女性の一人暮らしなら防犯グッズが必須!物件の条件は2階だけではない!

Pocket

女性の一人暮らしなら必須な防犯グッズにはどんな物があるでしょうか?

住む物件の条件は2階以上はもちろん防犯対策上必須ですが
それ以外にもチェックするべきことは多々有ります。


女性がアパートで一人暮らしをするなら防犯グッズが必須

女性の一人暮らしはとても危険なことがいっぱいです。

そのため、アパートで一人暮らしをするときは防犯グッズが欠かせません。

これをもっていることで、犯罪などから自分の身を守ることができるのです。

また、防犯グッズはどのようなものがあるのかわかっていない人もきちんと学んで購入をしておくようにしましょう。

 
 
では、女性がアパートで一人暮らしをするときに、必要な防犯グッズについてご紹介します。

まずは、男性の下着です。

これが防犯グッズと思うかもしれませんが、外に洗濯物を干す時に、一緒に男性の下着を干すことによって、防犯対策となるのです。

よって、1枚でよいので、購入しておくようにしてください。

また、窓には補助錠をつけるようにしましょう。

100円ショップでも購入することができ、不法侵入を防ぐことができます。

 
 
また、窓だけではなく、玄関用の補助錠も防犯グッズとして大変便利です。

ドアを2ロックにすることで、安全性が高くなるのです。

お金がかかっても補助錠はつけておいたほうがよいのです。

そして、女性がアパートで一人暮らしをするときは、防犯ブザー催涙スプレーも購入していてください。

これは外に出る際に持ち歩くことで、自分の身を守ることができるのです。

 
 
このように、女性がアパートで一人暮らしをするときはこのような防犯グッズを購入しておくことが大切です。

そうすれば、犯罪から身を守ることができるため、安心して毎日を過ごすことができます。

他人事のように感じる人も多いですが、自分にいつ降り注ぐかは想定できません。

よって、毎日防犯グッズを持って生活をするようにしてください。

女性の一人暮らしで妥協してはいけない物件の条件

一人暮らしをする女性は、いざ何かあった時に助けてもらうことができません。

また、男性が襲い掛かってきたら抵抗することができません。

よって、一人暮らしをする女性の場合、物件を探す時に妥協してはいけない条件があるのです。

この条件をきちんと押さえておかないと住んでから後悔することになってしまいます。

そのため、始めが肝心ですので気を付けて探しましょう。

 
 
一人暮らしの女性が妥協してはいけない物件の条件としてオートロックがあることです。

これがあることで家賃が高くなってしまいますが、ないと家の前を人が通ったときに気配を感じ不安になることが多いのです。

さらに、カメラ付きインターホンがあるとより便利です。

これは、怪しげな勧誘を断りやすくするためにとても必要なものといえます。

 
 
次に、一人暮らしの女性が妥協してはいけない物件の条件として洗濯機置き場が外にあるかどうかです。

外にあると、空き巣や変質者に狙われやすくなってしまいます。

また、気楽に洗濯をすることができないため、洗濯物を部屋の中に溜め込みやすくなってしまいます。

そのため、ズボラ女子になってしまう原因にもつながります。

 
 
また、洗濯機置き場に関連して、室内乾燥機があるかどうかを確認してください。

女性の一人暮らしで洗濯物を外に干すのは大変危険です。

よって、室内乾燥機があれば外に干す心配もなくなり、女性が一人で住んでいるということもわかりません。

なので、防犯対策にもなるのです。

どうしても外に洗濯ものを干さなくてはいけない場合は、男性物の下着を一緒に干すようにすると女性の一人暮らしだということがばれません。

女性の一人暮らし:2階は防犯対策にならない

女性の一人暮らしは心配なことがたくさんあります。

そのため、少しでも防犯対策を行わないといけません。

女性が一人暮らしをするときは2階に住むことで、防犯対策になると言われます。

とはいえ、2階であっても防犯対策が完璧とはいえないのです。

なぜなら、2階からでも侵入することができるからです。

よって、侵入されるところがないかをきちんと確認する必要があります。

 
 
女性が一人暮らしをするときに防犯対策がきちんとなっているか確認しておくポイントについてご紹介します。

まずは、2階に住む場合であっても、エアコンの室外機や配管、自転車置き場などを足場にして侵入される危険性がないかチェックする必要があります。

これを確認しておくと2階でも安全であるかを判断することができるのです。

 
 
次に、ベランダや窓が死角になっていないかを確認してください。

高層階に住む場合、ベランダや窓が死角になりやすくなっています。

そのため、注意が必要となるのです。

これは、外から上を見上げて侵入者がいた場合であっても人目につきやすいか確認しないと、不審者に侵入される可能性があります。

 
 
また、オートロックも防犯対策になりますが、安心できるわけではありません。

不特定多数の出入りができないかを確認する必要があります。

管理人さんがいると不審者も入りにくいのでチェックしてみてください。

そして、共有スペースに関係者以外の人が入りにくいかも確認しておきます。

そうすることで、防犯対策をきちんと行うことができるのです。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です