ブライダルフェアに友達と行って試着や試食をしても大丈夫?

Pocket

ブライダルフェアに本当は彼と行きたくても、仕事があるとか
なかなか都合がつかないときがありますね。

そんな時に友達と行くのは、便利だしメリットも多いです。

ですから、ブライダルフェアに行きたかったら友達を誘うのは賢いことです。


ブライダルフェアへ友達と行くのはメリット一杯です!

彼と二人で行くブライダルフェアというのは、真剣にいろいろ見て
結婚式の見積もりをされて、強引に勧誘がされるでしょう。

それもいいけど、その前に一度友達とフェアに行ってみるのも
メリットはいっぱいあります。
 
 
 
彼と一緒でないと、いろいろ見積もりをしてもらっても
その日に契約を取ることは難しいと
プランナーもわかっていますから、勧誘もそれほどでないと思います。
 
 
友達が既婚だと、既にプランナーと話して結婚式を迎えていますから
こんなオプションはそれほど感動しないとか、
思い切ったこともズバッと言ってくれて、プランを冷静に判断してくれます。

未婚者であったも、第三者ですからブライダルフェアの雰囲気に
舞い上がっている自分より冷めた目で物を見れますし
金額的なことも遠慮なく質問をしたりできます。
 
 
またブライダルフェアというのは、女性にとっては楽しいことばかり
ですが、男性にとっては待っていることが多かったりして
案外つまらないとか飽きたと言う人が多いです。

そういう男性と一緒だと、つい遠慮をしてしっかり見ることが
難しくなることがあります。

その点、女性である友人とは装花やドレスや指輪などを見ても
一緒に楽しめますので、気軽無くじっくりと見れます
 
 
 
最後に、同じ女性でも花嫁と招待客とは意識も式で座る位置も違います。

花嫁から良くても、招待客からはあまりどうかと思うこともあります。
友達とブライダルフェアに出れば、ゲストとしてはどうかという
観点での感想を聞ける
のも有意義です。

ブライダルフェアで試着をするのも友達と行ってOK?

女性の友達とブライダルフェアに行って試着をするのはオススメです。

ただしフェアによっては「彼と一緒でないと、試着をできない」
という所もありますから、ブライダルフェアに予約する時に
友達と行っても、試着ができるかを確認しましょう。

契約をとれるお客様だけを大事にしているところと、
長い目で見てお客様になるかもしれないと歓迎してくれるところと
違いがあります。

営業成績を重視しているのか、お客様を大切にしているのかを
見極めるのに友達と試着をできるかを使ってもいいと思います。
 
 
憧れのウエディングドレスを試着するのは女性は盛り上がります。

まずドレスなどを見ているだけでもアドレナリンが出ます。(笑)

どうしても高い衣装がより良く見えてしまいますが、
なんでも言い合える友達と行くと、楽しいし冷静な目で見やすいです。
 
 
なおブライダルフェアによっては試着は1着だけという所もあります。

またドレスは試着できるが、着物はできない所もあります。
 
 
 
なお、ブライダルフェアによっては試着がドレスだけでなく
メイクなども体験するイベントが同時に行われることもありますから、
この際に思い切って自分を美しくして楽しみましょう。

ドレスを着たら教会で写真を撮りたいと思うでしょうが
残念ですが、ほとんどが着替えた衣装室で撮ることになります。
 
 
 
なおドレスの試着だけが目的なら、ブライダルフェアより
ドレスショップに頼んだ方が時間もゆっくりとれていいと思います。

あるいは、ブライダルフェアでないときに試着をさせてくれるのなら
普通の日に行ってさせてもらうこともオススメです。


ブライダルフェアの試食は美味しいから友達も喜んで!

結婚式で出る料理を食べる試食も楽しいことですね。

花嫁が式の時には、どれだけ食べられるかわかりませんから
是非、試食で味わっておきましょう。

 
 
とはいえ、試食にもいろいろのやり方があります。

まず有料と無料の試食会があります。

有料の場合は、本番と同じコース料理が出るでしょうが、
値段はだいたい半分くらいですからコスパ抜群ですね。
 
 
無料もフルコース試食付きとある場合もありますが、それは例外で
多くの場合はハーフコースや限定コースになります。

あるいは1品があるだけの試食会もありますし
時にはそれも普通の半分くらいのボリュームの試食もあります。

スイーツも付いたり付かなかったりで、飲み物も飲み放題もありますが
種類も量も限られていることもあります。
 
 
要するに本格的に料理を味わわせる試食会から
単に「無料試食」という言葉で人を集める試食まであります。

ブライダルフェアの狙いは「相談会」にありますから
それを忘れないでおきましょう。
 
 
 
また試食会は模擬披露宴の中に組み込まれていることが多いです。

ですから、単に料理を味わうのではなくて、本番の挙式を
待客の目線で感じることをできますから
冷静な目で会場のコーディネートなど、いろいろなことをチェックしておきましょう。
 
 
 
なお、無料試食の場合はボリュームが少ない場合もありますから
その場合は、ランチやディナーの代わりにはならないことも考慮しましょう。

また試食会は大勢の人が集まる曜日や時間帯だけではありません。
ですから、平日の昼間など空いた時間に行けば
豪華な食事をゆっくり味わって食べられる可能性もあります。

まとめ

友達とブライダルフェアに参加するのは、熱々のカップルが多い中で
ちょっと肩が狭いかもしれませんが、何でもぶっちゃけたことを
話せるのは彼よりも友達だということは多いです。

是非、彼と行く前に一度は友達とブライダルフェアを体験しておくことをオススメします。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です