シミが薄く!ホワイト377配合の美白クリームとハイドロキノンの美白作用

Pocket

シミが薄くなることを期待して美白化粧品を使いますね。

シミは予防はできるが、できてしまったら消すのは無理でしょうか?

ホワイト377配合の美白クリームとハイドロキノンの美白作用は期待を持てます。


シミが薄くなる

シミは、一度できてしまうと、なかなか消えないと言われています。

少しでもいいから、シミが薄くなったら・・・そんな風に考えている人も、少なくないようです。

できてしまったシミを消すのは大変ですが、薄くするのはそれほど難しくはありません

では、どうしたらシミが薄くなるのでしょうか?

 
 
シミが薄くなるためには、どうしたら良いのでしょうか?シミ対策として、いわゆる美白化粧品を使用している人は多いようです。

美白化粧品を使用すれば、シミが薄くなるのでしょうか?美白化粧品は、肌を白くすることを目的にした化粧品ですし、シミが薄くなることを期待するのは当然です。

 
 
しかし、美白化粧品の目的は、あくまでも肌を白くすることです

シミを消したり、薄くすることではありません。

そのため、美白化粧品を使用したからといって、シミが薄くなる可能性は低いです。

というのも、美白化粧品は、メラニン色素を作るのを抑制する効果を期待して作られたものが大半です。

シミは、肌にメラニン色素が残ったことでできています。

新しくメラニン色素が再生されないようになったとしても、今あるメラニン色素がなくならない限り、シミは薄くなりません。

つまり、美白化粧品では、シミを消したり、薄くすることは難しいのです。

 
 
とはいえ、最近では、シミに効く成分を配合した美白化粧品も登場してきているようです。

シミを薄くしたいのであれば、そうした成分が配合された美白化粧品を使うのがおススメですね。

ホワイト377配合の美白クリーム

美白成分には様々な種類がありますが、最近注目を集めているのがホワイト377という成分です。

植物が原料で、抗酸化作用に優れている上に、刺激が少なくて敏感肌の人でも使えると評価の高い成分です。

副作用も少ないようです。

そのため、ホワイト377配合の美白クリームが増えているようです。

 
 
まずは、ホワイト377の特徴を紹介しましょう。

これまでは、美白成分といえば、ハイドロキノンでした。

ハイドロキノンとホワイト377は、何が違うのでしょうか?ハイドロキノンは、メラニンに直接攻撃してメラニン色素を薄くします。

そのため、美白効果に関しては即効性が期待できます。

メラニンを薄くする効果だけであれば、ハイドロキノンの方が上です。

しかし、その分、肌への刺激が大きく、赤みや白斑などの副作用の可能性が高いことが否定できません。

 
 
しかし、ホワイト377の美白予防効果はかなり高いといわれています。

ホワイト377には、これから生成されるメラニンの発生を徹底的ブロックする効果があると言われています。

メラニン抑制の力はハイドロキノンの2000倍あると言われています。

そのため、日焼け後のケア用の美白クリームとしても注目を集めているようです。

 
 
では、ホワイト377配合の美白クリームを使うとしたら、どうしたら良いのでしょうか?日中に使用制限のあるハイドロキノンとは異なり、ホワイト377は一日中使用可能です。

そして、日々の紫外線ケアと併行することで、美白効果が高まります。

紫外線ケアを忘れないようにしましょう。

ハイドロキノンの強力な美白作用

強力な美白作用があることで知られている成分の一つに、ハイドロキノンがあります。

戦前戦後の頃から化粧品に使用されていた成分なのですが、漂白作用が強すぎて使用が禁止されていたほどです。

最近になって、使用が認められるようになり、美白化粧品を中心に配合される化粧品が増えているようです。

 
 
ところで、ハイドロキノンの強力な美白作用とは、どのようなものなのでしょうか?ハイドロキノンには、シミの原因であるメラニン色素の生成を阻止する働きがあります。

そのため、強力な漂白作用・美白効果のあるとされています。

 
 
では、どの位の美白作用があるのでしょうか?ハイドロキノンの使用が再度認められるようになるまで、美白成分の主流は、ビタミンCやアルブチンでした。

ハイドロキノンは、そのビタミンCやアルブチンの100倍ほどの美白作用があると言われています。

 
 
ビタミンCには、メラニン色素の生成を抑制する改善作用があります。

アルブチンは、シミの元やメラニン合成に関わる酵素に作用し、メラニンの生成を阻害します。

そのため、これから出来るシミの元を排除するのに効果があります。

しかし、既に出来てしまったシミを消すことはできません。

しかし、ハイドロキノンは、既にできてしまったシミを取り除く効果が期待できます。

 
日焼けやシミの原因へとつながるメラニン色素の生成を抑える効果があるだけではく、シミを直す効果も期待できるのです。

それゆえに、強力な美白作用が期待されているのです。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です