日焼けに対処し肌のターンオーバーを意識しつつケアをして美白・美肌になろう

Pocket

美白・美肌は女性ならあこがれますね。

5月頃から強くなる紫外線対策をしても日焼けをしたらスキンケアをしっかりしなければなりません。

それには肌のターンオーバーを意識して美白・美肌にするようにします。

この記事では、それを詳しく書いてあります。


美白の天敵である日焼けに対処し美白・美肌を維持しよう

暖かい時期になると何処かへお出かけしたくなるものです。

 
 
普段から美白・美肌のお手入れをしている自慢の美白で友達と出かけても、日焼けをしてしまっては元も子もありません。

 
 
美白にとって日焼けは天敵です。

 
 
日焼けとは単に美肌の色が変わっただけと思われている方がいらっしゃいますが、厳密には軽いやけどを負っている状態です。

 
 
日焼けをしてしまった時にはまずやけどの炎症を抑え美白・美肌を守るべくケアを行いましょう。

 
 
日焼けをしてしまってから日焼けクリームは塗っても効果はありません。

 
 
まずは普通のやけど同様に火照ったり赤くなっている部分を冷たい水で冷やしましょう。

 
 
火照りが落ち着いたら次にワセリンを塗ります。

普段の癖でお風呂上がりに化粧水は使わないようにして下さい。

 
 
もし日焼けの状態が酷ければ皮膚科に行き処方されたクリームを処方してもらうようにして下さい。

 
 
日焼けした状態で普段から使っている化粧品を使うのはよろしくありません。

 
 
何故なら刺激が強くて美肌にとって思わしくないトラブルが発生する恐れがあります。

 
 
メイク落としなどに使うクレンジング作用が高いものは止めて敏感肌用のものを使いましょう。

 
 
日焼けした時の対処は今挙げたもののようになり、日焼けした後の対処は抗酸化作用のあるビタミンC、E、カロチンを摂りましょう。

 
 
日焼けした後というのは活性酸素が大量に生成される事からシミやシワが出来ます。

 
 
そんな美白の天敵であるシミに対処する為に抗酸化作用のあるものを積極的に摂取しましょう。

普段から肌のターンオーバーを意識して食生活を改善し表皮をケアしよう

普段から正しい食生活を行い続けることにより正常な表皮から美白・美肌になれます。

 
 
美白・美肌には正しい肌の食生活をして肌のターンオーバーを理解し表皮を正常な状態に戻すためのものです。

 
 
この肌の食生活次第で肌の年齢は変わりニキビの跡や予防にもなります。

 
 
しみやくすみの対策にもなるアンチエイジングも食生活次第でターンオーバーを正常な状態に保たせてる事が重要です。

 
 
そのため手入は肌が乱れていたらカバーするように意識します。

 
 
ターンオーバーとは肌が生まれ変わる事です。

肌のターンオーバーする事で古くなった角質や皮脂等の汚れが新しい肌になります。

 
 
肌のターンオーバーは28日周期で行われ正常なスパンで行われていれば肌は清潔で保たれるバリアによって守られます。

 
 
そのバリアによってニキビ等が出来づらい肌になります。

 
 
そのため、肌のターンオーバーが乱れる事により肌に老廃物が溜まり様々な肌のトラブルを招きます。

 
 
肌のターンオーバーに欠かせないのは正しい食生活です。

 
 
食生活一つとっても肌の環境は大きく変わってしまいます。

 
 
表皮を健康的に保つ栄養素としてたんぱく質、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、ビタミンB群が必要です。

 
 
たんぱく質は皮膚を作る元になるので肉類、魚介類。

卵、乳製品、大豆製品を食べましょう。

 
 
ビタミンAはターンオーバーを促進させるので、レバー、人参、かぼちゃといった緑黄色野菜や海藻等を食べましょう。

 
 
ビタミンCは肌に潤いを与えるビタミンCの生成を補助するのでキャベツ、カリフラワー、じゃがいも、アセロラ、レモン等を食べましょう。

 
 
ビタミンEは血行を良くし肌への栄養を送りやすくしますのでアーモンド、ピーナッツ、小麦胚芽、卵を食べましょう。

 
 
亜鉛は細胞の合成を促進させますので、カキ、ほたて等の魚介類、レバー、牛肉、納豆を食べましょう。

 
 
ビタミンB群は粘膜や皮膚の健康を保つので卵、レバー、乳製品、大豆製品、魚介類、緑黄色野菜を食べましょう。

 
 
肌のターンオーバーを活かし外側、内側両方の手入を身につけ美白・美肌になりましょう。

普段からの美肌に行う方法を改めて美白・美肌に近づきましょう

美しい肌の為にはスキンケアが大切ですが、そのケアは正しい方法で行われておりますでしょうか。

 
 
美肌の為には表からのスキンケアだけでなく、肌が本来持っている力を活かす方法が必要です。

 
 
美肌のキーポイントは新陳代謝です。

 
 
肌とは一ヶ月で古い皮膚から新しい皮膚にする大切なプロセスです。
これが肌のターンオーバーです。
 
 
この新しい皮膚になる際に美肌になれるかどうかは正しい方法で新陳代謝の働きを向上させたかにより美肌は左右されます

 
 
新陳代謝はスキンケアの方法と生活習慣、食事により影響されます。

 
 
スキンケアを改善する方法はスキンケアを行わなくする方法です。

 
 
このように書くと正しい方法か疑わしく思われるかも知れませんが、新陳代謝を向上する方法としてはスキンケアをしない方法も必要です

 
 
スキンケアを続けている事で肌自身の力が弱まっています。

 
 
そのためスキンケアを少しずつ止めていき途中に肌のトラブルは起こりますが新陳代謝が高まります。

 
 
ここで大切なのは途中でスキンケアを再開しない事です。

途中の肌のトラブルで失敗したと思いスキンケアを行ってしまうと肌の本来持つ力が高まらなくなります。

 
 
次に生活習慣で行う美肌の方法は22時に寝る事です。

 
 
22時から2時は肌のゴールデンタイムと言われ肌の回復力が高まります。

 
 
日中に運動をする事で体の血液が巡り新陳代謝が高まる為、老化の防止にもなります。

 
 
シミの天敵でもある紫外線も美肌にとって免疫をつける為に必要なものです。

 
 
真夏以外の紫外線が少ない10月から4月の間に1日15分程の日光浴をすると紫外線に対して免疫がつきます。

 
 
食事は腸の改善を意識して消化のいい果物を朝食に食べて排泄する力を高める事で便秘が解消され肌に栄養がいきやすくなります。

 
 
これらの方法で美肌を手に入れましょう。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です