祝儀袋を連名で職場で出す時の書き方は?金額はいくら?

Pocket

祝儀袋というのはもらった時にはあまり気にしなかったでしょうが

使う立場になるとマナーを気にしなければなりません。

祝儀袋を職場で出す場合は連名が多いですが、その場合のマナーについてまとめました。


祝儀袋を連名で職場で出す

職場の人が子供が産まれたり、結婚をしたりすればお祝いをすることがありますね。

うんと親しい間でしたら、個人的にお祝いを贈ることもありますが、たいていは贈る金額もそれほど多くはないですから、職場で連名の祝儀袋に包みます。
 
 
 
お金を集めたり、祝儀袋を用意したりすることを上司に命じられたりしたら、落ち度のないように気を使いますね。

まず、祝儀袋には赤と白や金と銀の水引がありますが、2種類あるので間違えないようにしましょう。

祝儀袋蝶結び
お祝いでも、何度もあってもよい出産などには、「蝶結び」をします。蝶結びとは、解いてまた結ぶ時に使う結び方になります。
祝儀袋結び切り
一方、1度だけであって欲しい結婚の時に蝶結びを使ったらたいへん失礼になります。結婚のお祝いには「結び切り」の水引を使います。
 
 
 
また祝儀袋も非常に豪華なものから水引が印刷された簡略なものまであります。

これは、包む金額を反映しています。

超豪華の祝儀袋は、最低5万円、普通は10万円以上の時に使います。

水引が印刷されたものは、5000円以下の場合に適しているでしょう。
だから、4人が1000円ずつを合わせて連名で出すような場合です。
 
 
ちなみに色付きの祝儀袋もありますが、これは中身を反映しているのではなく
格式が高くないとき、どちらかと言うとカジュアルになります。

ですから、結婚式の披露宴などには適しませんが、職場から連名で出す時には使っても問題はありません

祝儀袋の連名の場合の書き方は?

連名が二人や三人なら、表に並んで書いていいです。
もちろん、右側が年長もしくは上司です。

4人以上の連名は、表には書ききれませんで、表には
○○会社営業部一同のように書き
中に別紙を入れて、そこに全員の名前を書きます。
 
 
個人で直接にご祝儀を出したりして、全員が出していないときは
○○会社営業部一同でなく○○会社営業部有志一同のように書きます。
 
 
また、課長などが代表で、部下が連名で出す場合は
代表者の名前を書き、その左に「外一同」を書きます。
中に別紙を入れて、そこに全員の名前を書きます。
 
 
 
 
内側には、個人で出す時は表には「金三万円」のように書き裏には姓名を書きますが、

連名の場合は表には全員の合計の金額を書き、名前を裏に書きますが4人以上なら別紙に書きます。

名前に一言のメッセージを添えると、さらに喜ばれると思います。
 
 
全員が同金額なら問題はありませんが、人によって金額が違う場合は
それぞれの名前に金額を書いておきます。
名前の書く順番は、金額の大きい人からで、同金額なら上司・年長からです。

金額によって、お返しを変えるのに都合がいいからです。
 
 
 
なお、表に書く名前はできれば筆で書きますが、筆ペンでも可ですが、ボールペンはよしましょう。

連名の名前は、筆跡が同じになるように一人の人が全部を書きます

筆で書くのが苦手な場合は、パソコンで印刷するのも許されます。


祝儀袋を連名で出すときの金額はいくらぐらいが適切?

個人でご祝儀を出すのならば、結婚式なら出席するのならば3万円で、欠席するのなら5千円から1万円が相場ですが、連名の場合は個人の場合の3分の1から半分くらいが多いです。

ただし、20人とか50人とか大勢の場合は、さらに出す金額は減っていき、一人千円となったりします。
 
 
 
連名の場合で注意するのが、合計金額が4万円(死)、9万円(苦)、13万円などは縁起が良くないので避けなければなりません。

とはいえ、集まったらその金額になった場合もありますね。

その場合は、9万円集まったら、1万円で商品を買って、残り8万円をご祝儀として贈ることがよく使われます。

まとめ

祝儀袋でお金を贈るのは、美しい習慣ですが、儀式にはしきたりがあります。

些細なことではありますが、気になる人にとってはたいへんなことです。

上に書いたように、それほど難しいことではないので、間違いのないように祝儀袋を使いましょう。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です