ハウスウエディングとホテルの比較!メリットとデメリットは?

Pocket

一生に一度の晴れ舞台ですから結婚式で失敗は絶対したくないですね。

どこで結婚式をするかでかなりのことが決まります。

ある程度は費用はかけられるのなら、結婚式といえばハウスウエディングとホテルウエディングがありますね。

どちらも良さ、欠点はありますが、詳しく紹介します。


ハウスウエディングとホテルウエディングはどちらがいい?

ハウスウエディングとホテルウエディングはどちらがいいと言っても
それぞれ好みがありますし、招待客の年齢なども違いがあります。
 
 
一般的にいえば、ハウスウエディングの方が雰囲気たっぷりの場所で
自分達のオリジナルな演出をした結婚式をあげられます

ハウスウエディング
ですから大聖堂とプールとプライベートガーデンのある
豪華なゲストハウスで派手にやりたいという花嫁は多いです。

ただしお値段が高めですし、最近はホテルもできる範囲で
ハウスウェディング風の事もできますよというプランを出しています。
 
 
ホテル挙式の方がいいという方は、「スタッフの質が全然違います」
と言うのをよく聞きます。

長い歴史と伝統があるホテルの方が言うことが奮っています。

 「うちは結婚式だけじゃないですから。」
 「これからも来て頂きたいから、最高の接客で臨んでいるんです」
 
ホテルの対応は目を見張るものがあります。
 
 
詳しい比較は具体的にはこの下でしていますが、
結婚式場を選ぶ際に、忘れてはならないことは予算以外に参加者のことです。

ひとつは年配の方が大勢いらっしゃるのならホテルが無難です。
特に遠距離から来られるのならホテルなら心配がありません。

また格式、しきたり、形式を重んじるのならなおさらです。
 
 
もうひとつは子供の参加です。

赤ちゃんなら授乳スペースもオムツ替えの場所も必要ですし
子供も別室を用意する必要も考えるべきかどうかです。
 
 
それに車イスの方や身体が不自由な方がいらっしゃるのなら、バリアフリーであることも大事ですね。
 
 
最後にアレルギーがある方には、配慮して食事を用意してもらえるのかをチェックしてあげましょう。
 
 
 
ですから、ホテルかゲストハウスかという観点だけでなく
招待客のことを考えて式場を見られることが良いと思います。

ハウスウェディングのメリットって何?

自分の憧れていた結婚式を実現するのに一番よいのは
なんといってもハウスウエディングではないでしょうか?

ガーデンもある豪華な式場で思い通りの演出をして
綺麗なヴァージンロードを歩くのが夢という女性は多いです。

ただしハウスウエディングにもメリットはありますが、
デメリットもたくさんありますから、慎重に選んでください。

ハウスウェディングのメリット

やはり貸し切り、あるいは1日2組だけとしているので
時間を気にせずに挙式ができるのが最大のメリットです。

ですから、他の式の親族や花嫁とバッティングすることもありません。

建物や庭など、どれも超豪華なことが多いです。
そして内容も自由度が高く、思い切った演出をすることができます。

ガーデンも貸切なら、シャンパンオープンやケーキカットなどを
お庭でする開放感のある結婚式も可能です。

ハウスウェディングのデメリット

ハウスウエディングの弱点は駅から遠い、交通の便が悪いというのが大きいですね。

駅からタクシーかバスを利用しないとならない式場もあります。
 
 
全般的にスタッフが若いので、接客面がイマイチなことが多いです。

ただし、バイトした経験によると、ホテルに負けない接客をする
スタッフもいますから、具体的に式場を見て評価しましょう。
 
 
全般的にハウスウエディングの方がホテルウエディングよりも値段が高めです。

もちろん、どちらもピンからキリまでありますが、同じ程度の場合
おおまかに言えば、100万円程度高いと覚悟しましょう。

 
 
あと演出がハウスウエディングのウリですが、自分の意見がないと
エンドロールなどどこでもやっている流行りの演出になります。

また、自由度が高いといっても、とうぜん制約や制限はあります。
ですから、事前によく確認をしておきましょう。
 
 
年配の人が多い場合、ハウスウエディングに対するイメージが
ホテルに較べて低い
のは考えておきましょう。

年寄りに評判が悪いと、後が怖いです。
 
 
ホテルに較べてゲストハウスは無くなってしまう可能性もあります。

ゲストハウスがつぶれてなくなった親戚は、思い出がなくなってショックを受けたと言ってました。
 
 
それから1日2組の場合は、10時からと16時からという具合になり
13時からというのは無理になります。

問題がなければいいのですが、主婦が出られるかとか
2次会の時間がうまく作れるかなど注意が必要です。
 
 
 
あと、美しいガーデンもハウスウエディングのウリですが
になるとお庭での企画が流れてしまいます。


ホテルウエディングのメリットとデメリット

ホテルは伝統があり、格式もあるところが多いですから
昔はいい結婚式はホテルと決まっていたものですね。

ホテルウエディングのメリット

ホテルならその場所を知っている人が多く、かつ駅から近くアクセスがいいので
遠距離から来た人でも行くのは簡単です。

しかも、前日から泊まる場合も、ホテルなら一番近い場所ですから
当日も余裕も持って参加できます。
 
 
また知名度の高い老舗ホテルなら、年配の親戚などは
ブランドとして豪華な式場と感じて評価が高いです。
 
 
実際に広いロビーや待合室、トイレの数や多さなどは
ホテルに一日の長があると思います。
 
 
 
ゲストハウスも良い場合もありますが、ホテルの場合は
ほとんど確実にスタッフはよく訓練されています
しかも、スタッフの人数も多いです。
 
 
料理もホテルは名のあるシェフを使ったりして
たいては皆さんが美味しいと言われます。

ホテルウエディングは、外から運んでくることが多いですが、
時に料理に不満が出ます。
 
 
 
あと結婚式が終わってからもホテルは使うことがありますね。

ホテル内のレストランの割引券や招待券をもらえたりします。
宿泊も割引料金になったりして、記念日にまた来ようと
考えられるのがホテルのメリットです。
 
 
それとゲストハウスも豪華ですが、ホテルも豪華です。

私の個人的な感想ですが、
ゲストハウスは豪華に華やかに”見せている”感じがして
ホテルは実際に高いものを使っているという感じがします。

ホテルウエディングのデメリット

ホテルでの結婚式で一番評判が悪いのは式場の中で
他の花嫁とすれ違うことだと言われます。

自分だけが花嫁と思っていたのが、
実は大勢の中の一組と気がつくのが幻滅ですね。

ただし、最近は都内などでは1日2組限定としたりしてますし、
スタッフが注意をしてバッティングがないようにしているホテルも増えています。
 
 
一日に5組も10組も挙式をするようなホテルの場合は時間も厳しいです。

後の組がいますから、時間内で閉式をして、帰るのもせかされることがあります。
 
 
 
ホテルによりますが、披露宴の式場が狭くて、内装もイマイチなことがあります。

そして演出もいろいろしようとしても、器材などの持ち込みに制限があり、ありきたりのことしかできないホテルも多いです。
 
 
 
あと、有名なホテルだと、サービスの面では問題はないですが
料金はハウスウエディングと変わらないと覚悟してください。

まとめ

ハウスウエディングとホテルウエディングの比較はどうでしたか?

おおまかに言うと、次のことをクリアできればハウスウエディングをしたらどうかと思います。

・価格が高い

・高齢者(祖父母など)が多い

・口のうるさい両親や親戚がいる

・偉い方が多い

・スタッフの経験の低さ

そして、当日の天気に恵まれることを祈ります。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です