妊娠検査薬の正確さは?判定が陰性でもつわり?フライングをしたら?

Pocket

妊娠検査薬は妊娠しているかを簡単に教えてくれますが
その正確さはどのくらいあるのでしょうか?

つわりがあったけれど、妊娠検査薬では陰性という結果が出るのはどうしてですか?

妊娠検査薬を使う時期ってあるけれど、フライングをしたらどうですか?


妊娠検査薬の正確さはどのくらい

妊娠検査薬の正確さはどのくらいあるのでしょうか。

市販の妊娠検査薬の箱には99%などと記載されています。

では、本当に99%の判定結果が出るのでしょうか。

これは、正しい使用方法で行えば、正確さは9割といわれているのです。

そのため、陽性反応のラインが出ることは妊娠をしたということになります。

ですが、最終的な判断を行うのは、医師の診察によって決まりますので、陽性反応が出たら病院を受診するようにしましょう。

 
 
では、どうして妊娠検査薬の正確さはここまで高いのでしょうか。

それは、妊娠をしないと妊娠ホルモンが分泌されないからなのです。

そして、生理予定日から1週間後に分泌量が確実に増えているので、検査をすると結果が判定されるというわけなのです。

つまり、妊娠検査薬に間違いはなく、正確な結果が出るというわけなのです。

 
 
しかし、妊娠検査薬を使用して陰性だったのに、妊娠をしていたという人も中にはいます。

このような人は、妊娠ホルモンが少なすぎて陰性となっている場合があるのです。

そして、生理予定日の計算間違いをしている可能性もあります。

そのため、不安だったら一度病院に行き、検査をしてもらった方がよいのです。

 
 
このように、妊娠検査薬の正確さは99%あり、確実なものだといえます。

よって、陽性反応が出ている人は、確実に妊娠をしているということになります。

また、陰性であっても生理がこなく妊娠している気がすると思う人は一度病院を受診して調べてもらった方がよいでしょう。

つわりは妊娠判定薬陰性でもあるのか

妊娠判定薬陰性でもつわりはあるのでしょうか。

妊娠判定薬は妊娠をしているか判断するのに一番正確なものだと言われています。

しかし、陰性なのにつわりを感じるのはおかしいと思う人も多いでしょう。

実際に、妊娠判定薬陰性であってもつわりを感じる人は多くいます。

妊娠判定薬陰性ということは、まだホルモン濃度が低いという証拠なのです。

しかし、妊娠をしていれば早い人ですとつわりを感じる人もいるのです。

 
 
よって、妊娠判定薬陰性であった人はもう少し時期を開けてからもう一度検査をしてみるとよいでしょう。

そうすることで、陽性反応が出るはずです。

妊娠判定薬は生理予定日から1週間後に使用すると明記されています。

よって、フライング検査などを行うと陰性である可能性が高いのです。

そのため、正しく妊娠判定薬を使うようにしてください。

 
 
つわりを感じる人は妊娠5週目からといわれています。

また、眠気や倦怠感を感じる人もいます。

しかし、これらは生理前の症状と似ているため判断しにくいところもあります。

そのため、妊娠判定薬を使用するのです。

もし妊娠を望んでいるのであれば、妊娠判定薬陰性であったとしても、期間を開けてもう一度チャレンジしてみるとよいでしょう。

そこで陽性反応が出るかもしれません。

 
 
また、もともとホルモン濃度が低いという人もいます

そのため、何回も妊娠判定薬陰性でつわりを感じるという人は病院を受診した方がよいでしょう。

つわりは病気ではありませんが、症状が酷い人ですと、ご飯を食べられず水も受け付けられなくなってしまいます。

よって、点滴の治療をするようになるのです。

フライングをして妊娠検査薬を使うことについて

子どもが欲しいという思いから、妊娠を望んでいる人ほど、妊娠検査薬をフライングして使用すると思います。

しかし、市販の妊娠検査薬というのは、生理予定日から1週間後といわれています。

ですが、フライングをしても検査結果が出る場合もあり、これは個人差があるようです。

 
 
妊娠をすることで妊娠ホルモンが分泌されます。

これを妊娠検査薬で検査することで、妊娠をしたかどうかがわかるのです。

この妊娠ホルモンというのは週数が増えるほど増えていくものなのです。

そして、市販の妊娠検査薬は50mIU/ml感知となり、この数字に達するのは3週目からとなります。

よって、フライング検査をして結果が出るという人は、妊娠ホルモンがすでに20~50mIU/mlに達しているということになるのです。

 
 
だからといって妊娠検査薬をフライング検査することはおすすめできません

なぜなら妊娠することはできたとしても、きちんと着床することができなければ、確実に妊娠をしたとはいえないのです。

よって、化学流産を知ってしまう可能性があるのです。

化学流産は妊娠したけれど、着床することができずに流産してしまったということです。

 
 
これはフライング検査を行わなければ知らなくてもよかった結果だからなのです。

よって、妊娠検査薬をフライングすることはメリットもありますが、デメリットも存在するのです。

化学流産を知ってしまうことで、気持ちが落ち込んでしまう人もいると思います。

そのため、妊娠検査薬は正しく使った方が傷つかなくてよいこともあるのです。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です