大学生の一人暮らしの部屋の家賃の平均や相場は?奨学金はどんなのがある?

Pocket

大学生の一人暮らしの初期費用はいくらになるのでしょうかね。

東京の家賃の相場はどれくらいでしょうか?

仕送りで足りない部分はバイトで稼ぐことも可能ではありますが、奨学金を利用するのも賢い選択だと思います。


大学合格から入学まで:大学生の一人暮らしが始まるまで

子供が大学に入学してくれることは大変うれしいことと言えますが、それと同時に出費がかさみます。

自宅から大学に通学できればそこまで費用がかかりませんが、必ずしも自宅から通えるところに入学できるとはいえません。

そのため、大学生の一人暮らしがスタートするというわけです。

大学生の一人暮らしの初期費用は50万円から70万円程度と言えます。

なので、計画をきちんと立てて予算内に抑えられるようにしましょう。

 
 
大学に入学して、大学生の一人暮らしで平均的な家賃は男性が62000円で、女性が63800円となっています。

大学の寮で一人暮らしを始める場合は、寮費と生活費で月50000円程度となっています。

寮に入ることができれば、生活費も含まれているので最低限の生活を送ることができます。

 
 
親からすると初めて一人暮らしをさせることはとても不安なことばかりだと言えます。

ですが、一度は親元を離れて一人暮らしをさせてみるのも良いことだと言えるのです。

大学に入学して初めて一人暮らしをすることで親のありがたみを感じることができるからなのです。

なので、大学生の一人暮らしをさせるには初期費用がかさみますがこれもよい経験の一つだと考えるべきです。

 
 
大学合格から入学するまでの期間は大変短く、その間に行わなければいけない手続きがたくさんあります。

よって、親の頭はパニック状態になりやすいので、ついつい急いで生活用品をそろえてしまいがちで結果として高くついてしまうことが多いです。

このような状態にならないためにも前もって予算を決めて計画を立てることがおすすめといえるのです。

大学生の一人暮らしの部屋の家賃の平均や相場について

大学生の一人暮らしには色々と出費がかさみますよね。

新生活の準備はもちろん、毎月家賃も支払うことになります。

よって、親の負担はとても大きいと言えるため、部屋を選ぶ前に家賃の平均や相場を知っておくことが大切だと言えます。

そうすることで、これからの出費も予定が立ちやすくなるといえるのです。

 
 
では、大学生の一人暮らしの部屋の家賃はどのくらいが適切なのでしょうか。

まずは親からの仕送りの金額から一人暮らしの部屋の家賃を考えていきます。

家賃というのは収入の3分の1にするのが妥当であるため、親の仕送りが15万円であるのであれば4.5万円くらいの家賃が妥当であると言えます。

 
 
そして、大学生の一人暮らしの部屋の家賃の平均は過去5年間を見てみると5.5万円程度にとどまっています。

しかし、これはあくまで平均であり、首都圏となれば家賃ベースが高いため、平均の金額で収まることはなかなかありません。

また、家賃ベースが低い地方もあるため、あくまでも平均と言えるのです。

つまり、基本的なことは親の仕送りの収入をベースに家賃を考えることが大切であると言えるのです。

 
 
また、大学生の一人暮らしの部屋選びのポイントとしては、学校との距離や間取り、ガスの種類やインターネットが使えるかというのが重要となります。

これらによって家賃が変わり生活費も変わってきますので、家賃と同様に慎重に選ぶことが大切だと言えるのです。

今まで説明した内容を踏まえて、大学生の一人暮らしの部屋を探してみてください。

奨学金と一人暮らしをしている大学生との関係

大学生になり一人暮らしを始めるとなると色々な経費がかかります。

一人暮らしを始めるための家具や家電で初期費用は20万くらいかかり、さらに毎月家賃や生活費が必要となるのです。

そして、学校の授業料もかかりますので、親の負担は大きいということが言えます。

そこで、奨学金を借りてこれらに当てる人はとても多いです。

また、奨学金には色々な種類があり、返済の仕方も異なったりします。

そのため、きちんと内容を把握しましょう。

 
 
奨学金の主なものは日本学生支援機構です。

これには、第一種と第二種の奨学金があり、第一種は無利息、第二種は利息付きというものでどちらも返済しないといけません。

これを利用している人が大学生では最も多いと言われています。

また、奨学金は大学独自で行っているものもあり、貸与型と給与型の両方があります。

2年時以降に利用できるケースが多いです。

 
 
また、地方自治体の奨学金制度もあり、保護者が自治体の住民であることによって借りることができ、貸与型が多いです。

日本学生支援機構と併用が不可の場合が多くきちんと調べることが大切です。

他に、民間団体からの奨学金制度もあり、新聞配達員として働きながら奨学金を受けることができるものもあるのです。

 
 
このように、大学生で一人暮らしをする場合、様々な費用がかかります。

そこで、このような奨学金を利用することで、大学に通えたり生活費に当てたりすることができるというわけなのです。

また、親の負担も減らすことができますので、大変便利な制度と言えます。

現在、大学生で奨学金を利用している人は5割以上ですので、これから利用を考えている人はきちんと内容を確認してからにしましょう。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です