キャッシングで10万円借りた時の利息は?借りたお金が払えないときは?

Pocket

キャッシングでお金を借りることは恥ずかしいことではありません。

ただし借りたお金には利息を合わせて返せなければなりません。

その利息の額をちゃんと知っておきましょう。

毎月の返済額が少ないと楽になりますが、その分利息は多くなるのです。


キャッシングで10万円借りた時

旅行や大きな買い物をするときに、キャッシングで10万円借りたりすることがあるでしょう。

初めてキャッシングをするときは、返済日に一括で返そうと思うことでしょう。

ですが、最低返済額に魅力を感じ、リボ払いにしてしまうことがあります。

毎月、支払う金額が少ないので安心と思われがちですが、実際に返済を伸ばして利息を多く払っていることになります。

 
 
消費者金融のノーローンという会社は返済方式がリボルビング払いとなっています。

ここで、最低返済額が3000円でよいので、安心してしまいがちですが、1年返済しても、元本はたったの2万円しか支払っていないのです。

そのため、まだ8万円もの返済が残っているのです。

つまり、キャッシングで10万円借りても、最終的には借入額よりも支払った利息の方が多くなるというわけなのです。

 
 
よって、キャッシングで10万円借りたらできるだけ早く返さないと利息で損をしてしまうというわけなのです。

最低返済額の3000円が魅力なのはわかりますが、結果として損をすることになるのです。

このまま、最低返済額を支払い続けると、3年以上かかり、総額で20万円弱返すことになってしまいます。

利息の10万円があれば、もっと自分に投資できたのではないでしょうか。

 
 
このように、キャッシングは借りるのは簡単ですが、返済の計画をきちんと立てないと損をすることになります。

また、借りているお金というのは、自分のお金ではないことを認識しておくことも大切です。

よって、借りたらすぐ返す、これが基本となるのです。

そのため、お金との付き合い方をきちんと学ぶことが大切です。

キャッシングの利息について

キャッシングを利用すると利息を支払うことになります。

この利息は会社によって設定が異なりますが、借りる金額によってそれほど差がありません。

もし、少額で短期間返済できるようでしたら、無利息キャッシングサービスを利用した方が、利息を支払うこともないので、とてもお得に利用することができます。

よって、キャッシングを利用する前に、返済計画をきちんと立てることも必要であり、会社比較をすることも大切なのです。

 
 
ここで、キャッシングを利用する前にシミュレーションをしてみましょう。

20万円を30日間借りるとして、金利が18%の設定の場合、30日後に一括返済をするとなると202,959円総額で支払うことになります。

この利息2,959円を高いか安いかと判断するのはあなた次第ですが、30日間無利息サービスを利用すれば、2,959円を支払わなくても済むことになるのです。

 
 
先程は、一括返済のシミュにレーションを行ってみましたが、36回払いにするとどうなるのでしょうか。

20万円を借り入れて利息が17.8%を36回払いすると、毎月の返済額は7,210円となり、返済総額は259,557円となります。

よって、利息は合計59,557円となるのです。

これが、12回払いにすると、月々の返済額は18,316円となり、支払総額は219,796円となります。

よって、利息の合計は19,796円となるのです。

 
 
いかがでしたか?キャッシングを利用して、返済をするときに、返済方法が異なれば、利息を支払う額もこのように変わってくるのです。

36回払いは、毎月の返済額が少ないので、無理なく返済できそうですが、利息を多く支払うことになりますので、返済できるときは追加返済を利用した方が、多くの利息を支払わなくても済むでしょう。

キャッシングで借りたお金が払えないとき

キャッシングで借りたお金を払えないというときがあるかもしれません。

このまま借りたお金を払えないとどうなるのでしょうか

昔は取り立てが行われていましたが、これは社会問題となりましたので、現在では行き過ぎた取り立ては規制されています。

ですが、返済をしてもらうために、電話がかかってくるのです。

よって、きちんと返済を行わないとあなたの信用は失ってしまい、これからお金を借りることが困難となるのです。

 
 
キャッシングで借りたお金が払えないときは、返済日を過ぎて入金が確認されていないので、翌日に電話がかかってくる仕組みになっています。

その電話の内容としては、いつ入金することができるかということです。

1日や2日の入金が遅れることはそんなに問題ではありません

入金できる予定をきちんと伝えることによって、問題は解決されます。

 
 
お金が払えない状況だからといって、電話に出ないということはやめてください。

なぜなら、連絡が取れるまで何度でも電話はかかってくるのです。

自宅や携帯電話に出ないことで、勤務先にも電話がかかってきてしまいます。

よって、お金を借りた会社から電話がきたときは、きちんと対応することが大切なのです。

 
 
また、お金が払えないといって、延滞を3ヶ月してしまうと、事故情報となり、信用情報機関に登録されてしまいます。

つまり、ブラックリストに登録されてしまうのです。

このブラックリストに登録されることで、クレジットカードやローンなど、5年間は利用できなくなる可能性が出てくるのです。

よって、信用を失う前に、キャッシングで借りたお金はきちんと返すようにしましょう。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です