いびきに役立つ解消法とは?寝る時に横向き寝をする?効くツボは?

Pocket

いびきは人に大層な迷惑をかけますから治したいですね。

いびき解消法というのはどんなものがあるでしょうか。

いびきの原因もいろいろありますから、対策もさまざま。
この記事で取り上げる解消法が効果をあげるといいですね。


いびきに役立つ解消法とは

いびきをかいている方はいびきを防止したり、いびきを改善解消するにはいびきならではの解消法を身につけましょう。

 
 
いびきをかきやすい人の特徴は数多くあります。

肥満、寝ている時に仰向けで寝る、普段から口呼吸をする、よく飲酒をする、不規則な生活習慣、ストレスがたまっている、顎が小さく噛み合わせが悪い、鼻に何らかの病気があるといった特徴が挙げられます。

 
 
これらの特徴に心当たりがありいびきをかいている方は注意が必要です。

これらの特徴を基に、いびきの解消法を身につけましょう。

 
 
まず最初に挙げるいびきの解消法は、肥満の解消です。

肥満が原因によるいびきの場合だと、睡眠時無呼吸症候群を起こす可能性もあります。

 
 
肥満の解消には適度な運動食生活の見直しが必要です。

 
 
過度な減量は体に負担がかかり疲労が増えてしまい、いびきの原因にもなります。

運動については適度な運動を心がけましょう。

 
 
食生活の見直しは普段の食事を早食いしていたり、食事をする時間帯が不規則であるなどが主な原因とみられます。

高カロリーな食品や間食が多いなどがあれば、改善を心がけましょう。

 
 
減量については体重だけでなく、内臓脂肪にも注意を向けましょう。

首周りに脂肪がついているのもいびきの原因となるので、見落としがちですが知っておけば対処出来ます。

 
 
その他には寝る時の姿勢を横向きにする、口呼吸を治す、枕を変えるといった方法があります。

 
 
これらは減量と違って個人差があるので、よく検討し解消法を確立しましょう。

寝る時に横向き寝をする事でいびきを無くしていこう

ご自分の寝る時にどんな姿勢かご存知でしょうか。

 
 
いびきで悩んでいるようでしたら、寝る時には横向き寝で寝る事をお勧め致します。


 
 
何故いびきをかいてしまうのでしょうか。

それは、寝ている時に喉の気道が狭くなる事で空気が通る度に発生する振動音がいびきの正体です。

 
 
いびきをかいてしまう人には特徴があります。

肥満や首の長さが短く太い、飲酒やストレスといったのもいびきの原因でもあります。

 
 
いびきの症状が軽いようなら自力で治す事が出来ます。

先程も申し上げた通り、寝る時に横向き寝で寝る事でいびきをかかなくなります。

 
 
それは横向き寝で寝る事で仰向けの姿勢で寝る時より喉が圧迫される気道が狭くならなくなります

 
 
その為、いびきの症状が軽いようなら寝る時の姿勢を横向き寝にするだけでも十分に効果はあります。

 
 
ただ、布団に入った時は横向き寝でも、寝ている時に寝返り等で仰向けになってしまう人もいます。

 
 
最初の内には寝ている時に何度も寝返りをうったりしますが、ある程度は妥協しましょう。

寝る時の横向き寝をする事をまずクセにしましょう

 
 
コツとしては、抱きまくらを使うなど背中にあてがう毛布等を使うといった方法を使うと横向き寝をしやすくなります。

 
 
ちなみに横向き寝の時の向きは、体の右側を下にして寝ましょう。

体の左側を下にしてしまうと、重みのある大きな肝臓が内蔵の上に来てしまい圧迫してしまいます。

 
 
他にも肝臓が心臓より上の位置に来てしまうので、心臓への血液が上手に流れなくなるので寝ても体が休まりません。

 
 
このような注意点やコツを活かして、いびきをかかない横向き寝を覚えましょう。

いびきに効くツボを活用していびきをなくしていこう

人体には数多くのツボが存在し、多くの人が悩むいびきに効くツボというものもあります。

 
 
出来れば病院で診てもらいたいけど忙しい、といった方も是非いびきに効くツボを試してみてください。

 
 
まず、最初にご紹介するいびきに効くツボは「上星」というツボです。

ツボの位置は顔の額の真ん中、髪の生え際から1cm上に行った部分にあります。

 
 
この上星のツボを刺激する時は指ではなく、温熱灸で1日15回から20回にわたって温刺激を与えてください。

 
 
次にご紹介致しますいびきに効くツボは「印堂」というツボです。

このツボの位置は顔の眉間の中央にあります。

 
 
このツボは上星と違って指で刺激でき、1日に8回を目安に優しく指圧してください。

 
 
ちなみにこの印堂というツボは鼻水や鼻づまりに効果があるので、いびきを直接ではなく間接的に治します。

 
 
次にご紹介致しますいびきに効くツボは「迎光」というツボです。

このツボの位置は小鼻の両側にあり、鼻の脇の辺りを指先を使って回すようにしてマッサージするように刺激しましょう。

 
 
この迎光も印堂と同じく鼻水と鼻づまりに効果があるので、間接的にいびきを治します。

 
 
次にご紹介致しますいびきに効くツボは「天突」というツボです。

このツボの位置は、両方の鎖骨にある真ん中辺りにくぼんでいるところにツボがあります。

 
 
このツボはいびきだけでなく咳やたんにも効果があり、刺激の仕方は人差し指で1日に8回程ゆっくりと指圧してください。

 
 
これらがいびきに効くツボです。

このいびきに効くツボを活かしていびきを改善していきましょう。

まとめ

いびきの解消法はいろいろありますから、そのうち

肥満の解消、寝方の姿勢、そしてツボを紹介しました。
 
 
これのどれが必ず効くとは言えないのですが

それぞれ試してみてはいかがでしょうか?

他にもあるいびき解消法を紹介していきますから

この記事の効果がイマイチならば、そちらを参照してください。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です