バージョンのリアニメイト軸のフィニッシャーだったレジェンド版「モルディカイ」や「ゼウス」みたいなカード類を早い段階で呼び出せなくなりました。もう一つの問題がリアニメイト軸よりアーカス軸が強い、という点です。コンボパーツを手札として色々と用意しておかないと手詰まりになるリアニメイト軸より、「幽霊支配人・アーカス」さえ呼び出せれば安定さを保持したままフィニッシュ可能なアーカス軸ネクロのほうが使い勝手が良いためです。

最初期のパックから存在した「ホーリーメイジ」は、…

最初期のパックから存在していた「ホーリーメイジ」は、ちょっと前までほぼ活躍することもないカードだったのですが、調整後は、今まで出番のなかった「ホーリーメイジ」をメインに据えたデッキが猛威を振るっています。この原因を招いているのは「黄金都市」です。こちらのカードを使用すれば、アミュレットをすぐに発動できて、1コスで疾走モンスターを出せるほか、ドローもカンタンなため、相手リーダーの体力を瞬時にまとめて削れるのです。そこで畳み掛けるように潜伏を持った「ホーリーメイジ」を使えば、すぐさまフィニッシュまで持っていけるので、戦略的にオススメです。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加