ラッシュガードは着たまま泳ぐ?上がったら寒い?おすすめは?

Pocket

ラッシュガードって色もいろいろあって海には持っていきますね。

でも、海に入る時は脱がないとおかしいのでしょうか?

もし着たまま海に入ると、上がった時に寒くて着替えなければならないかしら?

ラッシュガードについて、まとめました。


ラッシュガードは着たまま泳ぐって変?

海に行きバンドゥビキニなどの上にラッシュガードを着ますが
海に入るときにはラッシュガードは脱ぐ人が多いですか?

最近はラッシュガードを着たままの人が増えています。

ラッシュガードを着ることは日焼け対策として必須ですし
体力の消耗も着ているとぜんぜん違います。

また水温が低い時には、水着だけでは震えます。(笑)

だから、ラッシュガードは着て海に入っていいのです
 
 
じゃあ、泳ぐのもいいのか?って思いますね。

基本的には泳ぐときもラッシュガードは着た方がいいです。

とくにシュノーケルで泳ぐと長く同じ姿勢で泳ぎますね。
そうすると背中が日に焼かれすごいことになってしまいます。

そう日焼け対策は、泳いでいる時も必須なのです。
ラッシュガードもUVカット率の高いのを使いましょう。

UPF50+なんてラッシュガードなら最高ですね。

 
 
ただしラッシュXXXといろいろ出てきた中には
海に入ると厚手のTシャツで入るのと同じように
水分を吸って重たくなり、なかなか乾きません。

材質がポリエステル80% ポリウレタン20%とかならいいけど
そういうのは綿が35%なんてなっていたりします。

材質を調べるのが苦手なら、速乾とか「そのまま海に入れる」と書いてあるものを選びましょう。

ラッシュガードは海から上がっても着ていると寒い?

ラッシュガードを海でも着ているのが日焼け対策でも大事ですが
海から上がって濡れたラッシュガードを着ていると寒くないですか?

寒いか寒くないかは、人にもよるけれど
濡れていれば、それが乾くときに水分が蒸発しますから温度は下がります
 
 
気温が30度以上くらいなら、吸った水も温度が高く
少々温度が下がっても寒くはならないです。

それが25度くらいになると、冷えて寒さを感じる人が多いです。

あと、風が激しいと、やっぱり寒くなりますね。
 
 
ただ速乾のラッシュガードなら、それほど長い間濡れていないので
あまり寒くなる前に乾くことが多いです。
 
 
それでも寒いという方もいますが、冷え性なのでしょうか?

それなら脱いで、体を拭いてから、別のラッシュパーカーなどを着るようになりますね。
その場合、脱いだラッシュガードを日向で乾かせておきましょう。


ラッシュガードはなぜオススメなのでしょうか?

ラッシュガードがなぜこんなに人気があるのでしょうか?

もちろん紫外線対策が大事なことですが、それ以外にも
ラッシュガードがオススメな点はこんなにあります。

寒い時に暖かい

涼しい時に海に入るのなら、ラッシュガードが必須ですね。

体型を気にしなくてよい

水着を着ると体型をもろに見せますね。

自信がある人はいいけれど、多くの人がどこか欠点を気にします。

それがラッシュガードを着れば、体型を隠してくれます。

肌も汚くても見られない

肌、特に背中が手入れもしずらいし、ニキビができたり
けっこう汚い人が多いです。

ラッシュガードを着れば、肌も隠してくれます。

ムダ毛を隠してくれます

ムダ毛というのは、気がつかない所にも生えてしまいます。

背中に産毛が生えていたりすると水着では恥ずかしいですね。

ラッシュガードを着ることでムダ毛も隠してくれます。

肌を守ってくれる

もともとラッシュガードというのは「肌荒れを防ぐ」という意味です。

海では貝殻や破片などで肌を傷つけることがあります。

それもラッシュガードが守ってくれます。

まとめ

海に行くのならラッシュガードは必須ですね。

まめな人なら2つラッシュガードを持っていくか
あるいはラッシュガードとラッシュパーカーを持っていきます。

濡れて寒ければ、着替えれば暖かいです。

暖かければ濡れたまま着ていればOKですね。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です