血圧が180以上なら要注意!200以上なら!血圧が高いことによる問題点

Pocket

あなたの血圧は高すぎませんか?

血圧は140以下とか言われますが、150ぐらいなら
それほど問題はたいしたものではありません。

でも、180以上の血圧は完全に高血圧です。
そして200以上の方は、是非この記事を読んでください。


血圧が180以上なら要注意

今、皆様の血圧はいくつでしょうか。

 
 
もし最高血圧が180以上なら直ぐに病院に行くべきです。

 
 
血圧は数値によって健康状態が判定されます。

種類も正常なものだけでも正常血圧と正常高値血圧等があります。

 
 
それより上に高血圧がありますがここから更に分類され軽症高血圧、中等高血圧、重症高血圧があります。

 
 
血圧180以上はこの一番高い重症高血圧に当てはまります。

 
 
このように血圧の値の意味を知り、自覚症状があればまだ救いの余地があります。

 
 
本当に恐ろしいのは血圧の意味が解らず自覚症状が解らず放置している方です。

 
 
手遅れにならない為にも高血圧をしっかり把握しましょう。

 
 
治療にはまず血圧を上げてしまう要因を排除した生活習慣の改善である非薬物療法があります。

 
 
他にももちろん薬物療法を使った治療もあります。

ただ、薬物療法は非薬物療法で治らなかった時の対処策なのでそれなりの覚悟は必要です。

 
 
薬物療法も軽症高血圧、中等高血圧、重症高血圧の三段階に分けたとしても血圧が180以上である重症高血圧は即座に降圧剤の服用を始めたほうがいいでしょう。

 
 
血圧を下げるために運動をしようと考える方もいらっしゃいますが血圧が180以上の方はオススメできません。

 
 
もし運動をしたいならば必ず医師の方に相談しましょう。

 
 
あと出来る事といえば生活習慣の改善、血圧を上げてしまう要因をなくしましょう。

 
 
塩分は当然摂り過ぎるのはダメであり、アルコールやタバコも血圧を上げてしまうので注意しましょう。

血圧が200以上になってしまったら

血圧は決められた数値の段階によって呼び名と症状があります。

 
 
一番高い段階には3度高血圧というものがあり血圧180以上があてはまります。

 
 
ですが血圧の数値が200を超えてしまう事があります。

 
 
血圧が200を超える悪性高血圧と呼ばれるようになります。

 
 
高血圧はサイレントキラーと呼ばれる位に自覚症状に気づきにくいものです。

 
 
血圧が180位上で目眩やふらつきといった症状が出始めますがこの段階でも手遅れになる可能性があります。

 
 
それは心臓や血管への負担が大きくかかっているからです。

 
 
そして血圧が200以上ともなると合併症を引き起こしやすくなります

 
 
通常の高血圧でも合併症を起こしますが、数十年という時間がかかって合併症を起こすのが一般的です。

 
 
ですが血圧が200位上の悪性高血圧だと2,3年の内に心不全や腎不全、脳内出血を起こし死亡するケースが多くあります。

 
 
もし、急激に血圧が上がり頭痛や嘔吐、意識障害があった場合は悪性高血圧の可能性が高いです。

 
 
これらの症状に気づいたら直ぐに受診するのをオススメ致します。

 
 
血圧が200以上もある要因には生活習慣等もありますが、降圧剤を服用しても下がらない場合は他の病気に注意しましょう。

 
 
通常ならば降圧剤を使えば血圧は200より下がりますが降圧剤の成分が体質に合っていないケースもあります。

 
 
少しでも血圧の事で気になる事があった場合には後では無く直ぐにでも確認しましょう。

 
 
血圧の異常にいち早く気づけばその分改善が見込まれます。

血圧が高いことによる問題点

健康上、血圧が高いと様々な問題が発生します。

 
 
症状として頭痛やめまい、耳鳴り等がありますが、悪化すると動悸や胸痛に呼吸困難等の症状も現れます。

 
 
血圧が高い状態が続いてしまうと心臓への負荷がかかり、心肥大になり動脈硬化になる恐れもあります。

 
 
では血圧が高い状態とは何なのでしょうか。

 
 
血圧とは心臓から送られる血液が血管内にかかる圧力をいいます。

この圧力が血管の壁を押す力を血圧といい、血圧が高いと高血圧と呼ばれます。

 
 
では何故血圧が高い状態になるのでしょうか。

 
 
血圧が高い状態になりやすい人には危険因子があります。

血圧が高い人の特徴には遺伝的に血圧が高い人肥満糖尿病予備群

 
 
ストレスを溜めやすい人や喫煙や飲酒、塩分の多い食事を好む人も血圧が高い傾向があります。

 
 
この危険因子を持った方々は高血圧の症状が感じたら直ぐに病院で診てもらう事をオススメ致します。

 
 
血圧の病気はサイレントキラーとも呼ばれており手遅れになる可能性が高いものです。

 
 
血圧が高い事で動脈硬化になると血管が固くなる事で血管が狭くなる上もろくなります

 
 
そうなると血液の流れが悪くなり臓器に障害をもたらします。

 
 
脳に影響を及ぼす場合、脳出血脳梗塞を引き起こす可能性があります。

 
 
心臓の場合、動脈硬化により血管が狭くなると酸素が十分に供給できなくなり狭心症心筋梗塞なる恐れがあります。

 
 
動脈の塊でもある腎臓も動脈硬化が進んでしまうと腎硬化症腎不全になる恐れがあります。

 
 
このように血圧が高いと様々な問題があるため早い処置を行いましょう。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です