結婚式費用を安く抑える交渉術!契約後でもできるの?

Pocket

結婚式は一生に一度だから後悔のないように
自分の夢やあこがれはできるだけ実現したいですが

反面、何百万円というお金を使うので、できるだけ
節約をしたいのも本音ですね。

どうしたら結婚式費用を安く抑えられるかをお知らせします。


結婚式の費用を安く抑えるには何が大事でしょうか?

自分達が出す結婚式の費用を少なくするのに
一番効果的なのは両親にある程度でも負担してもらうのです。

でも、それは両親に余裕がなければ無理ですし、
出してもらうと、心に負担が残る可能性もあります。
 
 
次にありがたいのが親戚です。

親戚だとご祝儀を5万円以上出してくれる方が多いです。
披露宴は1人5万円かかると言われますから
ご祝儀が10万円など、多ければ黒字になります

しかも友人などは3万円が相場ですから赤字のうえに
次は友人が結婚すれば、3万円の出費になります。

しかし多くの親戚は既婚者ですから、祝儀はもらうだけです。
ただし遠距離だと、交通費がありますから要注意です。
 
 
 
あと結婚式を祝儀を頂くのではなく、会費制にすることもできます。

しかし、会費制にすると、豪華な結婚式は無理になります。
 
 
ちなみに、2次会の費用は幹事代行会社に頼むと
主催者の持ち出しは0円で、けっこう楽しい2次会をやってくれます。
 
 
 
あとブライダルフェアがあると思いますが、その時だけの特典もあります。

特典が全部で60万円以上になることもあります。

また、提携しているジュエリーショップで指輪を買うと
指輪代を30%割引とか、ブーケをサービスしてくれるなどもあります。
 
 
 
あとは式場のグレードを下げないで費用を抑えるには

・オフシーズンの日に行う
・値段の安い施設使う
・何かをやらない
・何かを持ち込みをする

になります。
 
 
オフシーズンは、平日や仏滅はもちろんですが
2月や8月など寒かったり、暑かったりするので
結婚式は少なく、安い料金が設定されることもあります。

逆に5月~7月、10月~11月は結婚式はシーズンです。
時期が未定なら、ざっくばらんに聞いてみることをオススメします。
 
 
安いといえば公共の施設、たとえばマリアージュなど互助会系式場ですね。

https://www.gojyokuru.net/

また共済も格安で、都内在住か都内勤務でしたら都民共済が
80名で140万円からのハッピープラン
港区の第一ホテル東京や千代田区のホテルグランドパレスなどで利用できます。

http://tomin.jp/bridalplaza/index.html

衣装は新郎新婦がそれぞれ2着で全部で5万円ですから、嬉しいですね!

都民共済は周辺の県でも式場がありますし、
東京以外の共済でも同様なことをやっているのでは?
 
 
 
何かをやらない・・・・

キャンドルサービスでもケーキカットでも、やらなければ
とうぜんお金は要りませんから、費用は少なくなります。

どこが妥協ができて、どこが譲れないかを考えてみましょう
 
 
 
持ち込みは、着物など今ある物使ったり、自作したりするのですが
とうぜん多くの場合は費用は安くなります。

ただし、自己責任で行うことになります。

また持ち込み料を取られることが多いですし、持ち込み禁止という施設もあります。
 
 
 
また多くの式場ではパックプランなど割引料金で提供する企画があります。

これは、それなりに安いのは事実ですが、何かを止めて安くするという融通が効かないことがあります。

また多くの場合、ついオプションを付けてしまい、結局はそれほど安くないこともあります


結婚式費用をまけてもらう交渉術!

さて、実際に結婚式場でプランナーと話して費用の見積もりを見ると
始めの時に基本プランで出されると「わりと安いな」と思いますが

実際に話しをしていると料理のグレードアップをしたり
オプションをつけたりすると、気がついた時には

最初の見積もりより100万円以上も高くなってびっくり
することってよく聞く話ですね。
 
 
基本プランとはベーシックつまり最低ランクです。

時には標準プランというかもしれませんが、
客寄せの廉価版ということです
 
 
料理は不味いわけではないですが見栄えはよくありません。
装花は地味で、参加者には「お金を節約した」とわかります。

それを覚悟してするつもりならいいですが、皆と同じくらい
と思うのなら、初めからはっきりとそういうことを言っておきましょう

  「一番、よく使われるランクで見積もってください」
  「多くの方が使うオプションを入れておいてください」
  「後から、オプションを入れて価格が高くなるのは困ります」

と、いうようなことを言っておきましょう。

そして、こちらの要望を装花はどれくらいか、料理はどのランクか
など明確に伝えておくことも大事です。

それで、出てきた見積もりが最大となったら、そこから交渉をするのです。
 
 
正直に「私達の予算は○○万円が限度です」と言っておくのもいいです。

そうすると、

「じゃあ、これとこのオプションを外して、これは半額にします。」

というふうに、プランナーが妥協点を出してくれます。
 
 
 
まず価格交渉は契約前にするのが常識です。

可能なら、最近結婚した人から明細を見せて説明をしてもらう
何がいくらくらいで、何が値引きされたのかと交渉の内容がわかって
自分達が交渉するのに、とても役に立ちます。
 
 
交渉するなら基本的には相見積もりをして、比較をするのです。
かなり思い入れがある式場があっても、それでも他に2つは見ましょう。

結局は思い入れがある式場に決めるにしても、相見積もりをすると
価格は下がりますし、他の2つが思いかけずにいいこともあります。
 
 
では、具体的に何を値引きをしてもらうのでしょうか?

