カーテンの遮光効果で1級と2級の違いは?遮音や遮熱の効果はどう?

Pocket

遮光カーテンというのは普通のカーテンより光を通さないカーテンですね。

夏の朝日で目が覚めてしまいますと困りますね。
そんなときは遮光カーテンはおすすめですが
遮光カーテンにも1級、2級、3級とあるけれど
どれが寝室にはいいのだろうか?

遮光カーテンについてまとめました。


カーテンの遮光の効果ってどれくらいあるの?

レースカーテンはもちろん、通常のカーテンでは光はある程度通します。

日中はそれでかまわないけれど、
夏などに朝日がまぶしくて、それで目が覚めてしまうと不快ですね。

また夜には外からシルエットが見えてしまうと
プライバシーが守られていなくて不安になりませんか?

遮光カーテンとは光を通さないカーテンです。

ただ光を遮るといっても、ほとんど真っ暗になるのから
薄っすらと見えるとか、眩しくはないけれど明るいなど
いろいろな遮光カーテンがあります。

ただカーテンというのはレールに取り付けますから
そのレールの上から、あるいはカーテンの横や下から
光が漏れるのは防げません。

もし、外が昼か夜かまったくわからないように
完全に光を遮りたければ、雨戸シャッターをオススメします。
 
 
そうでなければ、遮光カーテンを使えば
さまざまなデザインや色もあり部屋に合ったカーテンを
つけることが雰囲気をよくしてくれます。

もし遮光カーテンが高いと感じるのでしたら
おそらく住宅メーカーのカタログなどを見られたのだと思います。

既成品の遮光カーテンならニトリとかイオンとかホームセンターで
豊富な種類や寸法のカーテンを選べます。
ほとんどの方は、それで満足しています。

また既にあるカーテンを活かしたいと思うのなら
遮光カーテンではなく、遮光ライナーを買って取り付けるという手もあります。

カーテンで遮光するけど1級と2級で違いはどう?

ところで遮光カーテンにある級って、どれくらい違いのでしょうか?

社団法人日本インテリアファブリックス協会が遮光率によって

1級遮光:  遮光率99.99%以上
2級遮光:  遮光率99.80%以上
3級遮光:  遮光率99.40%以上
遮光性なし: 遮光率99.39%以下

と決められています。

わずか0.2%や0.6%の違いって、そんなに違うのでしょうか?

これがはっきり違うのです。

こちらのサイトで見れば違いがわかると思いますが、
http://www.rakuten.ne.jp/gold/tengoku/shakou.html

1級だとかなり光を遮るけれど、逆に真っ暗になりすぎるので
朝の実感がわきにくく寝過ごしやすいという方もいます。(笑)

2級はぼんやり薄暗い感じになるので、明るくて目覚めるほどでもないです。
しかし朝の訪れが分かります。

3級だと遮光性のないカーテンに比べると確かに光は通しにくいですが、
期待が大きすぎると、がっかりするかもです。
明るくて起きてしまうと言われる方も多いです。

一般的には2級の遮光カーテンがおすすめです。


カーテンは遮光以外に遮音や遮熱も期待できる?

せっかく普通のカーテンより高い遮光カーテンを買ったから
光だけでなく、音や熱も遮ってくれると嬉しいですね。

音に関しては、防音+遮光カーテンというのを使ってみれば、
ある程度は防音をしてくれます。
しかし、それほど期待は大きく持たない方がいいです。

自分の耳を例えば イヤーウイスパー 耳栓シリコンタイプなどを
使えば、値段は500円くらいですが 効果がありますよ。
 
 
熱に関しては、遮光カーテンというのは生地が厚くて
断熱性も高いですから、効果はあります。

ですから、南側の部屋なら冷房の効きを良くするために
北側の部屋なら寒さを少しでも和らげるために
遮光カーテンを使うのをおすすめします。

まとめ

遮光カーテンを使えば寝室など眠りを妨げることない
静かでな眠りと快適な朝を迎えるかもしれません。

遮光カーテンの断熱性も馬鹿にならないですね。

デザインも豊富な既成品の遮光カーテンならば
イオンなどで値段も手頃でそろいます!

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です