自己破産の落とし穴:自己破産後の後悔をしないためには?

Pocket

自己破産をして後悔をすることはないですか?

自己破産をしたから借金がなくなって安心だと
思っていたら実は借金が残っている!

そんな話を聞いたことはありませんか?

そう「自己破産=借金が無くなる」というのは、必ずしも正しくはないのです


自己破産の落とし穴:自己破産後の後悔

自己破産後の後悔を感じるかは人によって異なってきます。

なぜなら、借金がすべてなくなってよかったと思う人もいます。

しかし、自己破産はできたとしても免責が認められないために借金がなくならずに払い続けている場合もあるのです。

そのため、自己破産と免責の両方が認められないと後悔をしてしまうようです。

 
 
自己破産の落とし穴として、自己破産をすれば借金がすべてなくなると思われがちです。

実は、免責が認められないと借金を無くすことができないのです。

また、必ず免責が認められるとも限りません

よって、自己破産をすることはできても免責が下りずに今までの借金はそのままという場合があるのです。

そのため、専門家に相談をして確実に免責が認められるか確認した方がよいのです。

 
 
他に、自己破産後の後悔で家や車、職のすべてを失ってしまった人も感じやすいようです。

このことから生活保護などを受給したりしますが、生活は送れても今までしてきたことに対して後悔をするようです。

人というのは、生活レベルを上げることはできても下げることはなかなかできないものです。

そのため、楽しかった時の思い出ばかりよみがえりそれが後悔となるようです。

 
 
このように、自己破産後の後悔を感じる人は、免責が認められなかった人であったり、生活保護など生活レベルが下がったという人でしょう。

しかし、自己破産によって人生をやり直せるのであれば後悔をする必要はないと思います。

また、自己破産に対して悪いイメージも持たなくてよいと思います。

生活をする上で自己破産は大きな影響もありませんし、今まで通りの生活を送ることができるのです。

自己破産をして後悔しないために知っておきたいこと

自己破産をしてしまうとどのような生活を送ることになるのか、また自己破産をして後悔することはないかと見えない先のことがとても不安になると思います。

自己破産という法律は、借金を返済することができないで苦しんでいる人を救うためにある法律です。

よって、自己破産を選択する前に、きちんとデメリットとメリットを把握しておくことが、生活再建にむけてスムーズにいくことができるでしょう。

 
 
では、自己破産のデメリットはどのようなことがあるのでしょうか。

それは、所有資産の処分です。

これは自己名義の財産を処分して債権者に配当する必要があるのです。

そして、自己破産手続き中は、裁判所の許可がない限り転居や長期の旅行をすることができなく、生活上に制限があるのです。

また、自己破産手続きが完了するまでに就くことができない職業もあるのです。

よって、このデメリットを把握してあとで後悔しないようにしましょう。

 
 
他にも自己破産をすると信用情報機関へ登録されます。

ここでは事故情報を登録され、いわゆるブラックリストに載るということです。

そのため、ここの情報が登録されることはクレジットカードを作ることができませんし、ローンも組むことができないのです。

そのため、すべて現金で支払わなければいけなくなります。

 
 
また、自己破産をするに当たって、人名義の財産を別の人に変更することはやめてください。

これは、自己破産の手続きをしていく上で、ばれてしまうことです。

また、自己破産をするからと言って新たに借金を作ったり、借金を返済することはやめましょう。

これを行ってしまうと裁判所で免責許可が下りなくなってしまい、自己破産はしても借金がそのままになってしまいますので、あとで後悔しないようにやめておきましょう。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です