ブライダルフェアの模擬挙式の流れと内容。感想と意味は?

Pocket

ブライダルフェアで模擬挙式というのをよくやってますね。

披露宴は自分達のオリジナルが言われますが、
挙式は式場で決まっている部分が多いですから
一度、模擬挙式に参加して、イメージをつかんでいるといいです。

模擬挙式ってどんなもので、それに出た人の感想はどうだったでしょうか?



ブライダルフェアの模擬挙式とは?

ブライダルフェアの模擬挙式とはモデルや式場のスタッフが
花嫁花婿になり、本物の挙式と同じようなことをします。

参加者はその挙式に列席者席で招待客の立場で参加しますから
具体的な挙式がどんな雰囲気の中で何をするかがわかります。
 
 
 
本番より冷静な気持ちですから、儀式のひとつひとつがどうやるか
その意味が何かを理解しやすいですね。

キリスト教式でも宗派によっては違いがありますから
実際に使う式場の模擬挙式は必ず参加することをオススメします。

 
 
 
まれにゲストからスペシャルで花嫁や花婿が選ばれることもあります。

それとララシャンスベルアミーやホテルマリターレ創世久留米は
模擬披露宴でなく体験挙式ができるようです。

模擬挙式の流れと内容はこんなものです

挙式はチャペル式ならば、映画等で見るものと
あまり変わりはありませんと言う人もいます。

確かにそう一面はありますが、実際に実時間で体験すると
やはり受け取る印象は違います
 
 
 
キリスト教式の挙式の流れは、主に次のような内容になります。

・花婿が入場
・花嫁が父親と入場して、花婿と共に残る
・賛美歌斉唱
・牧師が聖書を朗読
・誓いの言葉
・指輪の交換
・新婦のベールをあげ誓いのキス
・結婚宣言と証明書に署名
・二人が退場する
・フラワーシャワー、ライスシャワーなど

時間は本番と同じですから20分~30分です。

もし、途中で退場するのなら、後ろの通路側か立ってみるようにして
邪魔をしないようにそっと退場をしましょう。


模擬挙式に参加した感想と意味があった事は?

初めはよくわからないのでイメージをつかむために参加するかも
しれませんが、やはり参加するすると感動した人が多いです。

チャペルの雰囲気がとても気に入った
聖歌隊の讃美歌に感動しました
賛美歌も演奏の音響がすごくよかった
牧師からの言葉に感動した
二人で歩いていると感動的で泣きました

このように感想をみると、結婚式準備のやる気が湧いてきたようです。
 
 
 
この他にも、冷静な感想を述べている方もよかったと思います。

・新郎がどこを歩くのか
・聖歌隊が何人で、どこで歌うのか
・牧師先生の人柄
・言葉遣いや所要時間
・実際の雰囲気とイメージ
・ゲスト席から新郎新婦がどんな風に見えるか

など、模擬挙式に参加したからわかったことは多いです。
 
 
 
また模擬挙式の意味は、それぞれの式場で実は挙式がさまざまだと
わかりますから、どの式場を選ぶかの大事なポイントでもあります。

ある方は、ベールダウンやバージンロードそして両親への挨拶など
一つ一つにきちんと思いが込められていましたが
一方、他の式場ではそれらのやり方も形式的で説明もなかったです。

従って、とうぜんどちらの式場を選んだかはわかりますね。
 
 
 
また、模擬挙式に参加してみたら、牧師の言う誓いの言葉が長すぎる
賛美歌があまり好きくなかったなど、マイナスの評価で出ることもあります。

その場合は、プランナーに相談して変えてもらったそうですから
そういうことも模擬挙式の意味になりますね。

まとめ

ブライダルフェアで多くの時間を取りますが、模擬挙式は
その式場ならではの挙式もありますから参加することはオススメです。

本番の結婚式では自分達が主役を務める挙式ですが
模擬挙式はそのリハーサルをゲストの目線でみられるので
思いがけない発見があったりして、楽しいものです。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です