結婚式に二人で参加なら祝儀袋の名前は?芳名帳は?引き出物の数は?

Pocket

二人の連名で結婚式の招待状が来たのならば返信には出席する人の
数だけ名前を書きますが、当日の祝儀袋の名前も連名でいいのでしょうか

芳名帳には二人の名前を書くのでしょうか?

けっこう間違った人が多いですね。


二人で参加する結婚式の祝儀袋に書く名前は?

二人が夫婦でなく同棲でも連名で招待状が来ることはありますね。

その場合は、実質夫婦と見なしているわけですから、二人が参加するのだったら、当然二人の名前を書いて返信をします。

まれに、男性の名前だけを書いて返信をする人がいますが、それだと「一人だけの参加」なのか「二人が参加」なのか、わからなくて困りますね。
 
 
 
これは、多くの方が問題なくするのですが、問題は結婚式の当日にご祝儀を出すのに、祝儀袋に名前をどう書くかが迷いませんか?

真ん中に男の名前を書き、その左に女の名前を書くといっているサイトがあります。
あるいは、二人の名前を左右に書き、その間の空白を真ん中にするともあります。

職場の人達が連名で祝儀袋を出すならこれは間違いではありません。
 
 
 
しかし、結婚式では家単位でものを考えるのが正式です。
ですから、家を代表する者は家長(世帯主)の名前があれば、それだけを祝儀袋に書けば足りるのです。

つまり夫婦だったら夫の名前だけ、同棲していても男の名前だけを書くべきです。
 
 
 
それを無視して女性の名前も書くと、わかった人が見ると「出しゃばりな女だ!」と思われ、ときには非難されます

ただし、もし妻を世帯主にしている場合は、妻の名前を書くべきです。
しかし、そこは男の面目を失わせるのは問題になるかもしれませんから、あえて男の名前を書いてあげることはいいと思います。
 
 
 
ちなみに、芳名帳には二人の名前を書きます
普通は新郎側と新婦側になっていますから、夫婦でも別の芳名帳に書くこともあります。

連名で招待状が来たけれど、妻だけが出席する場合はどう書く?

では、二人が招待されたけれど、都合で一人だけが参加する場合はどうなるでしょうか?

返信は、当然参加する人の名前だけを書いて、かつ一人だけが参加することも念のためメッセージで書いて知らせましょう。
 
 
 
しかし祝儀袋の名前は、あくまで家長の名前が正しいです。

ただし、芳名帳の方は参加した人の名前を書きます
ややこしいですね。(笑)
 
 
 
また、花嫁が妻の職場の同僚で夫がほとんど顔見知りでないのに連名で招待状が来た場合には、あえて妻だけが出席するのなら祝儀袋も妻の名前を書くのもありだと思います。

家を主体に考える結婚式として考えるか、あくまで個人で花嫁と個人的に付き合うつもりなのかの違いですね。


祝儀袋を2つにすると引き出物の数も2つになります!

連名で招待状が来た場合が、夫婦ならば当然祝儀袋は1つになるでしょうが
単に同棲している場合は、姓が違いますから、祝儀袋は別にした方がいいと思うかもしれません。

しかし、返信は1つで二人の名前を書いた場合は、引き出物は1つだけが用意されます。

ところが、祝儀袋が2つだと、引き出物も2つが必要になりますから、トラブルになります。
 
 
 
つまり、返信の数=祝儀袋の数=引き出物の数になるべきなのです。
 
 
 
もし、引き出物が2つ欲しいのでしたら、「私達は同棲はしても、結婚はしてないから、別の家族だ」と明確に伝えなければなりません。

まず、電話でそれを話して、納得してもらって、返信も2つの葉書で別に出さなければならないです。

まとめ

男女同権と言われていますが、まだまだ実現は遠いですね。

結婚式は、特に家長ということをうるさく言われますから
どうしても世帯主が男性が多いから、男女同権は難しいのでしょうか?

そもそも世帯主というのが必要なのかな?と思います。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です