常緑樹をガーデニングして庭木を充実させ園芸を楽しもう。常緑樹の特徴は?

Pocket

あなたの庭はガーデニングをしてますか?

ガーデニングをして庭木を植えるのに常緑樹を選ぶのなら
その種類と特徴をよく知っておきましょう。

常緑樹の園芸にはポイントがありますからそれを活かして楽しみましょう。


お勧めの常緑樹をガーデニングして庭木を充実させよう

庭木用にお勧めされているシンボルツリーとして有名な常緑樹を御存知でしょうか?

 
 
庭木で植えられる常緑樹は植える場所の条件によって植えられる種類が大きく異なります。

 
 
庭木としてお勧めされる常緑樹をご紹介致しますので、ご自分の庭の条件にある常緑樹を探してみるのはいかがでしょうか?

 
 
まずお勧めなのは、シンボルツリーとして人気のあるシマトネリコは樹の形が優しげで美しい事から人気を呼んでおります。

 
 
この常緑樹は和風、洋風どちらにも合い、5月に小さな白い花を咲かせるシンボルツリーとしてとても有名です。

 
 
次にお勧めします庭木はソヨゴという常緑樹です。

寒さに強く丈夫な常緑樹であり、成長が遅く樹の形がまとめやすく、シンボルツリーとして植えられる庭木として人気があります。

 
 
春になると花を咲かせるハナミズキという庭木も季節を感じさせるのでお勧めされております。

ガーデニングをする上で和風、洋風どちらにも合い、丈夫で育てやすいのが特徴です。

 
 
4月から5月にかけて薄いピンクの花を咲かせ、10月から11月には赤い実を実らせます。

 
 
ガーデニングする上で和風の庭にお勧めなヤマボウシという季節を演出するシンボルツリーがあります。

 
 
寒さに強く丈夫で育てやすい事からお勧めなシンボルツリーがジューンベリーです。

春に白い花を咲かせ6月には実をつけます、大気汚染にも強いのも人気の理由です。

 
 
庭木としてお勧めされる常緑樹はまだまだ多く存在します。

ガーデニングされる上で理想に合う樹を探すのは大変だと思われます。

 
 
ですが、庭木として植えられる常緑樹は様々な種類があるため、ご自宅の条件にあったものを探してみましょう。

ガーデニングで植えたい常緑樹の特徴

ガーデニングで植える庭木を常緑樹と一言で言えば簡単ですが、思いの外種類は豊富でありそれぞれの特徴があります。

 
 
まず、常緑樹とは一年を通して葉をつけている木を常緑樹といいます。

 
 
そしてガーデニングで常緑樹を育てるにも常緑樹毎に育て方や特徴があります。


 
 
例えば、人気のある常緑樹にシマトネリコ、ソヨゴ、常緑ヤマボウシ、ハイノキ、リトルジェムという常緑樹があります。

 
 
柔らかい雰囲気が人気を呼ぶシマトネリコですが、環境によっては冬の寒さで葉を落としてしまいます。

 
 
そして耐寒性が高く、花だけでなく実もつくソヨゴはどこでも育てやすく成長が遅いのが特徴です。

 
 
花と実、そして紅葉が楽しめる常緑樹である常緑ヤマボウシは近年生産が開始された新樹種です。

 
 
洋風に合う綺麗な白い花を咲かせるハイノキは初心者向きであり半日陰や日陰で育てる事が出来ます。

 
 
春から秋にかけて白い花を楽しめるのがリトルジェムは大きくなっても2.5mまでしか成長しません。

 
 
今挙げた五点の常緑樹の特徴はまだまだあります。

 
 
今挙げたもの以外の常緑樹は勿論存在しまた違った特徴を持ち合わせいます。

 
 
常緑樹の特徴で選ぶ以外には植える場所の条件が出てきます。

植える場所が庭なのかベランダやウッドデッキなのか、はたまた室内かもしれません。

 
 
植える理由も外観を良くする為か日陰を作る為かもしれません。

 
 
それらの条件にも合う常緑樹を選ぶ事もガーデニングの楽しみ方であります。

皆様も是非、自分の条件に合った常緑樹を探してみて下さい。

ガーデニングで植えた常緑樹で園芸を楽しもう

ガーデニングで植えた常緑樹で園芸を楽しむポイントを御存知でしょうか?

 
 
植えた常緑樹は環境は庭の雰囲気を良くしようとする為、常緑樹を園芸にするにはポイントがあります。

 
 
まずは植えた常緑樹の管理についてです。

 
 
常緑樹の見た目は園芸によって常緑樹が健康的に育つ事です。

 
 
そのためには常緑樹が園芸によって傷つけない様にする事が必要になってきます。

刈り込みの際にも枝葉に傷が残らない様に配慮する事も重要なポイントです。

 
 
剪定に関してはこれにもポイントがあり、剪定に合った時期があります。

 
 
3月から4月にかけて新芽が出る前、5月から6月にかけて新芽が出た後の新芽が落ち着いた時期。

 
 
9月から10月なら軽い剪定が出来、11月から2月にかけては剪定は出来ません。

 
 
ちなみに9月から10月は関東以南は寒い地方以外は可能です。

 
 
針葉樹なら11月から3月にかけても剪定可能です。

 
 
剪定の際についた切り口の治りが不十分だと景観が損なう可能性があります。

 
 
ですので、12月までに切り口が治る事を意識して作業しなくてはいけません。

おすすめなのは10月中に剪定を終わらす事です。

 
 
これは冬になるに連れ日差しが短く弱くなり、短日と低温という条件から常緑樹が休暇に入ると思うようにして下さると分かりやすいと思います。

 
 
剪定の時は例えば生け垣ならば公道にはみ出したりしない様に注意しないといけません。

 
 
しかし、ここではみ出しを気にして余り深く切ってしまうと景観が残ってしまいます。

そこで強めに切り込むのは繁茂が早めの春に行いましょう。

 
 
この様に常緑樹の園芸にはポイントがあります。

このポイントを意識して綺麗な庭を作って行きましょう。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です