基本的に、料理とか装花や引き出物などは
式場もお金が出ますから大きい値引きは難しいですが

器材使用料や着付け料などは、式場に元々あるものですから
値引きは可能だと考えられます。
 
 
1円もお金を使っていないのに大きいのが、持込料ですね。

ドレスやビデオなど、自分で用意できるのならば
持込料を無しにしてもらえると嬉しいですね。

ただ交渉が「とにかく値引きをしてください」では嫌われます。

「母の形見で、是非一度着て欲しいと言われているドレスなので」

と理由を言うと、プランナーも譲りやすくなります。

また衣装や引き出物の持込料は、「必要なら店で負担する」という
店もありますから、確認してみましょう。
 
 
同様に、けっこう高いのがレンタル料です。

ドレス、カラオケ機材、プロジェクターなどいくつもあります
交渉次第で、無料にしたり、半額にしたりしてくれます。

また先勝の日に夕方からの披露宴をする場合は
交渉で披露宴会場や控え室が無料になった人が多いです。
 
 
装花はお花の種類や色目を指定すると高くなりがちです。

「お花については、色や花の種類や花器などは気にしません。
 ただし貧相にならないようにボリュームを出してください」

と言うか、お花よりグリーンを多めに使ってもらうとか、
テーブルに散らしてもらって豪華に見させるのもうまい手です。
 
 
 
あとは、小さいものは無料にしてくれることもあります。

たとえば、デザートビュッフェ、ペーパーアイテムなどです。
 
 
値引きではなくて、ドリンク等をランクアップというのも多いです。
 
 
 
 
そして契約前の最後の段階で、もう契約してもいいなあと思ったら

「いろいろがんばってくれてありがとうございます。
 もし、あと○○さえしてくれれば、契約をします。」

と、「契約する」ということを餌に、数万円ぐらいなら値引きをしてくれこともあります
 
 
 
あと、ないかもしれませんが、コネを使うことをオススメします。

親戚でも義兄でも、式場に勤めている人だと部門が違っても使えます。
式場を訪れる前に電話をして「そちらで結婚式をしたい」と伝えます。

社員紹介、家族紹介、業者紹介などだと、割引してくれる所が多いです。
 
 
あるいは同じ(グループの)式場を使った知り合いがいるのなら
紹介してもらうと割引してくれるし、知り合いにもお礼をくれます。
 
 
 
ちなみに、やってはいけない値引きの交渉もあります。

とにかく

  「安くして下さい」

との一点張りで、少しでも安くという気持ちが出ます。
 
 
あるいは、相見積もりをした複数を競わせそうと、
他社の値段を引き合いに徹底的に値引きを要求します。
 
 
 
そういう感じで行けば行くほど・・・・険悪になります。
 
 
そういう風に値切ると式場側の対応が悪くなります。

プランナーが雑に扱ったり、当日のスタッフが減らされたりし
結局、ブライダルのめでたい気持ちがしおれてしまいます。
 
 

結婚式費用の交渉は契約後だとできない?

結婚式費用の交渉は契約前にするものだと言いましたが、
契約後に交渉することは無理なのでしょうか?

契約が仮契約であれば、もちろんどんどん交渉次第で変わりますが
本契約をした後では、一切値引きはないと思ってください。
 
 
もちろん見積もりが間違っている事があります。
その場合は、交渉して正してもらいましょう。
 
 
それから衣装が3点欲しいのだけど、最初は標準の2点にしておく。

そして、気が変わったから衣装を2点→3点にしたい。
ただ少し値段を勉強してほしい。

とお願いするいうのは高等戦術ですね。

式場としては、少々値引きをしても儲かるわけです。
式場も利益になるのなら、交渉も本契約後でも可能ではあります。
 
 
 
あと本契約後にお得なパックの紹介があることがあります。

成約者向けのフェアで、期間限定特典付きのドレスとか
装花とブーケのパックなどがあったりしてお得です。

契約後も成約者向けのイベントがあれば足を運びましょう
損をすることはないと思います。。

まとめ

結婚式の費用を抑えるためのノウハウをお知らせしましたが
費用がかかるのは、結婚式以外にも新婚旅行や新居準備が笑えない金額です。

結婚式とは一世一代のイベントですが、他人からしたら
「数ある他人の結婚パーティーの1つ」でしかないのが事実です。

ですから、新生活がお金で苦労をしないように、
省ける所は省いてするのが賢いのではないでしょうか?

 
 
とはいえ、あまりケチった披露宴で参加者達に

  「ご祝儀を取って黒字にしている。不愉快だった」

と散々な陰口を叩かれている人のようにはならないようにしましょうね。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です